VideoStudioでMP4データを編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

撮影した動画ファイルの形式にはいくつもの種類がありまして、現在は解像度の高いMP4や4K動画などの撮影が主流となっていますが、MPEG4などで撮影された動画などもあります。読み込む動画をのファイル形式が何なのかがわからないで使っている人は多いと思います。そんあファイル形式を意識しないで読み込みが出来てから動画の編集をしたいものです。ファイル形式など一般人は意識して使っている人は少ないと思います。

突然動画編集ソフトを使うときにいろいろなファイル形式が出てきて、無料動画編集ソフトであれば、読み込みができないようなファイル形式もあり、有料版でも、ファイル形式を意識してから読み込まないといけないような高度なソフトもあります。実際に、広く知られているVideoStudioはどうなんでしょうか。実際に、VideoStudioを使っていてから読み込みの動画ファイルを見てみたいと思います。


Part 1:VideoStudioでMP4データを編集する方法

VideoStudioを使うと読み込みたい動画のファイル形式でMpeg4で読み込みは出来るはずですが、バージョンの古いVideoStudioであればMpeg4は対応していない場合もあります。 通常最新版VideoStudioであれば、読み込む動画のファイル形式を意識することなく読み込むことが出来ます。

MP4データを編集する

読み込むときに、ファイル形式を意識しないで、単純に画面右上に出ている「追加」をマウスでクリックすれば、別ウィンドウが表示されるので、その中から選択することが出来ます。意識しないで複数のファ知る形式の動画ファイルを読み込むことが出来ます。ただし、バージョンが古いものであれば、読み込みが出来ない可能性がありますので、そのときは最新版のVideoStudioを購入する必要があります。

Part 2:MP4データを編集するソフトおススメー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

多様な出力形式

VideoStudioと同等以上の機能を持っていて、ファイルの出力時に意識しないで、DVDに書き出したり、VideoStudioでは内YouTubeなどの動画サイトの直接アップロードすることも出来る「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をおすすめします。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」であれば、今のバージョンでほとんどのファイル形式の読み込みを意識しないで出来るようなつくりになっていて、編集後に出力するときにも、どこに出力した以下がわかれば、パソコンに出力したりDVDに書き込みをしたり、WEB上の動画サイトにアップロードしたり出来ます。

多様な出力形式

操作簡単

操作が簡単でありながら、ほとんどのファイルの入出力に対応しています。操作性はVideoStudioに比べてみてもいたって簡単で、初心者が編集してもマウスの操作だけで基本的な編集が出来るので、使いやすい動画編集ソフトになります。最初の動画の読み込みは初心者にとっては大変なことで、読み込みが出来ないと、その後の作業が出来ないので、パニックになってしまいます。そういった不安がまったくないのが「Filmora(旧名:動画編集プロ)」で、初心者に対応した操作性で作られています。

操作簡単

さらに、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」であればwindows版とMac版の両方があるので、Macで使いたい場合は、VideoStudioは使えません。いろいろな面で「Filmora(旧名:動画編集プロ)」はVideoStudioよりも優れていて、初心者でもファイル形式を意識しないで読み込みが出来て、編集も高度編集モードがあるので、操作に慣れてくれば、高度編集モードでプロ顔負けの動画編集ができます。最新のVideoStudioとほとんど同じように動画のファイル形式を意識しないで読み込むことが出来るのが「Filmora(旧名:動画編集プロ)」であり、価格にも半額以下で購入することが出来ます。 価格の面でも非常にお買い得な動画編集ソフトではないでしょうか。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>