Mac動画編集:2022年版最適なMac動画編集ソフト8選

Dec 27, 2021 • カテゴリ: Filmora動画編集(Mac)

Macで動画編集をするには?

Mac動画編集ソフトはどれが一番使い勝手がいい?」「Macでおすすめの動画編集ソフトを教えてください。」よくQAでこんな質問が見えますね!今回は、mac動画編集におすすめの8つのソフトを厳選してご紹介します。無料版と有料版それぞれ4つずつ紹介していますので、ご自身の利用シーンに合ったものを選んでみてください。有料版のmac動画編集ソフトでもトライアルできるものもありますので、まずは試してみましょう。

目次:

1.Macユーザーに最適な動画編集ソフトおススメ

Mac動画編集ソフトおススメ1:Wondershare Filmora(Mac版)

Filmora(Mac版)は、動画初心者に人気のソフト。直感的で分かりやすい操作で、気軽に動画編集できます。洗練された使い易い操作画面で、不要な場面のカット、動画トリミング、動画連結、リサイズ、クロップなどの基本的 な動画編集操作を直感的に行うことができます。初心者でも簡単にお洒落な動画を作成できるのは特徴です。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード

また、4000を超える独自オーバーレイやトランジションなどのエフェクト、豊富なBGMライブラリ搭載 など、効果・素材の種類の豊富さは他の編集ソフトを遥かに上回ります。さらに、拡張コレクションが充実しているため、幅広いシチュエーションに対応できる動画が作成できます。 MacBook(マックブック)、MacBook Pro(マックブック プロ)、MacBook Air(マックブック エアー)、iMac(アイマック)など、各Macモデルで簡単な手順で素敵なビデオを作成できます。

関連記事:Filmora Mac版の使い方?>>

初心者向けで直感的な操作で編集できるMac動画編集ソフト
初心者向けの動画編集ソフト
  • 新機能追加:ハイライト自動検出、タッチバー、キーフレーム、モーショントラッキング、オーディオダッキング、カラーマッチなど
  • MP4など多種形式の動画・写真の入力・編集に対応
  • 動画トリミング、クロップ、BGM追加など多様な編集機能
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • イントロ、クレジットやエフェクトで個性的な動画作成
  • 自動レンダー&レンダープレビュー機能が充実
  • クロマキー合成、分割スクリーンプリセット、逆再生機能も搭載
  • 編集した動画をMacへの保存、YouTubeへの共有やDVDへの出力
  • 対応OS:macOSv10.12またはそれ以降

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード

また、Filmstockという素材サイトには動画エフェクトやアフターエフェクトテンプレート、ビデオ素材、ミュージックトラック、効果音、ストック画像が満載されています。卒業エフェクト、結婚式ムービー用のエフェクト、YouTuberさんに向いているエフェクトなど、Filmoraで使える無料素材はたくさんあります。

Filmora用の無料エフェクト

Macで動画を簡単に作成したい場合、まず『Filmora』の無料版をダウンロードして使ってみてください。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード

Wondershare Filmora動画編集 Mac版の操作デモ

Mac用人気な動画編集ソフト2:Apple iMovie

mac動画編集ソフトiMovie

こちらはApple公式で公開されているMacBookAirやMacBookProに標準でインストールされているMac用動画編集ツールになります。 パソコンだけではなく、iPhoneやiPadなどのApple製品にもiMovieは搭載されています。Macで素晴らしい性能を発揮してくれて、その名の通り、まさにMac専用の動画編集ソフトで、Apple製品内での写真や音楽の連携がスム ーズに行えます。使いたいクリップを選んで、タイトルを挿入し、エフェクトを加えたら、それぞれの雰囲気にぴったりのタイトルやトランジションを組み合わせます。ドラッグ&ドロップで簡単に操作できるパワフルなツールです。動画初心者にとっても操作しやすいソフトでしょう。また、豊富なテンプレートが用意されており、画像や音楽といった素材を配置していくことで、映画予告のような動画を簡単に作ることができます。

長所

  • ・初心者向けで操作しやすい
  • ・新規でインストールしなくてよい
  • ・豊富なテンプレートが用意されている
  • ・SNS(YouTube、Twitterなど)へ動画投稿できる
  • ・Apple製品同士で連携できる


短所

  • ・Apple製品でしか使用できない
  • ・初心者向きであり、プロ向きではない
  • ・モーショントラッキングのような高度な編集はできない

関連記事:iMovieの基本的な使い方で動画編集する方法>>

Mac用人気な動画編集ソフト3 :Final Cut Pro X

mac動画編集ソフト Final Cut Pro X

Final Cut Pro(ファイナルカット・プロ)は、アップルの開発・販売するソフトウェアのひとつで、パソコン向けのノンリニアビデオ編集を目的としたMac OS X向けの編集ソフトであります。Final Cut Pro Xは「プロ用のビデオ映像編集ツール」のカテゴリに属する製品で少々値は張りますが、このカテゴリの中では比較的安価で、「プロではないけれどちょっと上を目指す人たち」にも手が出しやすい製品です。360°ビデオの編集、高度なカラーグレーディングなどで動画をハリウッド映画のように作成できます。

長所

  • ・映像編集ソフトとして歴史が長い
  • ・ユーザー数が多い
  • ・価格はサブスク型ではなく、パッケージ買い切り型である
  • ・無料のトライアル期間があ


短所

  • ・ソフトの価格が高い
  • ・Appleのソフトであり、MacOSでのみ動作する

Mac用人気な動画編集ソフト4 :Avidemux

mac動画編集ソフト Avidemux

「Avidemux」は、AVIやMPG、VOB、ASF、WMVなど多くのフォーマットに対応したフリーmac動画編集ソフトです。動画内の特定場面を切り捨てたり、動画と動画を連結させたり、映像に多種多様なフィルタをかけたりすることができます。トリム、回転、クロップ、画質補正、色調補正等の基本的な動画編集を行うことができます。

長所

  • ・無料で使える
  • ・多くの入出力ファイル形式に対応している
  • ・基本的な機能が豊富である


短所

  • ・不具合の生じやすい
  • ・初心者に優しくない

Mac用人気な動画編集ソフト5 :Adobe Premiere Elements

mac動画編集ソフトAdobe Premiere Elements

Adobe Premiere Elementsはパワフルで使いやすい、オールインワンの写真&ビデオ編集ソフトです。WindowsでもMac OSでも利用できます。Adobe Premiere Proの廉価版で、買い切りで使用することができます。パソコンのスペックによっては動作が重くなる可能性もありますが、わかりやすいインターフェイスで、クイック編集機能は、特に使いやすいので、初心者でも簡単に思い通りの作品を作成できます。

長所

  • ・初心者でも簡単に動画編集できる
  • ・買切り型なので、1回お金を払ってから永久に使える
  • ・Aiによる自動編集機能がある


短所

  • ・スペックの高いパソコンが必要となる
  • ・細かい編集やエフェクトの調整ができない

関連記事:Adobe Premiere Elements15の使い方>>

Mac用人気な動画編集ソフト6 :Wondershare FilmoraPro Mac版

wondershare社の動画編集ソフト「filmorapro」

FilmoraProMac版はWondershare社が開発したプロ向けの動画編集ソフトです。 動画基本的な編集機能はもちろん、高度機能を備えながらも、複雑な操作を簡素化されています!中高級クリエイター達に最適な動画編集ソフトと言えます。動画を一から自分で作ってみたい、エフェクトやカラーも思い通りにカスタマイズしてみたい、という動画編集中級者~上級者の方向けに、カラーグレーディングやモーショングラフィック、キーフレームなど、ビジュアルエフェクトの可能性を広げる機能を満載した動画編集ソフトです。

長所

  • ・プロ向けのソフトなので、高度な編集ができる
  • ・細かいカスタマイズや調整ができる


短所

  • ・初心者にとって難しい
  • ・無料版で編集したビデオには透かしがついている

関連記事:Filmora とFilmoraProの違いは?>>

Mac用人気な動画編集ソフト7 :HitFilm Express

HitFilm Express

HitFilm Expressはプロ向けの無料動画編集ソフトです。基本機能は無料で利用できます。また、追加で機能が必要な場合、アドオンする形で購入できます。

長所

  • ・最低限の編集機能が揃っている
  • ・無料版と有料版がありますが無料版でも高機能!
  • ・機能を購入し、追加できる


短所

  • ・日本語に未対応
  • ・ユーザーが少ない
  • ・インターフェースに慣れるまで時間がかかる

Mac用人気な動画編集ソフト8 :Shotcut

Shotcut

Shotcutは無料でありながら、エフェクタやフィルタ機能が充実しており、高品質な動画を作ることができます。インターフェイスのカスタマイズができるのも特徴です。カット、分割、結合、クロップ、回転&反転など基本的な編集機能がたくさん搭載されています。

長所

  • ・無料で全ての機能が利用できる
  • ・高度な編集機能が揃っている
  • ・OS(Mac、Windows)を選ばない


短所

  • ・ユーザーが少ない
  • ・インターフェースに慣れるまで時間がかかる

2.Mac対応動画編集ソフトの選び方

①動作環境

まずはインストールするパソコンのハード要件(OC、メモリ、CPUなど)を確認しましょう。ソフトによってはインストールできるOSが限られている、CPUやメモリが不足するとうまく動作しない場合があります。また、高画質の動画を編集し、書き出す場合はスペックの高いマシンが必要となります。 動作環境で確認する項目としては、OS、CPU、GPU、メモリ、ディスク、インターネットの有無などがあります。

目的

最終的に作る動画の目的を明確にしましょう。 機能が多ければ多いほど、操作が複雑になり、ソフト自体も高くなります。 どのような編集をしたいか、どんな動画を作りたいかを洗い出してみましょう。

価格

動画編集ソフトは有料と無料のものがあります。無料ソフトでも機能が十分に揃っていることがあるので、動画編集の目的を確認し、最低限の機能が揃っているソフトを選びましょう。 有料ソフトには無料で体験できる場合が多いので、購入する前に実際に使用してみて、ソフトの機能や使用感を事前に確認しておきましょう。

広く利用されている

動画編集ソフトは数多く存在します。ある程度ユーザが多い方が、ソフトの情報が多く、トラブルも解決しやすいことが多いです。マイナーなソフトではなく、広く認知されたソフトを選択する方がよいでしょう。

3.Mac動画編集ソフトを利用する場合よくある質問

①初心者に最適なMac動画編集ソフトは?

「Wondershare Filmora Mac」です。初心者はまずは動画編集に慣れることが大事です。本ソフトでは基本機能が揃っており、シンプルな画面で直感的に操作できるので迷いません。また、テンプレートを使ってシーンに合わせて動画を簡単に作れるのも魅力です。動画編集に慣れてきたら、プロ向けのソフトを試してみましょう。

②YouTuberに最適なMac動画編集ソフトは?

「Adobe Premiere」などのプロ向けの動画編集ソフトがよいでしょう。ソフトの価格は高いですが、その分高度な機能が揃っており、動画編集の幅が広がります。さらに、ユーザが多いため、編集方法・テクニックなどのチュートリアルが公開されています。もちろん、はじめて動画編集をする方は簡単に使える「Wondershare Filmora」や「iMoive」など初心者向けのソフトも試してもよいでしょう。

4.Mac用動画編集ソフトおススメ8選のまとめ

以上、Mac動画編集のおすすめソフト

  • ● Wondershare Filmora(Mac版)
  • ● Apple iMovie
  • ● Final Cut Pro X
  • ● Avidemux
  • ● Adobe Premiere Elements
  • ● Wondershare FilmoraPro(Mac版)
  • ● HitFilm Express
  • ● Shotcut

を紹介してきました。

今回ご紹介したMac動画編集ソフトを使用すればクオリティの高い動画を作成することができます。自分のスキルや目的に沿ったものを選択して使用してみてください。

関連記事:Macで使える動画文字入れソフトまとめ5選>>

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード

Mac用動画編集・動画作成ソフトおすすめ!

author

fukuda

編集長

0 コメント

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

• 動画編集ソフト
1.1 動画編集ソフト12選
1.2 Windows10用動画編集ソフト5選
1.3 Mac動画編集ソフト8選
1.4 人気ソフトランキング
• 各形式の動画を編集
2.1 MP4動画を編集
2.2 4K動画を編集
2.3 AVCHD動画を編集
2.4 WMV動画を編集
2.5 MKV動画を編集
2.6 AVI動画を編集