概要

Wondershare Filmora9 Mac版 は、ほんの数ステップでクリエイティビティにあふれ、洗練された動画を作成できる動画編集ソフトウェアです。Filmora9 では、多くのエフェクト、トランジション、アニメーション タイトルを、最大100 個までの動画トラックがある使いやすいタイムラインにドラッグ&ドロップすることができます。詳しくは、動画をご覧ください。

注: これはFilmora9 Mac版の最新のユーザーガイドです。V8.5以前のバージョンを使用している場合は、このPDFガイドを確認してください。

Filmora9のダウンロードはこちらへ:

Mac版をダウンロード    Win版をダウンロード

概要

filmora 9 macインタフェース

新規プロジェクトを作成する

新しい動画プロジェクトの作成を最初から行う場合は [新しいプロジェクトを作成] をクリックします。

既存のプロジェクトを開く

コンピューターに保存されているプロジェクト (.wfp ファイル) を開くには、[既存のプロジェクトを開く] をクリックします。

プロジェクトライブラリ

プロジェクトライブラリには、最近使ったプロジェクトが変更日時順に表示されます。プロジェクトを開くには、そのプロジェクトをダブルクリックします。ウィンドウの右側にあるゴミ箱アイコンをクリックして、プロジェクトを削除することもできます。

検索バーにプロジェクト名を入力して、特定のプロジェクトを見つけることもできます。

編集インターフェイス

編集インターフェイス

  • メディアライブラリ:動画クリップ、写真、音楽など、すべてのメディアを見つけることができる場所です。動画プロジェクトで使用できるトランジション、エフェクトやその他多くの素材が保存されています。
  • ツールバー:ツールバーを使うと、多くの編集コマンドに簡単にアクセスできます。タイムライン上でズームイン/ズームアウトしたり、「カット」や「速度」などのツールにアクセスできます。
  • タイムライン/ストーリーボード:タイムラインは、動画プロジェクトのメディアやエフェクトを組み合わせる場所です。右下のスライダーをドラッグして、タイムライン ビューをコントロールすることができます。
  • プレビュー ウィンドウ:

プレビュー ウィンドウでは、タイムライン内の動画が表示されます。プレイヘッドの位置は、右下のタイム コードに表示されます。タイム コードを入力して、動画の特定の位置を表示することができます。スナップショット ボタンもあり、フル解像度の静止フレームを保存して画像としてメディアライブラリに追加することができます。