VideoStudioでVOB動画を編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

VOBというものは、観賞用のDVD動画の映像・音声・字幕の部分を巻かぬ一般的なファイル形式です。VOBを再生できるものとしては少なくなっていて、RealPlayerでは再生が出来るようになっています。VOBは複数のアイテムを1つにまとめたファイル形式なので、再生できるメディアが限られてきます。そこで、VOBファイルをMpeg4などに変換できれば、いろいろなメディアで再生できます。そんな、単に変換をするだけでも動画編集ソフトは利用できます。VideoStudioはwindows上で動作する動画編集ソフトで、幅広い利用者がいます。単なる変換でも利用できますが、より美しくするためにVideoStudioで編集をしてからより鮮やかな映像に変換することが出来ます。

VideoStudioでVOB動画を編集しよう

VideoStudioでVOBファイルを編集してから鮮やかな映像にしてMpeg4で出力してみます。VideoStudioはwindows専用の編集ソフトなので、Macで編集したい場合は、VideoStudioは利用できません。

ステップ1:VOB動画を読み込む

WindowsでVODファイルを編集するには、まずはVideoStudioを起動して、画面右上のメニューをマウスでクリックするとプルダウンメニューが表示されます。表示されたプルダウンメニューの中にある「メディアファイルをライブラリーに挿入」を選択して、ライブラリーに読み込みます。読み込んだ動画をマウスのドラッグ&ドロップでタイムラインに挿入します。

VOB動画を読み込む

ステップ2:VOB動画を編集する

あとは、詳細設定を使って映像を変えていきます。挿入した動画をマウスでダブルクリックすることで、詳細設定画面がタイムラインの右側に表示されます。その中に、「色補正」というものがあるので、マウスでクリックすると編集画面が色補正の詳細画面に切り替わります。色相・彩度・明度・コントラスト・ガンマの変更が出来るスライダーバーが表示されるので、こちらのスライダーを調整して、好みの映像に変更することが出来ます。

この編集画面で、画面の分割や逆再生などの編集を行うことも出来ます。よく使うのがタイムラプス機能で、長い動画を短く編集することが出来ます。タイムプラス編集画面で、スローモーションや高速再生などに編集することが出来ます。パーセンテージの数字を換えるだけで簡単に編集できます。

画面の分割

ステップ3:VOB動画を出力する

編集が完了したら、画面上部メニューの「完了」をマウスでクリックすることでファイル出力画面が表示されます。表示された画面には、出力できるファイル形式がアイコンで表示されているので、出力ファイル形式にMpeg4を選択すれば、後は下部にある「開始」をマウスでクリックするだけで、VOBファイル形式の動画をMpeg4に変換してから出力してくれます。

VOB動画を出力する

VOB動画を編集する最適なソフトー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を紹介

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」でVOB動画を編集しましょう!

これでMpeg4に変換できたので、いろいろなメディアで視聴することが可能です。VideoStudioでVIDファイル形式の動画ファイルを読み込みや編集が出来ない場合は、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」という動画編集ファイルがあります。こちらを使うと、読み込みから編集までVideoStudioと同じように行うことが出来ます。エフェクト機能にはいくつもの利用できるエレメントが多数そろっていて、VideoStudioとそん色ない動画の編集を行うことが出来ます。

さらに「Filmora(旧名:動画編集プロ)」だとwindowsパソコンだけではなく、Macパソコンでもインストールして使うことが出来ます。Mac利用者にはVideoStudioは使えないので、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使うと簡単にVIDファイルを編集することが出来ます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>