【結婚式】ウェディングブーケと装花のトレンドと選び方のコツ

Aug 06, 2020 • カテゴリ: 結婚式ヒント

結婚式を華やかに演出するために必要なのが、ウェディングブーケと会場装花です。ブーケに使う花や形は基本的にウェディングドレスに合わせて選びますが、和装をする場合は着物に合うブーケを用意することもあるので、場合によっては複数用意する人もいます。そのため、意外と高くつく費用の一つでもあります。理想のウェディングブーケと会場を準備するには、フローリストに自分のイメージをしっかり伝えて打合せすることが大切です。そこで、ウェディングブーケの最新のトレンドや種類、選び方や費用相場を知って、最高の結婚式にぴったりのウェディングブーケを準備しましょう。

結婚式会場


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1.ウェディングブーケはどうやって選ぶ?費用は?

ウェディングブーケと新郎新婦

①自分の理想をイメージをする

ドレスや式場が決まったら、目安として3か月前から準備するのがおすすめです。まずはInstagramやPinterest、結婚情報誌などから、気になるウェディングブーケを探してみましょう。結婚式のテーマや式場の装花も含めてイメージしてみてくださいね。

②ブーケの基本の形3選

■ラウンドブーケ→どんなドレスにも合うオールマイティな形

ラウンドブーケ

■クラッチブーケ→ナチュラルな印象のブーケ。近年トレンドのボタニカルブーケもこの形が多いです

クラッチブーケ

■リースブーケ→輪は永遠を表すため縁起が良く、腕にもかけられます

リースブーケ

③花の種類を選ぶ 

■生花

生花が人気の理由は、豪華さや香り、季節感を演出できることです。しかし、造花やプリザーブドフラワーに比べて費用が高くなるので、季節の花を選択すると比較的コストが抑えられます。

■造花

生花に比べて費用が安く、時間が経っても花の形や色を保てますが、間近でみると造花と分かってしまうこともあるでしょう。

■プリザーブドフラワー

生花を長持ちさせるために特殊加工したもので、造花よりも見た目が良いです。他に比べコストが低いですが、特殊加工できる花の種類が限られているのがデメリットです。

④費用について

ウェディングブーケの相場は2万円から5万円位ですが、ドレスに合わせて何個必要かで費用が変わってきます。外注や手作りをする場合は、もう少し費用を抑えられますが、式場によって持ち込み料金が必要になることがあるので、事前に確認しておきましょう。また手作りする時は、当日しおれてしまって新たに用意するなどトラブルも想定できるので、注意してくださいね。

Part2.装花の費用は?

ブートニア

装花といっても会場の色んな場所に花が施されます。例えば、メインテーブル、ゲストテーブル、ウェディングケーキやケーキナイフ、受付、両親へ贈呈品の花束などがあります。ブートニアは新郎のタキシードの襟元に付ける花飾りですが、着こなしに差が出るのでおすすめです。 ゼクシィ結婚トレンド調査2018によると、会場装花は平均17万2000円だそうです。もし費用を抑えたい場合は、先に予算を伝えたり、見えづらい場所を造花に代用してみるなど、工夫もできますよ。

Part3.結婚式後、ブーケや装花はどうする?

使用後のブーケは押し花やドライ加工を施して、ガラスケースやフォトフレームの装飾に取り入れて思い出を残すことができます。筆者も自分でドライフラワーにして、フォトフレームにミニブーケと結婚式の写真を入れて両親にプレゼントしたら喜ばれました。装花は、テーブル装飾にする際ミニブーケにして持ち帰れるようにしておく人もいますが、費用など変わってくるのでフローリストに相談してみるといいですね。

Part4.海外のウェディングブーケ事情

リビングコーラル色ブーケ

近年では高価な花で装飾するのではなく、ステートメントフラワーを選ぶ人たちが増えているようです。ステートメントフラワーとは、自分たちの結婚式を表す花を意味するので、二人の思い出の花を選ぶのもいいですね。また、グリーンカラーの定番ユーカリやシダを、白基調の花と合わせてナチュラルに演出するのも最近の傾向です。 季節の花や、結婚式会場の地元で栽培された花を使う人たちも増えていて、コストを減らすことが出来るのがメリットのようです。 花のトレンドカラーは、リビングコーラルと呼ばれる鮮やかなピンクオレンジ色で、ブーケや装花にも取り入れやすい色です。花の色と新婦のメイクをリンクさせるのも細やかな演出になるでしょう。

理想のウェディングブーケのイメージはできましたか?生花が使われることが多いですが、思い出として長期保存したい人や二次会でも使いたい場合は、造花やプリザーブドフラワーもおススメです。二人で相談して、素敵な花たちに囲まれた結婚式会場が完成しますように。

Part5.結婚式の思い出を残すムービーを作ってみよう!

結婚式の思い出を残すムービーを作成する場合、結婚式用の素材が充実している「Filmora9×Wedding」という動画編集ソフトをお勧めします。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

【Filmora9(旧名:動画編集プロ)】人生の一大イベントであるウェディング・結婚式。ユニークな結婚式ムービーを簡単に作成!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>