YouTube動画撮影の10つのヒントとFilmora動画編集ソフト

Wondershare Editor 編集者:

YouTube動画をプロのカメラマンの様な作品にする為のヒントとコツ

皆さんはYouTubeを視聴していて、ご自身でも投稿してみたいと思った事はありませんか。また、既に投稿されている方もプロのカメラマンの様な作品を作り、YouTubeにアップロードしてみたいと思った事は無いでしょうか。 そこで、今回はプロのカメラマンが撮影した様な作品に近づける為、動画の撮影が出来る「動画撮影ヒント」をいくつか紹介させて頂きたいと思います。 


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1.YouTube動画の撮影をプロに近づける為に今すぐ使える「ヒントとコツ」

ホームビデオやスマートフォン、デジタルカメラや三脚などの皆さんが普段使われている機材で、プロ風の「YouTube動画撮影」10のコツやヒントを紹介します。

(1)撮影の基本編

①動かないで撮影しましょう

カメラは固定して撮影します。カメラを動かせば画像がブレを起こして、大変見づらいものになります。基本的にはカメラは固定がベストです。

②対象物に対してベストなアングルを見つける

これもプロカメラマンは重要視しています。角度によっては作品の印象が全く違うものに見えてしまい、作品自体のクオリティーを下げる事にもなります。色々位置を変えて撮影し、ベストな撮影ポジションを見つけましょう

③対象人物等は絞り込む

これは画面に多くの物が写り込む事により、視聴者が何処を見ればよいのかが分かり辛くなります。また、場合によっては面白さやコンテンツが伝わりにくくなります。

④ズーム機能は使用を避ける

ズーム機能を使用しての撮影では、画質の低下によりを下げて作品の価値が下がります。アップで撮りたい場合はカメラを近づけて撮影しましょう。 撮影する際にこの4つの事を心がけるだけでも、素人が撮影した感じは無くなります。

(2)撮影前の準備と段取り編

⑤簡単な絵コンテを作成する

簡単な絵コンテを作成する事により、撮影する側とされる側による意思の疎通が取れるだけでなく、撮影もスムーズに行えます。 また、どの位置から撮影すればよいアングルになるかも見えてきます。

⑥背景にも気を配りましょう

商品レビューにてYouTube動画を見る事がありますが、レビューの対象商品と関係のないものが画面に写り込んでいる事があります。これでは雑然としていて対象商品の存在感が薄くなり、作品の完成度も下がります。 特に室内などで撮影する時には、撮影対象以外の余計なものが写らない様に周りの背景に気を付けましょう。

(3)ストーリーと再生時間に動画編集ソフトの活用

⑦ 最後まで飽きの来ない工夫を

ストーリー(起承転結)があると、よりプロが撮影した作品に近づけるかと思います。また視聴している側も最後まで飽きる事なく見る事が出来ます。

⑧動画の全てを見てもらう為には

再生時間は長くなると単調な感じになります。長くても10分以下に抑えましょう。

⑨視覚だけでなく聴覚にも訴える

BGMも作品のクオリティーをアップするには大変効果的です。しかし、作品の内容にあったBGMにする事や音量には気を付けましょう。 作品にあったBGMや音量にしないと、逆に作品のクオリティーを下げる事になります。

⑩撮影した動画をプロカメラマンのレベルに近づける最善のコツ

YouTubeの動画撮影をしたら動画編集ソフトを使い、作品をレベルアップしましょう。多彩な機能を備え、YouTubeの動画編集に最適なソフトがあります。

Part2.YouTuber注目の動画編集ソフトFilmoraでプロ並みの作品作りを

「Filmora」は取り扱い操作が簡単で、YouTubeの動画編集には最適なソフトです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

(1)YouTuberへのサポートの充実

ソフトから作品を直接投稿出来る事はもちろんの事、それ以外にYouTubeチャンネルをソフトから直接開くことが出来ます。 そこには「動画編集ソフト&機材レビュー&動画撮影/編集コツ」と、数多くのYouTuberへのサポート動画がアップロードされていて、YouTube動画の作成には大変参考になるかと思います。

YouTuberへのサポートの充実

(2)エフェクター類やエフェクト効果の充実

動画に様々な特殊効果を付け加える事が出来ます。 音(BGM)やテキストクレジットの挿入編集、トランジション・フィルター・オーバーレイ・エレメント・などの特殊効果に加えて、PIP機能など高度な編集が簡単に付け加え編集できます。

エフェクト効果の充実

(3)ダウンロードから動画の編集操作がとても簡単

取り扱い操作がとても簡単で、特別な知識が無くても分かりやすいチュートリアル動画が有ります。PIP機能やエフェクト効果もチュートリアル動画を参考にすれば簡単です。 「Filmora」動画編集ソフトを使う事自体が、YouTubeの「動画撮影コツ」の一つではないでしょうか。 

filmora

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が簡単に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>