VideoStudioでMPEG動画を編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

MPEG動画というものは、国際規格で定められたファイル形式の1つでMPEGにはMPEG-2やMPEG-4があります。MPEG-2はビデオDVDなどで使用されていて、MPEG-4はストリーミング・デジタルカメラ・携帯端末などで使用されている一般的な動画ファイル形式です。

MPEG自体は一般的に幅広く利用されているので、動画編集ソフトで対応していないソフトが少なく、無料・有料どちらでも利用できるソフトは多数あります。その中でも、編集ということを考えれば、有料動画編集ソフトを利用した方が機能面でも多機能なソフトが多数あり、有料版を利用するメリットがあります。そこで、今回はVideoStudioを使ってからMPEG動画ファイルの編集をしてみます。

VideoStudioでMPEG動画を編集する方法・手順

VideoStudio動画編集ソフトはWindows向けのソフトで、MACには対応していないので、限定的な編集ソフトになります。VideoStudioを使ってからMPEGで撮影した動画に、いろいろなエフェクトを追加してからMPEGへ出力する前に編集を行います。

ステップ1:MPEG動画を読み込む

VideoStudioを起動してから、メニューの「ファイル」をマウスでクリックしてプルダウンメニューを表示させます。MPEG動画を表示されたプルダウンメニューの中から「メディアファイルをライブラリーに挿入」を選択して、ライブラリーに読み込みます。読み込みが完了したら、マウスのドラッグ&ドロップでタイムラインへ挿入します。

MPEG動画を読み込む

ステップ2:MPEG動画を編集する

トランジション

挿入した動画にテキスト・トランジションを使ってからオープニング動画として編集します。まずは、ライブラリーのメニューの中からトランジションをマウスでクリックして、トランジションの一覧をライブラリーに表示します。表示されたトランジションをマウスのドラッグ&ドロップでタイムラインの動画エリアへ挿入します。挿入したトランジションの長さを調整するには、タイムラインのトランジションのバーを選択して左右へ長さ調整を行います。オープニング用のトランジションの用意が出来たら、そのトランジションにテキストを挿入します。

MPEG動画を編集する

テキスト

ライブラリーのメニューにある「テキスト」をマウスでクリックすると、ライブラリーへテキスト一覧が表示されます。表示されたテキストから1つ選んでタイムラインのテキストエリアへマウスのドラッグ&ドロップで挿入します。あとはタイムライン上のテキストバーをダブルクリックすると、右側に詳細設定画面が表示されるので、フォント・サイズ・色などを調整できるので、調整をしてからテキストを完成させます。

MPEG動画を編集する

ステップ3:MPEG動画を保存する

完成すると、オープニング動画が出来上がり、プレビューの再生ボタンをクリックして再生させてから最終確認を行います。最終確認が出来れば、最後にMPEG4編集登録するために画面上部にある「完了」を選択して、保存画面を表示します。保存画面では出力ファイルを指定できるので一覧表示されているファイル形式の中からMP4を選択して、出力ファイル形式を決めます。あとは「作成」をマウスでクリックすれば編集後のデータが保存されて完成です。

MPEG動画を保存する

MPEG動画を編集するソフト「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を紹介

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」でMPEG動画を編集しましょう!

どうしてもVideoStudioで読み込めない場合や、MACで編集をしたい場合は「Filmora(旧名:動画編集プロ)」で動画を読み込んでから編集を行うことが出来ます。VideoStudioのテキストやオーバレイエフェクトは「Filmora(旧名:動画編集プロ)」でもそろっているので、VideoStudioと同じようにマウスのドラッグ&ドロップ操作でタイムラインへ動画・テキストオーバレイは挿入することが出来ます。挿入を完了するとビューエリアの再生をマウスでクリックすれば完成です。操作はVideoStudioとほとんど変わりませんので、VideoStudioで慣れている人でも簡単に使いこなすことが出来ます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>