Filmora
Filmora - AI動画編集アプリ
強力でシンプルなビデオ編集アプリ
入手

ドローン免許制度について

ドローン空撮動画を編集するならFilmora
  • 直感性で水準高く編集できる
  • AIスマートカットアウト機能
  • 3D LUT色調整機能
  • 百万超えの素材ストック
無料ダウンロード

ドローン免許とは?ドローン免許制について徹底解説

fukuda
fukuda リリース日: Jul 31, 23, 更新日: Dec 29, 23

空中から、普段は決して見られない景色が撮影できるドローン。

一般人でも手軽に空撮ができる、すごい時代になったなと感じる方も多いのではないでしょうか?

そんなドローンですが、2022年12月5日より国家資格「無人航空機の操縦者技能証明制度(操縦ライセンス制度)」が施工されました。

なんとなくドローンに興味がある方なら、操縦ライセンス制が始まったのは知っている方も多いでしょう。

この記事では、そんなドローン免許に関する、細かい制度の概要や、自動車の運転免許証のように必ず必要なのか、というような疑問点について、わかりやすく解説していきます。

目次
  1. ドローン免許とは
  2. ドローン免許取得の概要
  3. ドローン空撮動画のメリット
  4. 【ドローン空撮動画】おすすめ動画編集ソフト
  5. まとめ
ドローン空撮動画におすすめの動画編集ソフトFilmora!
● AIスマートカットアウト機能
● 3D LUT色調整機能
● 自動字幕起こし機能
Wondershare Filmora 12

Part1. ドローン免許とは

ドローン免許

出典:「レベル4の実現にむけた新たな制度整備等」ー国土交通省

これまで国内におけるドローンの資格は

  • JUIDA認定資格
  • DPA認定資格
  • IAU認定資格
  • DJI CAMP認定資格
  • ドローン検定

といった民間資格のみでしたが、2022年12月5日より、国家資格として「無人航空機の操縦者技能証明制度(操縦ライセンス制度)」が施工されました。

既存の民間資格が廃止や、無意味になる事はありませんが、民間資格を持っているからこそのメリット(講習が短くて済む、優先的に講習が受けられる等)も存在するため、既に民間資格を取得済みの方もご安心ください。

国家資格「無人航空機の操縦者技能証明制度(操縦ライセンス制度)」は、「レベル4飛行」を可能とすることを目標に創設された資格です。

レベル4飛行とは「有人地帯における目視外飛行」を指し、例えば、人通りの激しい東京・新宿の上空をドローンが目視外で飛行している。というのは2022年11月以前では法律上あり得ませんでした。

しかし、「一等無人航空機操縦士」の資格を取得すれば上記のような飛行は可能となります。(申請は必要)

将来的には無人による貨物配達なども視野に、今後ますます活躍すると予想される資格です。

参考:無人航空機レベル4飛行ポータブルサイトー国土交通省

1-1.ドローンを飛ばすには必須?

「普通自動車第一種運転免許」などと異なり、基本的にドローンを飛ばすだけという条件なら、運行ルールを守れば国家資格は必須ではありません。

ドローン飛行にはレベルが設定されており、レベルによって飛ばせる条件や、飛ばせる場所が変わります。(年々変動しています。)

ドローンを飛ばす
レベル1 目視内での操縦飛行
レベル2 目視内での自動/自立飛行
レベル3 無人地帯での(補助者なし)目視外飛行
レベル4 有人地帯での(補助者なし)目視外飛行

出展および参考:無人航空機レベル4飛行ポータブルサイトー国土交通省

そのうち、国家資格(一等資格)が必要になるのは、現状レベル4のみであり、民間資格によるライセンス保有者、または、二等資格保有者は運行ルールに従えば、レベル3までは飛行が可能です。

ドローン空撮動画におすすめの動画編集ソフトFilmora!
● AIスマートカットアウト機能
● 3D LUT色調整機能
● 自動字幕起こし機能
Wondershare Filmora 12

1-2.民間資格との違い

民間資格でも資格によって、レベル3飛行が可能です。

では、「二等資格」と民間資格にはどのような違いがあるのでしょうか。

実は、二等資格保有者は、民間資格保有者が”飛行は可能”だが、”許可承認”が必要であった、以下の飛行形態及び場所における許可承認が不要となります。(一等資格同様にドローンの機体認証が必要)

  • DID地区上空
  • 目視外飛行
  • 夜間飛行
  • 人、物との距離30m未満

ただし、

  • 空港周辺
  • 高度150m以上
  • イベント上空
  • 危険物輸送
  • 物件投下

以上に関しては、二等資格保有者でも引き続き許可・承認が必要です。

民間資格で許可・認証が必要だった全ての飛行形態で許可承認が不要となるわけではないので注意してください。

Part2.ドローン免許取得の概要

操縦ライセンス制度の概要が大まかに理解できたところで、資格取得の概要についても見ていきましょう。

実は自動車免許の取得と良く似た流れですよ!

2-1.操縦ライセンス制度の免許取得方法

ドローン国家資格の取得には二通りの方法が存在します。

  1. 国土交通省認定ドローンスクールの講習・実地修了試験合格後、指定試験機関で身体検査/学科試験に合格する
  2. 一発試験

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.国土交通省認定ドローンスクールの講習・実地修了試験合格後、指定試験機関で身体検査/学科試験に合格する

国土交通省に認定されたドローンスクールにおいて講習と実地終了試験に合格し、別途指定試験機関で、身体検査と学科試験に合格するのが、資格取得の王道ルートとなります。

国土交通省認定のドローンスクール(登録講習機関)における講習時間は以下の通りです。

二等無人航空機操縦士
経験者 初級者
実地 2時間以上 10時間以上
学科 5時間以上 10時間以上
一等無人航空機操縦士
経験者 初級者
実地 10時間以上 50時間以上
学科 9時間以上 18時間以上

経験者か初級者かで、大きく必要な講習時間が変わりますね。

初級者の方の場合は、まず民間資格を受験した上で経験者として受験する手もあるでしょう。

ドローンスクールで講習→指定試験機関で受験という一連の流れは、自動車学校に通い、免許センターで学科試験に合格するという自動車やバイクの免許取得と非常に似ていますね。

ドローン空撮動画におすすめの動画編集ソフトFilmora!
● AIスマートカットアウト機能
● 3D LUT色調整機能
● 自動字幕起こし機能
Wondershare Filmora 12

2.一発試験

こちらも自動車やバイクの試験と同様にスクールを経由しない「一発試験」も用意されています。

既に別途民間資格も取得しており、操縦経験も豊富で腕に自信がある方はこちらの受験方法も視野に入るでしょう。

内容としては、

  • 実地試験
  • 身体検査
  • 学科試験

の三項目に指定の試験会場で挑めます。

ただし、受験料が高額であり、不合格の場合も細かい理由を教えて貰うことはできないので、回数がかさむと、スクールに通っていた方が安かった。という結果も充分考えられる為注意してください。

2-2.取得にかかる費用

実際に国家資格を取得し、ドローンの飛行をおこなうには以下4つの費用が必要になります。

  • ドローンスクールの講習受講料
  • 試験受験料
  • 無人航空機操縦者技能証明書交付手数料
  • 機体認証手数料

ドローンスクールの講習受講料

ドローンスクールの講習受講料に関しては、自動車教習所と同様に、スクールによって差があります。

また、経験者か初級者かによっても受講時間同様受講料も変動します。

以下はあくまで目安としてお考えください。

二等資格 一等資格
初級者 30〜40万円 50〜70万円
経験者 10〜20万円 40〜50万円

ちなみに一等資格の場合は、前述の通り、過去に許可されていなかった飛行形態を可能にする資格となっているため、今後も含めて金額は変動することが予想されます。

試験受験料

指定試験機関における試験にも受験料がかかります。

スクール経由の場合

  • 一等資格:15,100円
  • 二等資格:14,000円

また、一発試験の場合

  • 一等資格(基本):37,300円
  • 二等資格(基本):34,400円

※限定変更の種類によって価格変動

無人航空機操縦者技能証明書交付手数料

証明書の交付には一律3,000円が必要です。

機体認証手数料

使用するドローンについても、国土交通省の認証を受ける必要があり、ドローン1機ごとに認証手数料がかかります。

細かく分類されており、最大1,592,200円最小2,450円と、ドローンによって大きな差があります。

詳しくは国土交通省の発行している無人航空機の機体認証の手数料額をご覧ください。

ドローン空撮動画におすすめの動画編集ソフトFilmora!
● AIスマートカットアウト機能
● 3D LUT色調整機能
● 自動字幕起こし機能
Wondershare Filmora 12

Part3.ドローン空撮動画のメリット

ここまで、ドローン免許について、詳しく解説してきました。

まだ、ドローンを実際に飛ばしたことがないという方のために、この章ではドローン空撮のメリットについてご紹介します。

主なメリットは以下の4点です。

  1. 通常撮れない風景が撮影できる
  2. 動画のインパクトが増大
  3. 位置関係が理解しやすい
  4. 空撮コストが圧倒的に安い

メリット①通常撮れない風景が撮影できる

撮れない風景の撮影

通常生活していて決して見られず、撮影もできない角度から風景が撮影できます。

例えば、いつも何気なく眺めている山や海でも、上空50メートルから撮影すると、驚くほど景色が変化し、感動できるでしょう。

また、ドローンの場合、等身大の始点から一気に上空まで上昇する視点の撮影も可能です。まるで鳥になったかのような視点が味わえるのはドローン空撮の醍醐味でしょう。

メリット②動画の印象度が増大

動画の印象度が増大

通常のカメラでは撮影できない空撮動画は動画の印象を大きく増大します。

いつも編集している動画に、ワンカット挿しこむだけで、視聴者の感じる印象が、非常に大きく、ハイクオリティに増大するでしょう。

メリット③位置関係が理解しやすい

位置関係の理解

被写体同士の位置関係や、全体像が視聴者に伝わりやすい点も大きなメリットです。

通常の動画撮影では、被写体の視線から平面的な図しか描けませんが、ドローン空撮を活用すれば、俯瞰の絵が撮影できます。

プロモーション系の動画でも、施設の全体像を見せたり、荘厳な景色を表現したりすることで、印象アップがはかれるでしょう。

メリット④空撮コストが圧倒的に安い

空撮コストが安い

ヘリコプターや、セスナによる空撮と比較して、コスト面で圧倒的に安い点もメリットです。

実は、空撮はドローンが一般的になるずっと以前から企業CMや、ドラマ、映画などで使用されています。

しかし、これらはヘリコプターなどから大きな予算を割いて撮影されていました。

ドローンが普及した現在では、コストを大幅におさえられ、個人のユーチューバー等でもドローン一機で空撮ができます。

関連記事:

ドローン空撮のポイントとは?注意事項やおすすめの機材なども紹介!

4Kカメラ付きドローン5選をご紹介

ドローン空撮動画におすすめの動画編集ソフトFilmora!
● AIスマートカットアウト機能
● 3D LUT色調整機能
● 自動字幕起こし機能
Wondershare Filmora 12

Part4.【ドローン空撮動画】おすすめ動画編集ソフト

せっかくドローン空撮した動画は、かっこよく編集したいですよね。

ドローン空撮動画の編集にもっともおすすめの動画編集ソフトは「Filmora」というソフトです。

4-1.Filmoraとは

Filmoraは「直感性×高度機能」という一見矛盾した2要素の調和を実現したハイブリッド動画編集ソフトです。

多くの有料動画編集ソフトは、
・性能は高いが操作が難しく、学習コストと時間がかかってしまう
・直感的な操作ができるが、初心者向きで簡単な編集しかできない

これらいずれかに該当します。

一方でFilmoraの場合は直感性と動画編集ソフトとしての搭載機能、どちらの水準も非常に高く、動画編集初心者の方から、プロの編集者まで幅広く愛用者がいるソフトです。

4-2.Filmoraのおすすめ機能4選

Filmoraの大きな特徴の一つは高度な機能が多数搭載され、動画編集効率が非常に良い点です。

そこで、この章では、搭載されている機能の内、特におすすめの機能について4つ紹介します。

自動字幕起こし機能

自動字幕起こし機能

動画内音声がワンクリックで自動字幕テロップ化できる機能です。

動画内に既に音声がある場合はもちろんですが、テロップ作成前にナレーションを録音し、自動字幕起こし機能を経由することで、話した内容がそのまま字幕テロップに変換できる画期的な体験ができるでしょう。

AIスマートカットアウト機能

AIスマートカットアウト機能

被写体をざっくり指定するだけで、動画内で追従、簡単に背景の切り抜きや被写体の合成ができる機能です。

ドローン空撮時に映り込んだ不要オブジェクトも一瞬で消去できますよ!

テキスト読み上げ機能

テキスト読み上げ機能

動画内のテロップを自動認識し、AIボイスが生成できる機能です。

速度やピッチの細かい設定も可能となっており、ドローン空撮動画を公開したいがプライバシーが気になる。という方も安心して音声ナレーションを動画につけられます。

また、自動字幕起こし機能で作成したテロップをテキスト読み上げ機能でナレーションすれば、自動で「テロップ作成+ナレーション追加」ができてしまいますよ!

ChatGPT機能

ChatGPT機能

今話題になっている人工知能「ChatGPT」がソフト内に内蔵されています。

動画のあらすじや台本、YouTubeの概要欄作成など、動画編集以外の箇所についても効率化できるでしょう。

Part5.まとめ:ドローン資格は現状”絶対”ではない

この記事では2022年12月5日より開始した国家資格「無人航空機の操縦者技能証明制度(操縦ライセンス制度)」について、現段階の概要や詳細を解説しました。

また、後半は資格取得の目的になるであろう、ドローン空撮にフォーカスし、ドローン空撮のメリットや、おすすめ動画編集ソフトについて紹介しました。

結論として、現状、自動車免許証のように絶対必要な資格ではなく、あくまで「レベル4」撮影が必要な方に推奨される資格です。

最後に、新しいことを始める際は調査も当然重要ですが、一歩を踏み出すことが何より大切です。

本記事で最後に紹介した動画編集ソフト「Filmora」は、直接ロイヤリティフリー素材が使い放題の連携外部ストックサービスにアクセス/利用が可能となっており、素材の中には空撮動画も多数公開されています。

ドローンをまだ購入していない方も、まずはFilmoraを無料ダウンロードし、空撮動画をインポートして、編集のイメージを膨らましてみてはいかがでしょうか?

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
fukuda
fukuda Dec 29, 23
記事をシェアする: