VideoStudioでWMV動画ファイルを編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

動画ファイルにはいくつかのファイル形式があってから、動画を編集する場合、編集したい動画ファイル形式が対応していなければ、いくら機能があよくても読み込みすら出来ません。そんな時に複数のファイル形式に対応している動画編集ソフトがなければ意味がなくなります。そこでWMVファイル形式のファイルを編集することが出来る動画編集ソフトとして、VideoStudioがあります。こちらのソフトはwindowsで動画編集をするときに利用できます。Macにはインストールできません。そんなVideoStudioですが、実際にWMVファイルを読み込んでから編集してみます。

VideoStudioでWMV動画を編集する方法・手順

ステップ1:WMV動画を読み込む

WMV動画ファイルをVideoStudioで編集をする場合、まずは動画ファイルを読み込みます。VideoStudioを起動してから表示されるウィンドウの中に「ビデオの取り込み」がありますので、マウスでクリックすると読み込みできる別ウィンドウが表示されるので、その中からWVM動画ファイルを選択すると読み込みが開始されます。読み込みをする前にプロジェクトのフォルダを編集画面上で作成しておくと、見やすくなります。作成したフォルダー内にWVM動画を読み込んでから、画面下部のタイムラインへ挿入します。

WMV動画を読み込む

ステップ2:WMV動画にタイトルを入れる

挿入するとあとはエフェクトを使っていろいろな編集が出来ます。タイムライン上の動画をマウスでクリックすると選択状態になるので、右に移動したり左に移動したりして、動画の再生時間を変更できます。動画の時間調整が終わったら、次にオープニングタイトルを入れていきます。画面右上にあるエフェクトメニューの中に「タイトル」というものがあるのでマウスでクリックすると、使えるタイトル一覧が右側に表示されます。表示されたタイトルの中で気に入ったタイトルがあれば、マウスでタイムラインへ挿入します。

WMV動画にタイトルを入れる

タイムラインのタイトルをダブルクリックすると、プレビュー画面にタイトルが表示されて点線で囲まれているので、そのまま編集できます。好きなタイトルに変更して、後は文字の大きさ・色・文字間の変更をすればタイトルの編集は簡単にできます。ほかにも、タイトルを追加したければ、タイトルから選んでタイムラインへ挿入すれば別のタイトルを追加出来ます。

VideoStudioのバージョンによってはメディアファイルの読み込み方が違う場合もあります。メニューのファイルをマウスでクリックするとプルダウンメニューでメディアファイルをライブラリーに挿入を選択すれば、フォルダーウィンドウが表示されるので、読み込みたいWVM動画ファイルを選んでください。

WMV動画ファイルを編集する最適なソフトー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を紹介

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」でWMV動画ファイルを編集しましょう!

このようにWMVファイルを読み込みが出来れば編集が出来ますが、うまく読み込めない場合や、バージョンによってはサポートしていない場合があるので、その場合は「Filmora(旧名:動画編集プロ)」という動画編集ソフトをおすすめします。

基本機能と操作性はVideoStudioとほとんど変わらない上に、価格が安くなっているので購入しやすいソフトです。VideoStudioでは単純な操作は簡単に出来ますが、複雑な操作をする場合は、操作自体がわかりにくく素人が利用するにはちょっと難しい感じがします。その点「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の場合は、プルの編集者でなくても、高度な編集技術を使いやすく設計されているので、素人でも簡単にプロ波の動画を編集することが出来ます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>