youtubeのクリエイターツール活用:アップロードした動画のタイトルと説明を再編集!

Dec 27,2019 • カテゴリ: Youtube動画編集

概要1.YouTubeが備えるツールについて

動画の投稿者に対して、そのままの意味ではなくもっと広い視野で解釈をする場合は、創造者や創作者を意味するクリエイターとも捉えられるかと思います。 このように広い視野を持ち解釈をした上で、YouTubeにはクリエイター陣を補助する為のクリエイターツールが備わっており、動画をアップロードする活動への熱が冷めずにいつまでも高いままです。 youtubeに備わっているクリエイターツールを駆使すると、既にアップロードした動画であっても名前、説明文に再び編集を加えることができます。 名前や説明文に再び編集を加えることができるなら、YouTubeにアップロードする前の動画には大胆な手の付け方を試せるので、その手順をご紹介することにいたします。

概要2.YouTubeにアップロードした動画へ再び編集を加える手順

【序盤 クリエイターツールから動画の管理を選択】

YouTubeの画面から見て右にあるログインボタンを押して、既に登録を済ませてある自身のGoogleアカウントでログインしましょう。 そうすると、自身のGoogleアカウントの名前入りでアイコンが出る様になるので、マイチャンネルの下にあるクリエイターツールを選択します。 クリエイターツールの選択により、YouTubeの画面から見て今度は左に各メニューが出ましたら、ダッシュボードの下にある動画の管理を選択します。 画面の見る向きを右、左といった順番で覚えておければ、一体何処を見たら良いのか迷うことは無くなるかと思います。

【中盤 管理メニューから動画の名前や説明文を編集】

序盤の操作で管理メニューを選択すると、YouTubeにアップロードした動画が時系列に基づいた順番で出るので、任意の動画にて編集ボタンを押します。 編集ボタンを押したことで、動画が時系列順の表示から編集状態に切り替わったのを確認の上、任意の動画に編集を加えていきます。 YouTubeにアップロードした直後の動画から比べても、自分自身が充分に納得できるような名前や説明文に編集し直し、次回作をクリエイトする為の熱量に繋げてみてください。

【終盤 変更の保存から編集結果の確認】

中盤の操作にて動画の名前や説明分に悔いが残らないよう、編集を加えましたらYouTubeの画面から見て、右下付近にある変更の保存ボタンをクリックすれば終盤の操作も完了です。 変更を保存するのは簡単ですが、忘れるとせっかく加えた編集が無かったことになってしまう為、必ずボタンをクリックして結果の確認までしましょう。 また、YouTubeにアップロードした動画の視聴画面にて、動画の編集ボタンをクリックしても管理メニューの選択ができるので、都合に合わせて利用してみてください。 以上がYouTubeにアップロードした動画へ、再び編集を加える手順となります。

概要3.クリエイターツールの前に駆使したい動画の編集ソフト

ここからはYouTubeにおけるクリエイターツールへ、出番を回す前の段階で駆使したい動画の編集ソフトを、まとめと共にご紹介することにいたします。 「Filmora9」は特徴として動画の名前つまりタイトル用や、本編の再生中に流すテキスト用なども含めて、実に数千点に上る素材が用意されている編集ソフトです。 それだけの数が用意されているならば、動画の説明文と違わないタイトル用の素材がきっと見つかるだけでなく、良い意味で決めるのに時間を充てられる利点が見えてくるでしょう。 仮にタイトル用の素材を決めるのに時間を充てたとしても、Filmora9ではブラウザの起動を挟まず、動画をYouTubeにアップロードできるので焦る心配はありません。

filmora9

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

数千点にも上る素材が用意され、なおかつ時間の短縮が見込める編集ソフトのFilmora9には、YouTubeにアップロードする前の段階にある動画の対応を任せます。 動画の名前や説明分を編集し直し、クリエイター陣を補助するYouTubeのクリエイターツールには、アップロードした後の段階にある動画の対応を任せます。そうすると、動画をアップロードする活動の熱が高められるというのが今回のまとめです。

「Filmora (フィモーラ)」であなたの面白いを始めよう!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>