X
filmora logo
Filmora-動画編集アプリ
APP Storeからダウンロード(無料)
Google Playからダウンロード(無料)
入手
クラウドワークスで動画編集の仕事は受注できる?
クラウドソーシングのコツも解説

クラウドワークスで動画編集の仕事は受注できる?クラウドソーシングのコツも解説

fukuda
fukuda リリース日: Sep 21, 22, 更新日: Sep 27, 22

「クラウドワークスで仕事を受注したいけど、応募しても返信がない。どうすればいいかわからない」

このような悩みにお答えします。

クラウドワークスやランサーズのような「クラウドソーシング」で動画編集の仕事を受注するのは、近年では当たり前の時代になりました。

誰でも簡単に応募できるうえ、仕事を受注しやすいことが、クラウドワークスの魅力です。

しかし、応募方法や提案方法を間違えると、仕事を受注するのは難しいでしょう。そのため、クラウドワークスで仕事を受注するコツは理解しておくことを推奨します。

本記事では、クラウドワークスで動画編集の案件を受注する方法や、案件を受注するコツや注意点について解説します。

「クラウドワークスで案件を受注したい!」と考えている方は、本記事を参考にしてください。

目次

Part1. クラウドワークスとは

クラウドワークスとは、先述した通り、仕事を発注したい人と受注したい人を繋げるプラットフォームのことであり、「クラウドソーシング」と呼ばれています。

動画編集に限らず、WebライターやWebデザイン、イラスト作成など、クラウドワークスではさまざな案件が発注されています。

実績作りとして利用する人もいれば、クラウドワークスで月100万円以上稼ぐフリーランスも多いです。なので、クラウドワークスは、これから先のビジネスツールとして必要不可欠なサービスといえるでしょう。

1.1.クラウドワークスとランサーズの違い

クラウドワークスと近いサービスには「ランサーズ」というクラウドソーシングがあります。両サービスとも仕事の発注者と受注者を繋げるサービスなので、クラウドワークスとランサーズに大きな違いはありません。

ただし、発注されている案件の数は、クラウドワークスの方が多い傾向にあります。

クラウドソーシング

発注企業数

案件受注者

クラウドワークス

約670,000社

約4,100,000人

ランサーズ

約460,000社

約1,290,000人

参考:クラウドワークス会社案内
参考:Shared Research

上記の表を見てわかる通り、クラウドワークスで案件を発注する企業は、ランサーズよりも多いです。そのため、クラウドワークスの方が案件数は多くなります。

おすすめ記事:ココナラで動画編集の案件を受注する方法?コツや注意点も解説!

Part2. クラウドワークスの動画編集案件とは

クラウドワークスには、動画編集だけでもさまざまなジャンルの仕事が用意されています。

具体的には、下記の通りです。

  1. YouTube動画編集
  2. 広告動画作成・編集
  3. ウェディング動画作成
  4. プロモーション動画作成
クラウドワークスの動画編集案件

単価は案件によって大きく異なります。

クラウドワークスの動画編集案件

上記の案件は、初心者でも受注できる案件です。YouTube動画編集で、1本3000円の案件なので、高額案件とはいえないでしょう。

しかし、動画編集は実績を積み重ねると受注できる案件単価も高くなります。

Part3. クラウドワークスで動画編集の案件を受注する

ここからは、クラウドワークスで動画編集の案件を受注する方法について解説します。

クラウドワークスで動画編集の案件を受注する方法は、以下の通りです。

  1. プロフィールを充実させる
  2. ポートフォリオを作る
  3. 応募文を工夫する

それぞれ順番に解説します。

3.1.プロフィールを充実せる

クラウドワークスで仕事を受注するなら、プロフィールを充実させましょう。なぜなら、発注者はワーカー(受注者)のプロフィールをしっかりと確認しているからです。

発注者は常に「信頼できる人に仕事を依頼したい」と考えています。ワーカーのプロフィールが充実していない場合、動画編集のスキルが高くても、案件の受注は困難です。

なので、クラウドワークスのプロフィールには、以下の項目を記載するとよいでしょう。

  1. 簡単な自己紹介
  2. 実績
  3. スキル
  4. 得意ジャンル
  5. 使用ソフト
  6. 仕事で気をつけていること

上記項目を意識して、魅力的なプロフィールを作成してください。

3.2.ポートフォリオを作る

ポートフォリオとは、あなたが作成した動画作品集のことです。ポートフォリオを作成するだけで、あなたにどのようなスキルがあるのか、発注者は短時間で理解できます。

実績がない人は、自分で動画を作成して、ポートフォリオを充実させてください。仕事で動画を作成した経験のある方は、作成した動画のURLを記載するとよいでしょう。

また、作品の下に「動画編集で意識したこと」や「使用しているスキル」などを記載するとわかりやすいポートフォリオになります。

自分の作品を伝えるのはもちろん、読み手に見やすいポートフォリオを意識してください。

3.3.応募文を工夫する

応募する際は、以下の項目を意識するとよいでしょう。

  1. 自分のスキル
  2. 得意ジャンル
  3. 案件を受注できる理由

クラウドワークスには、定型文で案件に応募する人が多く見られます。しかし、発注者からすると、定型文で応募したワーカーに対して、好印象は抱きません。

ポートフォリオと同様、応募文を書く際は、読み手の求めている情報を記載するとよいでしょう。

Part4. クラウドワークスで動画編集の案件を受注する2つのコツ

ここでは、クラウドワークスで動画編集の案件を受注するコツについて解説します。ちょっとの工夫で案件の受注率はグッと高くなるので、活用してください。

クラウドワークスで動画編集の案件を受注するコツは、以下の2つです。

  1. 発注者の分析をする
  2. 求められている作品をポートフォリオに入れる

それぞれ順番に解説します。

1.1.発注者の分析をする

発注者の分析とは、具体的に以下の項目が挙げられます。

  1. 発注者の課題・悩み
  2. 発注者が求めるスキル
  3. 発注者が求める人材

たとえば、以下の例をみてみましょう。

クラウドワークスの動画編集案件:発注者の分析をする

上記の場合、発注者は「責任を持って仕事を完遂してくれる人」を求めているのがわかります。そのような発注者に対して、スキルをアピールしても、相手の心には刺さらないでしょう。

上記の例のように、発注者の悩みを理解すれば、案件を受注できる確率は飛躍的に高くなります。

案件の内容だけ見るのではなく、発注者のプロフィールまで目を通してから、仮説を立てて応募するとよいでしょう。

1.2.求められている作品をポートフォリオに入れる

発注者によって、求めるスキルは異なります。

クラウドワークスの動画編集案件作品をポートフォリオに入れる:

上記の案件は「縦長の動画」を作れる動画クリエイターが求められています。この案件に応募するなら、縦長動画を作成して、ポートフォリオを充実させます。

つまり、発注者に合わせてポートフォリオを作りかえることが、クラウドワークスで動画編集の案件を受注するコツ、といえるでしょう。

Part5. クラウドワークスで動画編集の仕事を受注するならFilmoraがオススメ!

filmora

クラウドワークスで動画編集の案件を受注するなら、Filmoraという動画編集ソフトがおすすめです。

なぜなら、Filmoraは動画編集に慣れていない人でも直感的に使用できるので、質の高い作品を簡単に作成することが可能だからです。

動画編集初心でも短期間で使いこなせるので、魅力的なポートフォリオも簡単に作成できるでしょう。

Filmora2

Filmoraには、動画編集に使えるエフェクトやトランジションがたくさん用意されています。用意されている素材を活用すれば、クオリティの高い作品を短時間で仕上げることが可能です。

そのため、クラウドワークスで受注できる案件の幅を広げられるでしょう。

WondershareのYouTubeチャンネル

参考サイト:Wondershare YouTubeチャンネル

Filmoraを開発した世界的有名企業「Wondershare」のYouTubeチャンネルには、Filmoraの使い方を詳しく解説している動画が用意されています。

テクニックの応用方法も解説しているので、YouTubeチャンネルを見るだけでプロの動画クリエイターになれるでしょう。

質の高い動画をクライアントに納品して、継続案件を獲得したい方は、Filmoraをぜひ活用してください。

Filmoraの優れた機能を紹介

ここでは、Filmoraの優れた機能を紹介します。クラウドワークスの案件受注に役立つ機能なので、ぜひ利用してください。

自動字幕起こし

自動字幕起こし

自動字幕起こしとは、動画内の音声を自動でテキストにする機能のことです。YouTube動画の編集では、フルテロップを求められるケースが多くあります。

そのような案件を受注した場合、音声を耳で確認して入力すると膨大な時間がかかります。しかし、Filmoraの自動文字起こし機能を活用すれば、1〜3分で音声をテキストにすることが可能です。

作業時間の短縮に使える機能なので、ぜひ活用してください。

Filmoraの無料ダウンロードルートはこちら

デザイン文字

デザイン文字

Filmoraには、装飾されたテキストがたくさん用意されています。デザイン文字を少しだけ加工すれば、あなただけのオリジナルテキストを作成できるでしょう。

また、発注者だけのオリジナルテキストを作成すると、継続案件を受注できる可能性がグッと高くなります。

先述した「自動字幕起こし」とあわせて活用すると、オリジナルテキストでフルテロップを作成できます。継続案件を受注できる可能性を高めるためにも、効率的にデザイン文字を利用しましょう。

マスク機能

マスク機能

マスク機能は、映像の中に違う映像を差し込んだり、動画上にモザイクをつけたりする際に使用する機能です。

一般的な動画編集ソフトのマスク機能は、使い方が難しく、動画編集初心者にはうまく扱えない可能性があります。しかし、Filmoraのマスク機能は直感的に使用できるので、初心者でも簡単に活用できます。

YouTube動画の背景にモザイクを入れたり、ワイプなどで使用する機能なので、ぜひ使いこなしてください。

Part6. 動画編集の仕事をクラウドワークスで受注する注意点

ここでは、クラウドワークスで仕事を受注する際の注意点について解説します。

仕事を受注する際の注意点は、以下の通りです。

  1. 虚無の実績を伝えない
  2. 連絡が来たら早めに返信をする

順番に解説します。

1.1.虚無の実績を伝えない

クラウドワークスには、案件を受注したいと考えるあまり、嘘の実績を伝える人が稀に見られます。嘘の実績で案件を受注しても、発注者が求める成果物を納品できない場合、トラブルになる可能性が高いです。

また、運営に報告されてアカウント停止になった事例も見られます。発注者に実績を伝えるときは、本当の実績だけを伝えてください。

1.2.連絡が来たら早めに返信をする

レスポンスのスピードは、発注者の評価につながります。また、案件を受注できてからも、レスポンスは早くしてください。

目安としては、連絡がきて3時間以内に返信できるとよいでしょう。

どうしても返信する時間を確保できない場合は、「この期間は返信が遅くなる」と事前に伝えておくか、のちほど折り返す旨を先に伝えておきましょう。

まとめ:クラウドワークスで動画編集の仕事を受注しよう!

本記事では、クラウドワークスで動画編集の仕事を受注する方法や案件を受注するコツ、受注する際の注意点について解説しました。

クラウドワークスで案件を受注するなら、ポートフォリオを作成して、提案文を工夫してください。

また、クラウドワークスで質の高い作品を納品するなら、Filmoraを推奨します。

動画編集に自信のない人でも、Filmoraの直感的な操作性を体感すると「自分でももっとできるかも!」感じるでしょう。

基本的な機能はすべて無料で体験できるので、Filmoraの素晴らしさを、ぜひ実感してください。

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
fukuda
fukuda Sep 27, 22
記事をシェアする: