Vtuber 人気の秘密とは?Vtuber の始まりとキャラクターの特徴!

Wondershare Editor 編集者:

Filmora 公式 Vtuber「彩撮 モラ」

Part1.2018年大人気のVtuberとはいったい何者?

1.1 Vtuberの人気の始まり

Vtuberは2016年ごろから登場していて、2018年には大変な人気となっています。 個人のVtuberも多数出現していて、100万人以上のチャンネル登録数を誇るVtuberチャンネルもいくつか出てきています。 日本国内におけるVtuberの始まりは2016年にキズナアイの人気から複数の人気Vtuberが出現しています。 忽那愛は2017年にはチャンネル登録者数100万人を超えています。

1.2 Vtuberの人気の秘密

Vtuberはチャンネルの登録してくれた人数が増えれば増えるほど宣伝効果があるため、企業が独自の宣伝チャンネルとして利用したり、個人運営で登録者に企業広告を配信して広告収入を得ることができます。 企業が広告にバーチャルユーチューバーを利用する大きな理由としては、自社製品の宣伝をするのが目的で、Vtuberを利用することで、安い広告費で宣伝できるというメリットがあります。 Vtuberであれば企画から宣伝までの流れが、低予算、短時間でできるということです。 個人のVtuberの場合は、チャンネル登録者数が100万人以上になると広告収入として月収100万円程度を得ることができます。

Part2.知っておいた方が良いVTuberの動画やキャラクターにある特徴

2.1 VTuber動画やキャラクター

通常のユーチューバーの場合、チャンネルの特徴は最初のオープニング動画を作ることで自己紹介をして、チャンネルの特徴を紹介することができます。 VTuberの場合は、この自己紹介部分を3Dアバターを使ってすることで、視聴者により強力なインパクトを与えることができます。 他にもゲームの実況中継を3Dアバターで行ったり、VTuberのコラボ配信を行ったりして人気を集めています。 3Dキャラクターを使った方が視聴した後に記憶に残るのと、最初の3Dキャラクターで視聴するかしないかが決められます。 人気となると配信者ではなく、3Dキャラクターが実在の人物に変わり動画の紹介をして前面に出てきます。

2.2キャラクターの現状

VTuber動画に登場するキャラクターには2Dと3Dの2種類あります。 2Dキャラクター作りには平面的なキャラクターにモーションキャプチャーで動き付けてから表情を動かす作業を行います。 3Dキャラクター作りには立体的なキャラクターにモーションキャプチャーで動き付けてから表情を動かす作業を行います。 現在の動向として2Dキャラクターの方が約6割を占めていて、3Dキャラクターは4割となっています。 今後は、3Dキャラクターが主流となり2Dキャラクターは徐々に少なくなって行くでしょう。

Part3.人気のfilmoraもついにVtuber向けの提供を開始

動画編集ソフト「Filmora(旧名:動画編集プロ)」のVtuber「彩撮モラ」ちゃんの使命とは、動画編集に関する情報提供を行うIT動画日本初のVTuber動画のキャラクターです。 動画編集と言えば難ししと思う人が多いでしょうが、素人でもできる動画編集filmoraを使った動画の編集機能を詳しく紹介してくれます。 家族写真や家族ビデオを撮影した後のビデオ編集は「彩撮モラ」のyoutube動画を見て勉強しましょう。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

実は「彩撮モラ」はカメラの収集家で、たくさんの種類のカメラを持っています。 休みの時には、色々な場所に行ってカメラ撮影するのが趣味です。 カメラの撮影にもプロ並みのこだわりがあり、ピンボケ写真を一番嫌うのがふぃもちゃんです。ピンぼけ写真だけは絶対に取らないという信念を持って撮影しているので、初めて写真撮影をしてピンぼけ写真を撮ってしまった人は、「彩撮モラ」ちゃんの動画を見て勉強しましょう。 「彩撮モラ」ちゃんの夢は壮大で、100万人のチャンネル登録者を持つVtuberになることです。 壮大な夢を持っている「彩撮モラ」ちゃんは、かわいらしく愛されるキャラクターなので見るだけで心が和みます。

Filmora公式バーチャルYouTuber「彩撮モラ」をもっと知りたい?>>

Filmora 公式 Vtuber「彩撮 モラ」

Filmora公式Vtuber「彩撮モラ」がデビュー!

Vtuberにおすすめの動画編集ソフト


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>