VideoStudioの評価・評判

Wondershare Editor 編集者:

個人で動画を作成してから編集したいと思ったときに、まずは無料の動画編集ソフトを使ってからお金をかけに編集したいと思うものです。確かに、無料で使える動画編集ソフトであれば、お金はかかりませんし、ダウンロードしてから直ぐに使って動画を編集することが出来ます。ただし、無料の動画編集ソフトでは物足りない部分が使っていると出てきます。そういった面を考えると有料の動画編集ソフトを利用すれば、それだけ多くの機能を使ってから効果的な動画に編集することが出来ます。

VideoStudioのメリット

対応ファイル形式の種類の多さ

Windows版の動画編集ソフトとして有料版でおすすめはVideoStudioです。このソフトであれば、編集後の出力ファイル形式が複数選択できます。無料動画編集ソフトでも編集後のファイル出力は出来ますが、そのファイル形式の種類が限られていて、自分がほしいファイル形式がない場合があります。その場合は、無料であっても使う意味がありません。その点、VideoStudioであれば複数ファイル形式をサポートしていて、好きなファイル形式を選ぶことが出来ます。これだけでも有料版を購入する意味があります。

豊富な編集機能

さらに、日本では大勢の人が使っているWindows7・Windows8・Windows10に導入することが出来ます。編集するときの機能が豊富で無料動画ソフトに比べると相当な編集機能の数が違います。VideoStudioだからこそ出来るようなオリジナル機能があり、無料動画ソフトでは絶対にありえないような機能を搭載しています。利用できるメディアの数が相当なもので、無料動画編集ソフトでは考えられないくらいのファイル形式を読み込んでから編集することが出来ます。読み込みが出来なければ編集できません。

そうならないように導入することが出来るファイル形式の種類の多さはVideoStudioの強みでもあります。入出力の取り扱うファイルの種類の多さは重要です。この短はVideoStudioは手の有料版動画編集ソフトの中でも有利に働いています。

VideoStudioのデメリット

ただし、VideoStudioにもデメリットがあります。使える機能がたくさんあるのはいいのだが、その機能を使いこなすのに、素人ではなかなか使いこなすまでには時間がかかります。出来るだけ使いたいと思っていて、実際に素人が一から始めて使いこなすまでにはなかなかいきつかないため、途中であきらめてしまって、無料の動画編集ソフトを使うこともあります。

せっかくの機能ですが、使いこなせないのであれば、宝の持ち腐れとなってしまいます。 説明書もありますが、機能が複雑すぎて、全部を読んでから理解するには相当な時間がかかります。それだけではありません。説明書の書き方が専門的で素人が読んでいてなかなか理解できるレベルではありません。プロのカメラマンや動画の編集になれている人であれば、ある程度理解できますが、素人がyoutubeなどに公開したいために使うには機能が多すぎて理解できないので、迂回こなすことが出来ません。

これであれば、プロにお任せということになりますが、プロの人の多くは、windowsではなくMacを利用している人がほとんどで、VideoStudioの決定的なデメリットはMacに対応したソフトがないということです。いくら高機能の動画編集ソフトであっても、それを使いこなせるような人が使えない環境や、使いたくても使いこなせる知識を持って人には、ここまでの高度編集機能は必要ありません。もう少し、ちょっと編集をしたいとかんがえているセミプロぐらいまでが使いこなせるような機能であれば利用価値も高まるのではないでしょうか。

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>