おしゃれな動画を投稿したい

現在女子中高生を中心に人気を集めているのが、Mix Channel(ミクチャ)というライブ配信と動画投稿コミュニティアプリです。ミクチャアプリでは、スマートフォンで撮影した30秒以内の動画を投稿するコンテンツ「ミクチャ動画」があります。

動画を投稿したら、数多くの中から注目されて視聴数を伸ばしたいところです。そこで、ミクチャ動画をおしゃれに加工できるおすすめアプリを5つ紹介します。

Download Win Version     Download Mac Version

Part1. ミクチャ動画をおしゃれに加工するおすすめアプリ5選

より可愛くておしゃれなミクチャ動画を投稿する為に、音楽や特殊効果などを加工するおすすめアプリをピックアップして5つ紹介します。

■ Magisto 動画エディタ&ムービーメーカー 無料

いくつかのムービーとプリセットのテーマとBGMを選択すると、編集や動画加工を自動で行うとても便利なアプリです。
「ラブ」や「思い出」などテーマが豊富なので、どんな動画でもプロ顔負けの仕上がりになります。
注意点としては、編集可能な動画の長さが限られる事です。

■ VUE 無料

個性的なフィルターにより、まるで映画の様なモンタージュ動画を撮影する事が出来ます。
リアルタイムの風景を撮影できて、保存動画にシーン毎のテキストや、無料で使える音楽をBGMにすると簡単にオシャレなムービーに仕上がります。
注意点としては、テキストのカラーが白のみで明るい色の動画では見え難くなります。

■ PicPlayPost 無料

自分のスマートフォンに保存されている動画、写真、音楽を使って複数の動画を並べたコラージュムービーを作成します。
コラージュ動画は連続、同時、ループといった各再生スタイルに対応しているのでアイディア次第で楽しい仕上がりになります。
注意点としては、You Tubeの動画は著作権保護されている場合は使用出来ません。

■ VivaVideo 無料

写真ムービー機能によって、スマートフォンのアルバムから写真を選択してテーマを設定すると動画が完成します。
「編集」には、テキスト/ステッカー/トランジション/特殊効果/フィルターと充実の機能により思い通りの編集が実現します。
注意点としては、動画のウォーターマークの削除には有料課金の支払いが必要です。

■ Quik 無料

スマートフォンで撮影した写真を5枚選択すると、アプリがショートムービーを自動作成します。
写真に最適な音楽を選択する事でイメージ通りの仕上がりになります。
ミクチャ動画やInstagramなど、アップロード先に合わせて再生時間を調節します。
注意点としては、音楽の再生箇所などにより動画のスタイルが変わる事です。

ミクチャ動画で注目されたい

ミクチャに動画を投稿する時は、今回紹介したアプリでオシャレに加工して下さい。続いては、PC用動画加工ソフト「「Filmora(旧名:動画編集プロ)」」を紹介します。

今回紹介した5つのミクチャ動画を加工するアプリは、どれも簡単操作でありながらおしゃれな動画に仕上げる編集機能を搭載しています。
アイディアを活かして、オシャレなムービーをミクチャ動画に投稿して下さい。

Part2. 動画加工ソフト「Filmora」を紹介

数あるPC用の動画加工ソフトの中で、皆さんにお薦めしたいのはWondershare社の「Filmora(旧名:動画編集プロ)」です。豊富なテキストや音楽を用意していて、直感的なデザインと分かり易い操作性でどなたでも動画編集が楽しめます。

Download Win Version     Download Mac Version

2つの編集モード

簡単編集モードと多くの編集機能を搭載した高度編集モードが選べます。作成したい動画によって、モードを選択して下さい。

豊富な編集機能

動画に変化を与えるズームイン・アウト&パン、動画の繋ぎ目をスムーズにするトランジション、音楽などでイメージ通りの動画に仕上げます。

操作はドラッグ&ドロップとタイムラインにおいて、前後にドラッグするだけで編集メニューを適用出来ます。
画面右側のプレビューウィンドウで、動画の仕上がりが確認出来るので失敗しません。

動画編集に挑戦したいけれど難しそうと悩む方に、まずは無料体験版をインストールして「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の使いやすく高度な編集機能を体験してみて下さい。
無料体験版で編集した動画のウォーターマークを除去するには、製品版を購入して保存した動画を開いて製品登録してから動画を再出力して開きます。

「Filmora (旧名:動画編集プロ)」の操作ガイド

Download Win Version     Download Mac Version