Filmora
Filmora - AI動画編集アプリ
強力でシンプルなビデオ編集アプリ
入手
#Filmoraハイライト

3D Lutsで色調整

  • カラーエフェクトのような感覚で使える!
  • 3D LUTカラープロジェクトのインポート可能
  • 100種類以上のLUTからクリック選択
  • LUTの強度を簡単に調整しコントロール
Win 11 /Win 10 / Win 8 / Win7 (64 bit OS) | 動作環境
macOS 10.14 - macOS 14 (10.14 またはそれ以降| 動作環境) | Apple M1も対応

【 動画をシネマティックな色合いに 】

LUT(ルックアップテーブル)を使うことで難しいトーンカーブなどを使わずに動画の色調整ができます。
エフェクトを選ぶ感覚で Filmora の『3D LUT』を使ってみましょう!

選べる100種類以上のカラー

Filmora の『3D LUT』には100種類以上のLUTが用意されているため編集中の動画やシーンに合わせて最適なカラーを見つけることができます。

3D LUT インポートと使用

お気に入りの3D LUTをインポートすることで、映像の色をより理想に近づけることができます。映画のような雰囲気を高め、編集の幅も広がります。

動画に新しい演出を加える

単調な映像に、目を引く演出を加えるときはガラッと雰囲気を変える「LUT」を使ってみましょう。暗い、暖かい、ファンシー、氷のようなLUTを適用することで、動画のトーンと雰囲気を完全に変えることができます。

LUTの強度を細かく調整

各LUTの強度を調整することができます。LUTの強弱をつけることで色をより鮮やかにしたり、控えめにしたりして洗練された視覚調整を実現したり、魅力的な動画制作をサポートします。

『3D Luts』色の編集も自由に! | Filmora

3D LUTで映像の魅了を引き出す

vlogger uses Filmora 3d luts

Vlog / ブロガー

3D LUTを使用すればあなたのVlogにプロのタッチを加え「目を引く」動画を作ることができます。ドリーミー・レトロな雰囲気からモダンで大胆なルックまでチャンネルやキャラクターに最適な仕上がりになります。
filmmaker uses Filmora 3d luts

クリエイター

豊富なLUTを活用すれば、配色/トーン/ムードあなたの映画にぴったりの雰囲気を作り出せます。
video editor uses Filmora 3d luts

動画編集者

様々なカラーリングを自由に試すことができ、簡単なクリック操作で、暖かくノスタルジックな雰囲気から、クールでムーディーな色合いまで、映像の雰囲気を一変させることができます。
hobbist uses Filmora 3d luts

趣味の動画

LUTライブラリを活用すれば映像の色彩を微調整できます。メイクアップチュートリアル、料理ビデオ、DIYなど、Filmoraの3D LUTを活用することで、簡単にビジュアルインパクトを高めることができます。

< よくある質問 >

3D LUTはFilmoraのカラーグレーディングツールであり、映像に特定のルックを適用することができます。色温度、コントラスト、彩度など、映像の色に関連する要素を調整するために使用されます。
Filmoraで3D LUTを適用するには、LUTを適用したいクリップにドラッグ&ドロップするだけです。また、Filmoraの編集インターフェースのカラータブを使用してLUTを適用することも可能です。
Filmoraで独自の3D LUTを作成することができます。サードパーティのソフトウェアを使用してLUTを作成し、それをFilmoraにインポートしてプロジェクトで使用することができます。
Filmoraには、100点以上の3D LUTが含まれる豊富なライブラリが付属しています。また、デバイスからLUTを追加してアップロードすることも可能です。
はい、Filmoraでは、不透明度やブレンドモードの設定を使用して3D LUTの強度を調整することができます。これにより、効果を微調整し、映像に最適なルックを作成することができます。
はい、Filmoraの3D LUTは、MP4、MOV、AVIなどの一般的なフォーマットを含む、Filmoraがサポートするほとんどのビデオフォーマットと互換性があります。
はい、Filmoraでは、カラーグレーディングとカラーコレクションの両方に3D LUTを使用することができます。3D LUTを使用することで、映像に一貫性のあるプロフェッショナルなルックを実現することができます。
Filmoraで3D LUTにアクセスする方法は2つあります。1つ目は、エフェクトパネルの「フィルター&LUT」カテゴリーからアクセスする方法です。もう一つは、プロパティパネルの「色」>「ベーシック」タブにある方法です。

ビギナーも、上級者も、オールインワン
動画編集ソフト