×

概要

Wondershare Filmora Mac版(旧Wondershare Filmora 動画編集 Mac版)」に関心をお持ちいただき、ありがとうございます。Filmoraは、使いやすい最先端の動画編集ソフトで、初心者でもほんの数ステップで素敵で格好のよい動画を作成できます。Wondershare Filmora Mac版(旧Wondershare Filmora 動画編集 Mac版)を使うと、新規動画プロジェクトの作成、動画のインポートと編集、特殊なエフェクトやトランジションの追加があっという間にできます。編集結果は、DVD、携帯デバイスにエクスポートしたり、YouTube、Facebook、Vimeoなどのソーシャルメディアで直接共有することもできます。下の動画では、Filmoraの全体像がお分かりいただけます。

Wondershare Filmora Mac版(旧Wondershare Filmora 動画編集 Mac版)の概要

Wondershare Filmora Mac版(旧Wondershare Filmora 動画編集 Mac版)は、Windows版とは異なり、動画編集モードは1つです。自由にカスタマイズ可能なタイムライン編集機能で、シーンの配置、クリップの編集などの動画編集が行え、目を見張るような動画を仕上げることができます。

Filmoraを起動したら、まず、モードを選択します。プロジェクトを開始するときは、動画の画面の縦横比(4:3または16:9)を正しく選択してください。

画面の縦横比

基本的なワークスペースとして、以下のようなインターフェイスが表示され、配置、編集、メディアファイルへのエフェクトの追加などが行えます。このガイドでは、これらの部分が「Wondershare Filmora Mac版」で動画編集を行うときに、どのような役割をするかを説明していきます。

メインインターフェイス

1
メディアライブラリ: ライブラリには、動画クリップ、写真、音楽など、使用できるすべてのメディア素材が置かれています。タイトル、トランジション、エフェクト、PIPステッカー、イントロやクレジット、画面分割モードなども置かれています。
2
ツールバー: ツールバーを使うと、録画、ナレーション、分割、クロップ、回転などの多くの編集コマンド、パワーツールやインスペクターを簡単に実行できます。プロジェクトの表示方法の変更、タイムラインのズームインやズームアウトが行えます。編集を効率的に行うためのツールも配置されています。
3
タイムライン/ストーリーボード: タイムラインまたはストーリーボードは、動画プロジェクトに使われるメディアクリップを組み立てる場所です。右下にあるツールバーをドラッグすると、タイムラインの表示をコントロールできます。また、[タイムラインに合わせるためにズームする]ボタンをクリックすると、タイムライン内のすべてのメディアファイルの表示を調整できます。左下のタイムラインまたはストーリーボードモードをクリックすると、タイムラインビューとストーリーボードビューを切り替えられます。
4
プレビューウィンドウ: プレビューウィンドウでは、タイムラインまたはストーリーボード上にある現在の動画を再生できます。[スナップショット]ボタンをクリックすると、フレームを画像としてメディアセクションに自動的に保存できます。また、[フルスクリーン]ボタンをクリックすると、全画面で動画をプレビューできます。

Mac版をダウンロード    Win版をダウンロード