VideoStudioでMOV動画を編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

MOV形式は、アップル社が開発した動画ファイル形式で、インターネット上で配信されている動画としては一般的によく利用されているファイル形式です。このMOV形式の動画ファイルを編集するには、無料・有料などいろいろな動画編集ソフトで読み込んでから編集することが出来ます。

実際に、無料の動画編集ソフトでも編集できますが、機能的に有料版を使ったほうが使える機能がだいぶ違っているのと使用できるプラグインエフェクトの数も有料版のほうが使えるエフェクトがたくさんそろっています。そんな有料版のwindows版の代表的なソフトと言えばVideoStudioです。VideoStudioを使って、MOV動画ファイルを編集してみます。

VideoStudioでMOV動画を編集する方法・手順

ステップ1:MOV動画を読み込む

VideoStudioでMOV動画ファイルを読み込むには、「ファイル」をマウスでクリックしてから、プルダウンメニューに表示される「メディアファイルをライブラリーに挿入」を選択してからMOVファイルを読み込みます。読み込みが完了したら、ライブラリーの動画をマウスでドラッグ&ドロップで下部のタイムラインへ挿入します。挿入できる動画は同時に6ファイルまで挿入できます。別途動画の前にオープニング動画を挿入したい場合は、別途オープニング用MOVファイルを読み込んでから、タイムラインの先頭へ挿入します。

MOV動画を読み込む

ステップ2:MOV動画にタイトルを入れる

挿入すると、あとはタイトルを挿入してからオープニング動画を作成します。まずは、オブジェクト画面にある「タイトル」をマウスでクリックしてタイトル一覧をひょうじさせます。使いたいタイトルを選んで、タイムラインの「T」のラインへマウスのドラッグ&ドロップで挿入します。 挿入したタイトルのバーをダブルクリックすればタイトル文字の編集画面に変わります。変わったテキスト部分の文字を変更すれば完了です。これで、オープニング動画の完成です。

MOV動画にタイトルを入れる

ステップ3:編集したMOV動画をプレビューする

実際にオープニング動画を再生してみます。タイムラインの縦線を先頭をマウスでクリックすれば移動するので、移動させた後にビューエリアの再生ボタンをクリックすれば、再生が開始されます。

編集したMOV動画をプレビューする

Wondershare 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」でMOV動画を編集する方法

せっかくMOV動画ファイルを編集したい場合でも、VideoStudioでは読みこま得ないような場合は、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使えば簡単に読み込め、編集が出来ます。filmoraでの動画編集機能は、VideoStudioとほとんど同じようなマウスの操作で出来ます。ライブラリーからタイムラインへのメディアファイルやエフェクトを挿入するやり方もマウスオドラッグ&ドロップで出来ますし、長さの調整方法も、タイムラインの変更したいエフェクトをマウスで左右に調整できます。あとは、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の起動するまでの時間はVideoStudioよりもはくなっていて、軽い動画編集ソフトになっています。

使用できるエフェクトの種類もVideoStudioとそん色ない種類がデフォルトで用意されていて、追加でエフェクトセンターがあるので、随時更新がかかっていて、エフェクトセンターから好きなエフェクトをダウンロードすることができます。操作性もVideoStudioとよく似ていて、VideoStudioでなれている人であれば「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は逆にシンプルな操作になっているので、より使いやすいのではないでしょうか。出力できるファイル形式もVideoStudioよりも多く、WEBへ直接アップロードすることも出来ます。VideoStudioよりは「Filmora(旧名:動画編集プロ)」のほうが、使えるエフェクトの数や出力ファイル形式などは多くなっています。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>