昭和のテレビCMから今日のYouTube、Snapchat、Vimeo、さらにはFacebook Liveに至るまで、動画は私たちの日常生活にすっかり定着しています。21世紀には、動画がインターネットトラフィックの大半を占めることが予想されています。

最近の調査によると、消費者の82%は、ソーシャルメディアで投稿された他のタイプよりライブ動画を好むことがわかっています。動画コンテンツは、テキストと画像を組み合わせたものよりも12倍多くのシェアを獲得します。

また、98%のユーザーが、製品やサービスをよりよく理解するため、商品紹介動画を見たことがあると言います。動画コンテンツを制作して動画マーケティングに取り組む企業はまだまだ少ない状況ですが、マーケティングにビデオを使用する企業は、使用しない企業より収益の増加率が49%高くなっていると言われています。

今回はインフォグラフィックスで動画マーケティングの現状、動画マーケティングの活用シーン及び動画マーケティングのメリットについて、詳しくご紹介します。

動画マーケティングの重要性

【動画マーケティングを始めてみませんか】

「動画を制作するほど予算がない」「難しそう」などの理由で、動画マーケティングを検討していないマーケティング担当者の方も多いかもしれません。しかし、今回ご紹介した数々のデータが示すとおり、コンテンツマーケティングを成功させる上で動画の重要性がますます高まっていることは事実です。動画はコンテンツマーケティングの未来とも言えます。

会社や店舗を経営する事業主の方、動画を制作する制作会社、または豊富なエフェクトを使って動画の幅を広げたいYoutuberさんなど、販促活動に悩んでいる方、またはこれをきっかけに動画マーケティングを始めてみませんか。

【Filmoraビジネスライセンスについて】

発売開始から個人使用のみでお楽しみいただいていたFilmoraに、ついにビジネスライセンスが登場しました。21世紀のビジネスに拡大が期待される媒体である動画を使って、販促活動を飛躍的に向上させる強い味方Filmora。動画を使った会社案内、商品やサービスの販促物や、動画まで幅広い用途でお使いいただけます。また豊富なエフェクトを取りそろえたFilmoraエフェクトストア(※一部エフェクトを除く)から厳選されたビジネスコレクションやプレゼンテーションコレクションなどを駆使して、自社の商品をひきたて、他社に差をつける1本を簡単に仕上げることができます。

商品のプロモ動画から展示会、動画広告からCMまで幅広いニーズをカバーできるFilmoraでビジネスの幅を広げてみませんか?

FilmoraビジネスライセンスWindows版の詳細

FilmoraビジネスライセンスMac版の詳細

※注意事項

  • 1.商用向けライセンスでは、Filmoraと一部のエフェクト(ミュージックトラックを除く)を商用で使用することができます。
  • 2.商用利用不可のエフェクト一覧は以下となります。
    音楽・ミュージック・BGM全部 シネマオーバーレイコレクション ミュージック拡張コレクションVol 1 卒業コレクション
    BlockbusterコレクションVol 1 BlockbusterコレクションVol 2 BlockbusterコレクションVol 3 BlockbusterコレクションVol 4
    BlockbusterコレクションVol 5      
  • 3.Filmoraの内臓エフェクト及びエフェクトストアで販売しているエフェクトを別途販売または再配布することはできません。