Filmora
Filmora - AI動画編集アプリ
強力でシンプルなビデオ編集アプリ
入手
動画編集仕事を受注する方法とコツを解説!
動画編集の案件を受注する方法や、案件を受注する際の注意点についてご解説

動画編集で案件を受注するのは難しい?!仕事を受注する方法とコツを解説

fukuda
fukuda リリース日: Sep 21, 22, 更新日: May 30, 24

「動画編集の仕事を始めたいけど、案件を受注する方法がわからない」と悩んでいませんか。

もし、動画編集の始め方を理解していないのであれば、今のうちに勉強して、動画編集の仕事を早めにスタートすることを推奨します。

というのも、動画編集者は日々増加しているので、先送りにするほど競合が多くなります。しかし、安心してください。これらの悩みは簡単に解決できますし、多くの人が経験する課題です。

本記事では、動画編集の案件を受注する方法や、案件を受注する際の注意点について解説します。

将来は動画編集で月収30万円以上稼ぎたい人や、動画編集で5万円程度の副収入を得たい方は、本記事を参考にしてください。

目次

Part1. 動画編集の案件を受注する方法6選

クラウドソーシングを使う

クラウドソーシングとは、案件を発注する人と、案件を受注したい人をつなぐ、マッチングサービスです。

企業に直接営業をして仕事を獲得する必要はなく、簡単に案件を受注できることが、クラウドソーシングを利用するメリットです。

ただし、案件単価は低い傾向にあります。

クラウドソーシング

上記の案件は、国内で最も登録者の多いクラウドソーシング「クラウドワークス」に発注されている動画編集案件です。

初心者でも受注できる動画編集案件ですが、単価は高いとはいえません。

なので、これから動画編集で月収30万円以上稼ぎたい方は、クラウドワークスなどで実績を作り、高単価の案件を受注できるようになりましょう。

実績を作ればクラウドソーシングでも月30万円以上稼げるので、駆け出しの期間は実績作りに専念することを推奨します。

なお、クラウドワークスで動画編集の案件を受注するコツが知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

関連記事:クラウドワークスで動画編集の仕事は受注できる?クラウドソーシングのコツも解説

スキルシェアサービスを使う

スキルシェアサービスとは、クラウドワークスやランサーズと違い、技術者が「〇〇の仕事を受注します」と、自分のスキルを出品するサービスです。

クリエイターに直接依頼できることが、スキルシェアサービスの特徴です。

国内で有名なスキルシェアサービスは「ココナラ」や「スキルクラウド」などが挙げられます。

クラウドワークスやランサーズに比べると受け身になる印象です。

しかし、サイバーエージェントの調査によると、スキルシェアサービスの市場規模は、2024年には1,000億円を超えると予想されています。

スキルシェアサービス

参考サイト:【スキルシェアリングサービス市場調査】副業解禁や働き方改革を背景にビジネス系サービスが牽引、2018年は350億円と予測

上記のデータをみてわかる通り、スキルシェアサービスの市場規模は、年々右肩上がりです。

これからも伸び続けるサービスなので、スキルシェアサービスは積極的に活用しましょう。

また、国内最大手のスキルシェアサービス「ココナラ」で仕事を受注する方法が知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

関連記事:ココナラで動画編集の案件を受注する方法とは?コツや注意点も解説!

知人から紹介を受ける

「自分の動画を作成してほしい」と考えている人は多いです。なので、周囲の知人や友人に、動画を作ってほしい人がいないか、探してみるとよいでしょう。

また、スポーツやダンスをしている人には、自分の活動記録として動画を作りたいと考える人も少なくありません。

そのような友人や知人がいる場合は、積極的にアプローチするとよいでしょう.。ただし、実績が少ないうちに高額な報酬を受け取ることはおすすめしません。

知人や友人、紹介の案件は自分の実績作りにもなるので、最小限の報酬で仕事を受注するとよいでしょう。

SNSで発信する

自分で作った作品をYouTubeやInstagramなどのSNSで発信することで、仕事を受注できる可能性があります。

なぜなら、あなたの作品に興味持つ人は、SNSにはからなず存在するからです。また、実績が充実すると、SNS経由で仕事を発注する企業や事業主も多くなるでしょう。

しかし、駆け出しの動画編集はさまざまなジャンルに手を出すのではなく、一つのジャンルに特化する方が、案件を受注できる傾向にあります。

SNS発信で仕事を受注したい人は、あなたの好きなジャンルに絞って動画を作成して、発信活動を行いましょう。

求人サイトを活用する

業務委託を希望する方には不向きな方法ですが、動画編集で安定した収入を得たい方におすすめの方法です。

企業によっては高いスキルを求められるので、応募する前にどのような人材が求められているか、確認しておきましょう。

また、企業のホームページにも動画編集者の求人を出しているケースがあるので、入社したい会社があるひとは、ホームページの求人を定期的にチェックしましょう。

事業者に営業する

単価の高い案件や継続案件を受注できる確率が最も高い方法は、企業や事業者に直接営業する方法です。直接営業する場合は、高いスキルはもちろん、たくさんの実績が必要です。

企業によっては「マーケティングスキル」を求められる可能性もあります。

そのため、ある程度のスキルを身につけて、充実した実績を積み上げた方が、ネクストステップとして案件を受注する方法といえるでしょう。

Part2. 動画編集の案件を受注するために必要なこと

ここからは、動画編集の案件を受注するために必要なことを紹介します。正しい手順で活動すれば、動画編集の案件は受注可能です。

動画編の案件を受注するために必要なことは、以下の通りです。

  1. 使用する動画編集ソフトを決める
  2. スキルを身につける
  3. ポートフォリオを作成する
  4. SNSで発信する
  5. 案件を受注する

それぞれ順番に解説します。

使用する動画編集ソフトを決める

これから動画編集を始める方は、メインで使用する動画編集ソフトを決めておきましょう。なぜなら、動画編集ソフトによって、スキルの学習方法が異なるからです。

動画編集のスキルは、動画編集ソフトによって操作方法が異なります。動画編集の経験がない方は、直感的に操作できる動画編集ソフトを使用するとよいでしょう。

また、人気の動画編集ソフトを使用すれば、操作方法がわからなくても、ネット検索ですぐに解決します。

これから動画編集を始める方や、今の動画編集ソフトが自分にあっていないと悩んでいる方には、人気の動画編集ソフト「Filmora」や「Premiere Pro」をおすすめします。

Wondershare Filmora
新機能搭載:自動文字起こし・テキスト読み上げ・縦向き編集モード・スナップショットのpng保存
Filmora Filmora

スキルを身につける

スキルを身につける方法は、大きく分けて以下の2つです。

  1. 独学
  2. スクール

独学は、学習コストを抑えながら動画編集を勉強できるうえ、自分のペースで学習可能です。しかし、プロからのフィードバックがもらえないため、成長を実感することが難しいです。

スクールでは、プロからのフィードバックをもらえるので、短期間で動画編集を身につけられます。しかし、高額な費用が発生するデメリットもあります。

独学・スクール両方にメリットとデメリットがあるので、自分にあった方法を選ぶとよいでしょう。

なお、動画編集の勉強方法については、下記の記事で詳しく解説しているので、気になる方は参考にしてください。

関連記事:動画編集のスキルを効率的に勉強する方法は?必要なスキルや勉強のコツまで一気に紹介!

ポートフォリオを作る

カットやテロップ、エフェクトやトランジションのスキルをある程度身につけたら、ポートフォリオを作成しましょう。

あなたが作成した作品をYouTubeにアップロードして、リンクを掲載すれば簡単なポートフォリオはすぐに完成します。

また、ポートフォリオを魅力的にしたい方は、以下の項目を記載しましょう。

  1. 自分の写真・名前
  2. 経歴
  3. 実績
  4. 使用ソフト
  5. 作品+作品の説明

人によって求める情報は異なるので、営業する相手によってポートフォリオは作り替えることをおすすめします。

SNSで発信する

案件に応募する前に、SNSを充実させておきましょう。理由は、SNSを積極的に発信している方が、発注者にとってどのようなスキルがあるか理解できるからです。

SNSはポートフォリオにもなるので、自分で作成した作品は、どんどん発信していきましょう。

案件を受注する

いきなり直接営業をするのではなく、最初はクラウドソーシングがおすすめです。作成したポートフォリオを活用して、案件に応募しましょう。

実績のないうちは「未経験OK」の案件を受注して、実績をたくさん作りましょう。動画編集駆け出しで月30万円以上稼ぐのは難しいですが、頑張れば月5万円くらいの副収入は可能です。

動画編集をはじめて3か月くらいは、稼ぎながら勉強するつもりでがんばりましょう。

Part3. 短期間で案件を受注できる動画編集ソフト3選

ここでは、動画編集によく使用されている、短期間で案件を受注できる動画編集ソフトについて解説します。

それぞれの特徴を解説するので、あなたにあった動画編集ソフトを選んでください。

Filmora

Filmora

製品名

Filmora

メリット

感覚で動画を作成できる

デメリット

一部有料

対応OS

Windows :7/ 8(Windows 8.1を含む)/10/ 11

MacOS:10.14/10.15/ 11/12

Filmoraは、世界的に有名なクリエイティブ企業「Wondershare」が開発した動画編集ソフトです。

プロ級の編集機能が搭載されているにもかかわらず、すべての機能を直感的に使用できます。

そのため、従来の動画編集ソフトでは使いにくい機能でも、Filmoraなら簡単に使いこなせるでしょう。

Filmora2

参考サイト:Wondershare Filmora YouTubeチャンネル

Wondershareの運営しているYouTubeチャンネルでは、Filmoraの基本的な使い方から応用テクニックまで解説しています。

なので、動画編集の経験がない方でも、簡単にスキルを身につけることが可能です。人気の動画クリエイターも使用している動画編集ソフトなので、機能性に問題ありません。

プロの動画編集者が利用している動画編集ソフトを活用して、あなたも本格的な動画を作成してください。

Premiere Pro

Premiere Pro

製品名

Filmora

メリット

Adobe製品と連動して使用できる

デメリット

月額制

対応OS

Windows 10(64 ビット)日本語版バージョン 1909 以降

macOS v10.15(Catalina)以降

Premiere Proは、Adobe社が提供している動画編集ソフトです。本格的な動画編集はもちろん、動画編集初心者でも操作できます。

エフェクトやトランジションなどの動画素材も充実しているので、操作に慣れると質の高い作品を作れるでしょう。

Premiere Proは月額制の動画編集ソフトなので、毎月のランニングコストが発生します。しかし、PhotoshopやIllustratorのソフトと連動して利用できるので、Adobe製品を普段から使用している方には、Premiere Proを推奨します。

Final Cut Pro X

Final Cut Pro X

製品名

Final Cut Pro X

メリット

本格的な動画編集ができる

デメリット

有料(39,800円)・Mac専用

対応OS

macOS:11.5以上

Final Cut Pro Xは、Apple社が提供している、Mac専用の動画編集ソフトです。簡単な動画から本格的な作品まで簡単に作れるので、Macユーザーには人気があります。

ただし、Final Cut Pro Xは39,800円と、高額な動画編集ソフトです。動画編集初心者には、初期投資としては高い可能性があります。

しかし、Macとの相性が最も良い動画編集ソフトなので、「動画編集はMacしか使わない」と決めている方には、Final Cut Pro Xをおすすめします。

Part4. 動画編集の案件を獲得するならFilmora

動画編集の案件を本気で受注したいと考える方には、Filmoraを推奨します。

先述したように、Filmoraの機能はすべて直感的に使えるので、動画編集ソフトを使いこなせるまでの期間は短いです。

そのため、1〜3か月の時間をかけて動画編集ソフトの使い方を勉強する必要なく、プロ級の作品を作れるでしょう。

Filmoraの無料ダウンロードルートはこちら

動画編集案件で活躍するFilmoraの優れた機能

ここでは、動画編集案件で活躍する、Filmoraの優れた機能を紹介します。

すべて簡単に使える機能なので、ぜひ活用してください。

スナップショット

スナップショット

スナップショット機能は、サムネイル画像作成に使える、動画を画像として保存できる機能です。

動画編集の案件では、サムネイル作成まで引き受けるケースが多いです。その際に、魅力的なサムネイルを納品できると、継続案件につながる可能性は高くなるでしょう。

また、画像作成ではすべての有料素材を無料で利用できることが、Filmoraの特徴です。画像編集ソフトを使う手間も必要ないので、作業の効率化にもつながります。

オートリフレーム

オートリフレーム

オートリフレーム機能は、好きなサイズに動画を切り取る機能です。

横画面の動画を縦動画にする際に、活躍する機能です。

Filmoraのオートリフレーム機能は、被写体に合わせて動画を切り取るので、切り取った動画から被写体がいなくなる、などの問題はありません。

充実した動画素材

充実した動画素材

Filmoraには、無料で使用できるエフェクトやトランジションがたくさん用意されています。

テキストアニメーションも充実しているので、手の込んだ動画を短時間で作成できるでしょう。

テキストアニメーション

さらに、すでに加工された「デザイン文字」も用意されています。

先述した「スナップショット」と合わせて使用すると、他の動画編集者より質の高いサムネイルを作れるでしょう。

Part5. 動画編集の案件を受注する際の注意点

ここでは、動画編集の案件を受注する際の注意点を紹介します。動画編集の案件を受注するうえで大切なことなので、必ず理解しておきましょう。

動画編集の案件を受注する際の注意点は、以下の通りです。

  1. 嘘の実績を伝えない
  2. 勝手に編集を加えない

順番に解説します。

嘘の実績を伝えない

案件への応募や企業へ直接営業をする際に、嘘の実績をポートフォリオに入れている方は、意外と多いです。具体的には、他人が作成した動画を自分の作品として使用する、などが挙げられます。

上記のやり方で案件を受注できる可能性はありますが、求められているスキルを提供できないでしょう。また、ポートフォリオの偽りがクライアントに発覚して、裁判沙汰になったケースもあります。

発注者に実績を伝える際は、嘘を伝えるのではなく、現時点のベストをアピールしてください。

勝手に編集を加えない

「オリジナリティを出したい」と考えて、クライアントが求めてない編集を受注者が勝手に加えるケースは、よく見られます。

動画編集者として「もっとこうした方がいい!」などの意見はあるかもしれません。しかし、クライアントとの信頼関係が出来上がっていない期間に勝手な編集を加えると、発注者からの信頼を失います。

動画の改善点が見える場合は、クライアントに提案したうえで、必要であれば編集を加えるよう心がけましょう。

まとめ:動画編集の案件を受注するのは難しくない!

本記事では、動画編集の案件を受注する方法について解説しました。

動画編集でいきなり月30万円以上の収入を得るのは難しいです。しかし、実績を作りながら副収入を得ることは、未経験でも十分可能です。

経験と実績を重ねると動画編集者として生計を立てられるので、焦らず対応できる案件から受注しましょう。

なお、動画編集の案件をたくさん受注したい方には、Filmoraをおすすめします。

すべての機能を感覚で操作できるので、使いこなせるまでの期間は短くなります。

動画の質を高めるエフェクトやトランジションもたくさん用意されているので、短時間で高品質の動画を納品することが可能です。

基本的な機能はすべて無料で体験できるので、これから動画編集をがんばりたい方は、Filmoraをぜひ活用してください。

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
fukuda
fukuda May 30, 24
記事をシェアする: