X
filmora logo
Filmora-動画編集アプリ
APP Storeからダウンロード(無料)
Google Playからダウンロード(無料)
入手
ココナラで動画編集の案件を受注する方法とは?
動画編集ならFilmoraがおすすめ

ココナラで動画編集の案件を受注する方法とは?コツや注意点も解説!

fukuda
fukuda リリース日: Sep 21, 22, 更新日: Sep 22, 22

動画編集の案件は、ココナラで受注することが可能です。

ココナラだけで月収50万円以上稼ぐ動画クリエイターも非常に多いので、これから動画編集を始める方には、ココナラの利用を推奨します。

本記事では、ココナラで動画編集の案件を受注する方法やコツ、注意点について解説します。

「動画編集の案件を受注して、副収入を得たい!」と考えている方は、本記事を参考にしてください。

目次

Part1. そもそもココナラとは?

ココナラとは、クリエイターのスキルを出品できるサービスのことです。

類似しているサービスでは、クラウドワークスやランサーズなどの「クラウドソーシング」が挙げられます。

ココナラ動画編集案件

クラウドソーシングとココナラの大きな違いは、出品者の違いです。クラウドソーシングでは、発注者に対して受注者が案件に応募します。

ココナラの場合は、受注者がスキルを出品して、発注者が案件を依頼する形式です。

しかし、最近のココナラでは、企業や事業者が案件を出品できるようになっているので、クラウドソーシングと大きな違いはありません。

おすすめ記事:クラウドワークスで動画編集の仕事は受注するコツ&方法

Part2. ココナラで出品されている動画編集のスキル・案件

ここでは、ココナラで出品されているスキルや案件を紹介します。

2.1.動画編集スキル案件

動画編集スキルでは、以下のような案件が出品されています。

動画編集スキル

上記は、YouTubeやTikTokなどの動画に「字幕・テロップ」を入れるだけの案件です。2,000円で出品しているので、案件単価は高いとはいえません。

しかし、副収入を得ながら実績を作れるので、動画編集を勉強している方にオススメの案件受注方法です。

2.2.YouTube動画編集の案件

YouTube動画編集には、以下のような案件が多く出品されています。

YouTube動画編集の案件

上記の案件は、YouTube向けの動画編集を10,000円で出品しています。 YouTube動画編集には、ジャンルにあった世界観を重視する傾向にあります。

カットやテロップ、SE(効果音)などのスキルを身につけると対応できる案件なので、動画編集初心者にオススメです。

2.3.広告動画編集の案件

広告動画編集では、以下に近い案件が出品されています。

広告動画編集の案件

上記の案件は、12,000円で出品されている広告動画編集の案件です。制作会社や広告代理店に依頼すると数十万円を超える案件なので、広告動画を作りたい方にはありがたいサービスといえるでしょう。

広告動画には、動画編集以外に「マーケティングスキル」も求められるので、初心者が案件を受注するのは難しいかもしれません。

しかし、広告動画を作成できると高単価の案件を受注できる可能性はグッと高くなります。動画編集のスキルを身につけたら、広告動画に挑戦するとよいでしょう。

Part3. ココナラで動画編集の仕事を受注する方法

ここからは、ココナラで動画編集の仕事を受注する方法について解説します。動画編集初心者でも仕事を受注できるので、参考にしてください。

ココナラで動画編集の仕事を受注する方法は、以下の通りです。

  1. 得意なスキルを出品する
  2. 案件に応募する

それぞれ順番に解説します。

3.1.得意なスキルを出品する

先述した「字幕・テロップ」を入れるだけの案件のように、身につけたスキルを出品するだけで、案件を受注できます。

ココナラで動画編集の仕事を受注する方法①得意なスキルを出品する

カットやテロップだけではなく、カラーグレーディングだけの案件も多く見られます。カラーグレーディングとは、映像の色調補正を行うスキルのことであり、案件単価も高い傾向です。

スキルを勉強しながら案件を受注することも可能なので、動画編集初心者の方には最適のサービスといえるでしょう。

おすすめ記事:サンプル動画をYouTubeにアップロード&投稿する方法
おすすめ記事:動画編集の副業バイトで月10万稼ぐガイドライン
おすすめ記事:YouTubeショート動画で収益化は可能!

