VideoStudioでMKV動画ファイルを編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

VideoStudioを使ってからMKV動画ファイルの編集を知る場合、実際に出来るのでしょうか。VideoStudioでは機能的には最新のバージョンでは編集可能です。マウスの操作で編集をすることは出来ます。編集する場合は、VideoStudioを起動してからMKVファイルを読み込めれば編集は可能です。ただし、MKVファイルが読めないような場合は、バージョンが対応していない可能性がありますので、最新版を購入しなければいけません。

VideoStudioでMKV動画を編集する方法・手順

ステップ1:編集前の準備

VideoStudio使ってから、MKVファイルを編集する場合は、まずは、VideoStudioを起動してから編集画面を表示させます。表示させたら、左上のメニューの「ファイル」をマウスでクリックするとプルダウンメニューが表示されるので、その中のメディアファイルをライブリーに挿入を選択して「ビデオを挿入」を選択します。

そうすると、ビデオ検索ウィンドウが表示されるので、編集したいMKVファイルを選んでから「開く」を選択します。ライブラリーにしてのMKVファイルが読み込まれます。読み込まれたMKVファイルをマウスのドラッグ&ドロップでタイムラインへ挿入します。これで編集準備が完了です。

編集前の準備

ステップ2:MKV動画を編集する

ライブラリーの左側に利用できるエフェクトメニューが表示されているので、その中から上から3つ目のボタン「トランジション」をマウスでクリックすれば、使えるトランジションの一覧が表示されます。表示されたトランジションから好きなものを選んでから、タイムラインへマウスでドラッグ&ドロップで挿入します。

トランジション

挿入したトランジションをマウスでクリックすると左右の矢印が表示されるので、そのマウスを左右へ移動すれば長さを調整できます。調整できたと欄ジションでよければ、画面左上のビューエリアの再生を選択して再生をして見ます。トランジションの長さを長くすれば、変化が遅くなりゆっくりととトランジションが動作します。何度か調整をしていくと最適な速度が見つかりますので、確定をします。トランジションが適切な長さになったら、一度ファイルに保存をします。

ステップ3:MKV動画を保存する

プロジェクトを保存するには、メニューの「ファイル」をマウスでクリックするとプルダウンメニューが表示されて、その中の「名前をつけて保存」を選択するとフォルダーウィンドウが表示されるので、ファイル名を入力してプロジェクトを保存します。

次に実際に編集した動画をMpeg4形式で出力します。編集画面の上部に表示されている「完了」をマウスでクリックして、ファイル出力画面を表示させます。出力ファイル形式には6種類が用意されていて、その中から選んで出力用ファイル形式を指定します。4Kファイル形式での出力も出来るようになっています。あとは「作成」をマウスでクリックすれば出力を開始します。そのときには、出力先のファイル容量と出力先のファイルの大きさが表示されます。

MKV動画を保存する

MKV動画ファイルを編集するソフトー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をご紹介

万が一、VideoStudioでMKV動画ファイルを編集できない場合は、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をおすすめします。MKV動画ファイルの読み込みと編集は「Filmora(旧名:動画編集プロ)」では出来ますので、この機会に購入してから編集してみてください。操作性に関してはVideoStudioとほとんど変わらず、起動するときの立ち上がりはVideoStudioよりも早くなります。使用できるエフェクトの種類もVideoStudioよりも多くなっていて、エフェクト自体の数もVideoStudioとそう変わりありません。何よりも、操作性が初心者でも高度編集機能を使いやすくなっています。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>