基本的な動画編集

ファイルをインポートしたら、動画の編集を行います。ここでは、動画編集の方法を説明します。

1. メディアファイルをタイムラインに追加する

メディアファイルをタイムラインに追加する方法は、いくつかあります。

  • メディアライブラリからメディアファイルをタイムライン上にドラッグ&ドロップする。
  • メディアファイル上の[+]アイコンをクリックして、タイムラインに追加する。
  • メディアファイルを右クリックして、[タイムラインの再生ヘッドに追加]を選択する。

メディアファイルをタイムラインに追加する

注: タイムライン上のメディアファイルは、ドラッグして位置を変更できます。

2. オーディオを編集する

タイムライン上に動画クリップは、オーディオをミュートしたり、分離して編集することができます。

クリップのオーディオをミュートするには、クリップを右クリックして、[オーディオをミュート]を選択します。

filmora scrnオーディオを編集する

動画クリップからオーディオを分離するには、タイムライン上のクリップを右クリックして、[オーディオ分離]を選択します。分離されたオーディオファイルは、その下のトラックに自動的に配置され、動画クリップから独立して編集できます。

3. 動画を分割する

動画を別々のクリップに分割して、それらを独立して編集することができます。操作は、次のように行います。

  • プレイヘッドをクリップの分割したい位置に置きます。
  • クリップを右クリックして、[分割]を選択するか、ツールバーのハサミの形のアイコンをクリックします。
  • filmora scrn 動画を分割する

4. 動画クリップをカットする

カットしたいクリップを右クリックして、[カット]を選択します。

filmora scrn 動画クリップをカットする

クリップの一部分をカットするには、プレイヘッドをカットしたい初めの位置に置き、ハサミの形のアイコンをクリックします。次に、プレイヘッドをカットしたい終わりの位置に置き、もう一度ハサミの形のアイコンをクリックします。クリップのカットを2回行うと、クリップは3つの部分に分かれます。クリップの中央部分を右クリックして[カット]を選択しても、カットできます。または、新しい位置にドラッグします。

注: タイムラインの表示サイズを調整するには、ズームスライダーを使います。

タイムラインの表示サイズを調整する

5. メディアを削除する

タイムラインから削除したいクリップを選択し、キーボードの[Delete]を押します。または、クリップを右クリックして、[削除]を選択します。

メディアを削除する

クリップの一部分を削除するには、分割機能(ツールバーのハサミの形のアイコン)を使って不要な部分を別のクリップとして分離し、それを削除します。

6. 動画をリサイズする

プレビューウィンドウでクリップをリサイズするには、[ビジュアルプロパティ]を選択し、スケールスライダーを使います。

7. 動画クリップを回転する

クリップを回転するには、タイムライン上のクリップを選択し、[ビジュアルプロパティ]で回転角度を調整します。

filmora scrn 動画クリップを回転する

プレビューウィンドウで、中央のハンドルを使ってクリップを回転することもできます。

動画クリップを回転する

8. 動画クリップをクロップする

クロップモードで、動画をクロップできます。

  • [クロップ]ボタンをクリックします。
  • filmora scrn 動画クリップをクロップする

  • プレビューウィンドウで、白いハンドルをドラッグして、クロップしたいクリップの部分を選択します。
  • 動画クリップをクロップする

9. エクスポートする

動画クリップの編集が終わったら、動画をMP4、MOV、GIFとしてエクスポートします。ここで、動画に名前を付け、エクスポートしたファイルの保存場所を選択します。また、[エクスポート]ウィンドウでは、動画の解像度、フレームレート、ビットレートなどを調整できます。

エクスポートする

設定が済んだら、[エクスポート]をクリックします。