3.2.案件に応募する

ココナラでは、スキルを出品するだけではなく、案件に応募することも可能です。

ココナラで動画編集の仕事を受注する方法②案件に応募する

上記は、ココナラで出品されている実際の案件です。案件によって単価は異なりますが、初心者でも応募できる案件が、ココナラにはたくさん用意されています。

実績を作りたい方は、ココナラで自分のスキルを出品しながら、案件に応募するとよいでしょう。

Part4. 動画編集の仕事をココナラで受注するならFilmora!

ココナラで動画編集の案件は受注できるとわかったものの、動画編集のスキルが必要です。

しかし、動画編集のスキルは一朝一夕で習得できません。なので、動画編集の仕事を受注するには、最低でも1〜3か月の勉強期間が必要でしょう。

「できればすぐに案件を受注したい」と考えているなら、「Filmora」という動画編集ソフトを推奨します。

4.1.動画編集ソフトFilmoraとは?

動画編集の仕事をココナラで受注するならFilmora

Filmoraとは、世界的人気のクリエイティブ企業「Wondershare社」が開発した動画編集ソフトのことです。

すべての機能を直感的に操作できるので、動画編集初心者でもプロ級の動画を簡単に作成できます。

Filmoraの無料ダウンロードルートはこちら

動画編集の仕事をココナラで受注するならFilmoraテンプレート

さまざまなジャンルにあったテンプレートも充実しているので、あらゆるニーズに対応した動画をクライアントに提供できるでしょう。

動画編集の仕事をココナラで受注するならFilmora

無料で使用できるエフェクトやトランジション、テキストアニメーションもたくさん用意しているので、短時間で高品質な動画を作成できます。

感覚で操作できるFilmoraを利用すれば、短期間で動画編集のスキルを習得できるでしょう。

YouTubeチャンネル

参加サイト:Wondershare Filmora YouTubeチャンネル

Wondershareが運営しているYouTubeチャンネルでは、Filmoraの使い方を詳しく解説しています。有料教材に匹敵する応用テクニックも紹介しているので、独学でもプロのスキルを習得できるでしょう。

プロの動画クリエイターも使用する動画編集ソフトなので、動画編集の案件をたくさん受注したい方は、Filmoraの、ぜひ活用してください。

4.2.動画編集に使えるFilmoraの優れた機能

ここでは、動画編集の案件に最適な、Filmoraの優れた機能を紹介します。簡単に使用できる機能なので、ぜひ活用してください。

モーショントラッキング

モーショントラッキング

モーショントラッキングは、被写体の動きを検出して、テキストやオブジェクトを追従させる機能です。

走っている人の上に名前を出したり、被写体に羽をつけたりなど、映画や広告動画で使用されている、ハイレベルな動画編集スキルです。

Filmoraでは、モーショントラッキングを簡単に使用できます。

モーショントラッキングを上手に使用できる動画編集者は少ないので、今のうちに習得して、案件を受注しましょう。

自動字幕起こし

自動字幕起こし

自動字幕起こしは、動画内の音声を自動でテキストファイルにする機能です。

Filmoraの自動字幕起こしを活用すれば、先述した「字幕・テロップ」を入れるだけの案件は、すぐに受注できます。

また、Filmoraに用意されているアニメーション素材を活用すれば、オリジナルテキストの作成も可能です。

ココナラには字幕やテロップを入れるだけの案件でも需要はあります。Filmoraの自動字幕起こし機能を活用して、案件を受注して、実績を積み上げましょう。

オーディオ同期

オーディオ同期

映像と音声を別々で撮影・収録している場合は、オーディオ同期機能を活用しましょう。

オーディオ同期とは、映像と音声を自動で繋げる機能です。

従来の動画編集ソフトで映像と音声を繋げる場合は、耳で音声を確認しながら、映像と音声を繋げます。しかし、少しでも配置をミスすると、作品に違和感が生じます。

Filmoraのオーディオ同期を活用すれば、そのような違和感は発生しません。

動画編集の案件では、映像と音声を別撮りしているケースは非常に多いので、音声ミスを防ぐためにも、Filmoraのオーディオ同期を活用してください。

Filmoraその他の優れた機能の確認はこちらへ≫

Filmora最新機能のチェックはこちら≫

Part5. ココナラで動画編集の仕事を受注するコツ

ここからは、ココナラで動画編集の仕事を受注するコツについて解説します。

ココナラで動画編集の仕事を受注するコツは、以下の通りです。

  1. ジャンルに特化する
  2. スキルに特化する

それぞれ順番に解説します。

5.1.ジャンルに特化する

ジャンルに特化した動画クリエイターは、ココナラで案件を受注できる可能性が高いです。

たとえば、ウェディングムービーに特化したり、ビジネス系動画に特化したりする、などが挙げられます。

一方で、「なんでもできます!」などの動画クリエイターには、案件はあまりこない傾向です。

ココナラで案件を受注するなら、あなたの好きなジャンルを追求して、特化型の動画編集者になることをおすすめします。

5.2.スキルに特化する

動画編集のスキルに特化する方法は、職人気質な方におすすめの案件受注方法です。具体的には、カラーグレーディングやアニメーションなどの動画編集スキルが挙げられます。

動画編集の世界では、「世界観作りは苦手だけど、スキルでは誰にも負けない!」という方も多く見られます。

1からの動画作成が苦手な方は、スキル特化型の動画クリエイターを、まずは目指してみましょう。

Part6. ココナラで動画編集の仕事を受注する際の注意点

ここでは、ココナラで動画編集の仕事を受注する際の注意点について解説します。動画クリエイターとして大切なことなので、必ず理解しておきましょう。

ココナラで動画編集を受注する際の注意点は、以下の通りです。

  1. 嘘の実績を使用しない
  2. 値段を釣り上げない
  3. 相手の要望を確認する

それぞれ順番に解説します。

6.1.嘘の実績を使用しない

ココナラにかかわらず、案件を受注する際に、自分以外の動画クリエイターが作成した作品を実績として活用する人は少なくありません。

嘘の実績で仕事を受注できても、見合ったスキルがない場合、クライアントとトラブルになります。訴訟問題にも発展する行為なので、嘘の実績で仕事を受注するのは絶対にやめましょう。

6.2.値段を釣り上げない

ココナラでは、案件によって「平均単価」が決まっています。実績の少ない間は、平均以上の単価でスキルを出品するのはおすすめしません。

というのも、単価を高くするほど、求められる完成度も高くなります。

期待以下の作品を納品した場合、あなたの評価は低くなり、案件を受注できる確率も下がります。

平均以上の単価でスキルを出品する場合は、実績を作り、高いスキルを習得してから、少しずつ単価を上げるとよいでしょう。

6.3.相手の要望を確認する

ココナラでは、案件を受注する前にヒアリングをして、見積もりを相手に送ります。ヒアリングの段階で、相手の要望を明確にしておきましょう。

というのも、「やっぱり〇〇にしてほしい」などの、当初とは違う要望をするクライアントがいます。

ヒアリングで聞いた話と異なる要望がきた場合は、別料金を請求する必要があります。しかし、ヒアリング内容を記録しておかないと、当初との違いを証明できません。

ココナラで案件を受注する際は、相手の要望を文面に残し「これで問題ありませんか?」などの最終確認をしてから、仕事に取り掛かりましょう。

まとめ:Filmoraを活用して、ココナラで動画編集の仕事を受注しよう

本記事では、ココナラで動画編集の案件を受注する方法やコツ、注意点について解説しました。

カットやテロップなどの簡単なスキルだけでも出品できるので、動画編集を勉強している方は、ココナラで仕事を受注してみましょう。

なお、本記事で紹介した動画編集ソフト「Filmora」では、プロ級の動画を簡単に作成できます。すべての機能を直感的に使えるので、楽しく動画を編集できるでしょう。

基本的な機能はすべて無料で体験できるので「ココナラにスキルを出品してみたい!」と考えている方は、この機会にFilmoraを活用してください。

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
fukuda
fukuda Sep 22, 22
記事をシェアする: