Filmora
Filmora - AI動画編集アプリ
強力でシンプルなビデオ編集アプリ
入手
動画マーケティングにおすすめの動画編集ソフトならFilmora
  • 🔥新機能:AI画像生成&ChatGPTが登場!
  • テキスト読み上げ機能&自動字幕起こし
  • オーディオエフェクト:ワンクリックでボイスチェンジャー

動画マーケティングとは?メリット・デメリットなどを解説!

fukuda
fukuda リリース日: Oct 21, 22, 更新日: Apr 29, 24

動画はマーケティングにおける1つの手段としても活用されており、実際に取り入れた企業もあります。ただ、どのようなものなのか具体的に把握していない方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、動画マーケティングの基本情報やメリット・デメリット、成功させるためのポイントなどを解説します。気になる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

ビジネス向けにおすすめの動画編集ソフト|Filmora
新機能:AI画像生成&ChatGPTが登場!
商用利用可能な動画素材が盛りだくさん
テキスト読み上げ&文字起こし機能が搭載
Wondershare Filmora 12

SNSビジネステンプレート
SNSビジネステンプレートが新登場!✨随時更新|Wondershare Filmora

Part1.動画マーケティングとは?

そもそも動画マーケティングとは、動画を使って集客やPR活動、販売戦略などを行うことです。動画マーケティングの目的としては主に3つあり、「認知獲得」と「興味・関心」、そして「購入・申し込み」です。

各目的によって情報の具体性が異なっており、認知獲得の場合は商品やサービスを知ってもらうことを優先としていることから、そこまで具体的にしなくても問題ありません。ただし、「購入・申し込み」の場合は視聴者にアクションしてもらうため、高い情報の具体性が求められます。

動画マーケティングとYouTubeマーケティングの違い

動画マーケティングとYouTubeマーケティングは、規模の大きさが挙げられます。動画マーケティングは動画を活用したマーケティングであるため、YouTubeだけではなく、他のSNSやサイト上の動画広告などへの展開も考えます。

一方でYouTubeマーケティングの場合、YouTube内でどのように展開するのか考えることがメインです。そのため、動画投稿だけではなく、チャンネルの運営やYouTube内でのSEO施策なども計画します。

動画マーケティングとSNSマーケティングの違い

動画マーケティングは動画を扱うマーケティングですが、SNSマーケティングはSNSをメインに考えるマーケティングです。SNSマーケティングで動画を使うこともありますが、動画だけではなく、SNS上で消費者とコミュニケーションをとったり、フォロワーを増やしたりなども考えます。

Part2.動画マーケティングのメリット

動画マーケティングには、7つのメリットがあります。簡単にまとめると、次のとおりです。

  • 短い時間で多くのことを伝えられる
  • コンバージョン率のアップにつながる
  • 幅広い層に伝えられる
  • ターゲティングしやすい
  • 効果検証がしやすい
  • コストを抑えられる
  • 配信先が豊富

それぞれどのようなメリットなのか、1つずつ見ていきましょう。

メリット1.短い時間で多くのことを伝えられる

1つ目のメリットは、短い時間で多くのことを伝えられることです。動画は短時間で多くの情報を伝えることができるため、具体的にどのような商品なのかユーザーへ伝えたい場合におすすめです。

また、多くの情報を伝えられるということは、ユーザーの内容理解も深まります。細かなニュアンスを伝えられるからこそ、ユーザーに対して細かいことまで情報を伝えたいと考えている方にも向いています。

メリット2.コンバージョン率のアップにつながる

2つ目のメリットは、コンバージョン率のアップにつながることです。動画では上記で紹介したように、多くの情報を短時間で伝えられます。その上、文章よりも伝えたいことをユーザーがイメージしやすいこともあり、商品の購入やサービスの利用などにつなげられます。

メリット3.幅広い層に伝えられる

3つ目のメリットは、幅広い層に伝えられることです。動画はTwitterやInstagram、TikTokなどのSNSと相性が良く、幅広い層に拡散できます。そうなれば、多くの人たちに動画を見てもらえるようになるため、商品やサービスなどの知名度向上につなげられるでしょう。

メリット4.ターゲティングしやすい

4つ目のメリットは、ターゲティングしやすいことです。SNSや動画共有サイトでは年齢や性別、地域などを絞って動画広告を展開できるため、狙っているターゲットに対して動画を見てもらえるように配信できます。

ピンポイントに配信できるからこそ、狙ったターゲットに対して情報をきちんと届けたいと考えている方におすすめです。

メリット5.効果検証がしやすい

5つ目のメリットは、効果検証がしやすいことです。動画マーケティングを活用していくためには、効果検証が欠かせません。SNSや動画共有サイトでは効果検証がしやすいようなサービスを提供しており、視聴率や再生率などをチェックできます。

例としてYouTubeの場合、YouTubeアナリティクスというものがあります。YouTubeアナリティクスでは再生回数や再生時間、ユーザー層などを把握でき、どのようなユーザーがどのくらい見ているのか把握することが可能です。

メリット6.コストを抑えられる

6つ目のメリットは、コストを抑えられることです。これまで動画を作るというのはお金のかかることでしたが、今は違います。

動画制作の低価格化となっていることから、動画を使ったマーケティングを始めやすくなっています。また、動画制作を内製化したり、動画共有サイトを使ったりすれば、さらにコストを抑えることが可能です。

メリット7.配信先が豊富

7つ目のメリットは、配信先が豊富なことです。現在ではYouTubeやTwitter、TikTokやInstagramなど、動画を配信できるプラットフォームが数多くあります。だからこそ、狙っているターゲット層に合わせて配信先を決められます。

ビジネス向けにおすすめの動画編集ソフト|Filmora
新機能:AI画像生成&ChatGPTが登場!
商用利用可能な動画素材が盛りだくさん
テキスト読み上げ&文字起こし機能が搭載
Wondershare Filmora 12

Part3.動画マーケティングのデメリット

動画マーケティングは幅広い層に伝えられたり、配信先が豊富だったりなどのメリットがあります。しかし、デメリットもあるため、そこまで踏まえた上で動画マーケティングを始めるかどうか考えましょう。簡単にまとめると、次のとおりです。

  • 専門的な知識を持つ人材が必要
  • 動画制作までの時間がかかる
  • 品質によって視聴者の評価が左右されやすい

こちらも1つずつ紹介します。

デメリット1.専門的な知識やスキルを持つ人材が必要

1つ目のデメリットは、専門的な知識やスキルを持つ人材が必要になることです。動画マーケティングを始めるためには、マーケティングの知識を持つ人材や動画制作ができる人材が必要です。

特に動画制作のスキルは重要であり、動画の質が悪いと商品やサービスなどのイメージ低下につながってしまいます。だからこそ、動画マーケティングを始める際は「高品質な動画をどう作るか?」ということを考えましょう。

デメリット2.動画制作までの時間がかかる

2つ目のデメリットは、動画制作までの時間がかかることです。質の高い動画を作る際には、どうしても時間がかかります。そのため、即効性を求めている方にはおすすめできません。特に長い尺の動画や高度な編集技術が求められる動画だと、完成するまでに数週間以上かかるかもしれません。

デメリット3.品質によってユーザーの評価が左右されやすい

3つ目のデメリットは、品質によってユーザーの評価が左右されやすいことです。別の項目で簡単に紹介しましたが、質の悪い動画だとユーザーが紹介されているものに対してネガティブな印象を持ってしまう恐れがあります。そうなると、商品の購入やサービスの利用といったことにつながらなくなるでしょう。

Part4.動画マーケティングを成功させるためのポイント

動画マーケティングは誰でも簡単にうまくいくものではありません。効果的な動画マーケティングを行うためには、いくつかのポイントがあります。

  • 目的やターゲットをハッキリさせる
  • 目的やターゲットに合う配信先を決める
  • 依頼する際は複数の会社を比較する
  • HHH戦略を活用する
  • 成功事例を参考にする

ポイントを覚えておくことで成功しやすくなるため、これから取り組もうと思っているのであれば、以下の内容を踏まえて取り組んでみましょう。

ポイント1.目的やターゲットをハッキリさせる

動画マーケティングに取り組む目的やターゲットがあいまいな状態だと、失敗する可能性が非常に高くなります。反対に目的やターゲットがあれば、そのことを踏まえた上でマーケティングの内容を決められます。

また、目的やターゲットによって動画の内容も変わるため、必ず明確にすることが必要です。もしあいまいな状態のまま取り組めば、抽象的な内容の動画となってしまい、思うような効果が得られないでしょう。

ポイント2.目的やターゲットに合う配信先を決める

目的やターゲットが決まったら、その内容に合う配信先を決めましょう。例えば若い世代をターゲットとしている場合には、TikTokがおすすめです。TikTokは多くの若い世代が利用しているSNSであり、若者層に情報を届けたいと思っている場合にはぴったりなプラットフォームでしょう。

ポイント3.依頼する際は複数の会社を比較する

もし動画制作を外部に依頼しようと考えているのであれば、複数の制作会社を比較しながら決めましょう。制作会社によって得意なジャンルや料金、納期などが異なります。だからこそ、複数の制作会社に問い合わせてどこが一番良いのか比較しながら決めるのがおすすめです。

ポイント4.HHH戦略を活用する

動画マーケティングを始めようと思っているのであれば、HHH戦略を活用するのがおすすめです。そもそもHHH戦略とは、Google社が提唱しているYouTubeを活かした動画マーケティングの際に重要となる戦略です。

HHH戦略はHelp動画とHub動画、そしてHero動画の3つで構成されています。Help動画は、ハウツー動画やQ&A動画など、商品の使い方やサポートに関する情報を含む動画です。Hub動画はユーザーと企業をつなぐ役割を持つ動画で、コンバージョンにつなげられる動画です。

最後のHero動画は、商品やサービスの認知拡大を担うもので、バズる動画が当てはまります。それぞれ目的が異なるからこそ、適切な場所やタイミングで各動画を配信することで、動画マーケティングにおいて大きな効果をもたらしてくれるでしょう。

ポイント5.成功事例を参考にする

もしどのように動画マーケティングを展開すれば良いのであれば、他社の成功事例を参考にしてみるのがおすすめです。成功事例をチェックすることで、動画マーケティングを行う際のヒントが得られるでしょう。なお、具体的な成功事例に関しては、次の項目を読んでみてください。

関連記事:TikTokでバズる方法とコツ7選|企業実例や編集ソフトも紹介!

関連記事:ダイレクトマーケティングの手法とポイント|実例も交えて徹底解説

関連記事:Infographic - こんなに重要。動画マーケティング!>>

Part5.動画マーケティングの主な成功事例

動画マーケティング

動画マーケティングはさまざまな企業が行っており、成功した事例を複数あります。ここでは、KDDI株式会社やカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社など、6つの事例をピックアップして紹介します。

事例1.KDDI株式会社

KDDI株式会社は、桃太郎・金太郎・浦島太郎を主役にした独自のストーリーの中でauの新サービスやキャンペーンなどを紹介しています。質の高いストーリーだからこそ多くのユーザーが興味を持ちやすく、幅広い層に見てもらいやすくなっています。

事例2.株式会社ベルク

株式会社ベルクでは、採用PRとして動画を活用しています。こちらもストーリー形式で展開されていますが、就職活動に悩んでいる主人公ということもあって、ターゲット層が共感しやすいものとなっています。

事例3.日清食品株式会社

日清食品株式会社の動画といえば、強烈なインパクトが特徴です。芸能人やアニメなどとコラボしたり、1つの動画に画風が異なる映像を複数組み合わせたりなど、一度見たら忘れられないような動画を数多く公開しています。

事例4.カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社では、TSUTAYAの動画配信サービスを紹介する方法で動画を使いました。サービスを開始するときに動画をYouTubeやLINEなどで配信したことにより、短期間で再生回数を大きく伸ばしました。

事例5.野村不動産ソリューションズ株式会社

野村不動産ソリューションズ株式会社はユーザー参加型の動画マーケティングを実施し、YouTubeで再生回数を伸ばすことに成功しました。ユーザーも巻き込んだ動画マーケティングは、動画に対してユーザーが興味や関心を持ってもらえるきっかけになり、そこからコンバージョンへつなげることが可能です。

事例6.公益財団法人 日本財団

動画マーケティングは企業だけ活用できるものではありません。公益財団法人の日本財団 は、海と日本プロジェクトの一環として動画で魚のさばき方をメインに解説しています。

海と日本プロジェクトの動画の場合は世界観やカメラの撮影方法が統一されており、動画のブランディングにもつながっています。また、統一されているからこそ、他の動画もチェックしてみたいと思うようになり、ファンの獲得につなげられます。

Part6.動画は外部に依頼せず自分で作るのもおすすめ!

動画制作

動画制作に関しては外部に任せても問題ありませんが、自社で作ることも可能です。もしこれから動画マーケティングを始めようと考えているのであれば、内製化できるかどうかも考えてみましょう。

自分たちで動画を作るメリット

自分たちで動画を作るメリットとしては、いくつもあります。例えば動画制作に関するノウハウを社内の資産にできるため、部署やシーンを問わずに長期的な活用が可能です。

また、内製化できれば動画に関する打ち合わせを社内で行えるようになり、意思決定やスケジュール調整がスムーズになります。その結果、製作期間を短くできます。

初めて動画を作る方にはFilmoraがおすすめ!

もし自分たちで動画を作ろうと考えているのであれば、Filmoraを使うのがおすすめです。Filmoraは初心者でもハイクオリティな作品を作ることが可能であり、広告向けの動画も作成できます。

また、Filmoraの場合は豊富な機能が備わっており、自動で字幕を作ってくれる機能やエレメント機能などがあります。また、エフェクト自体も数多くそろっているため、目的やターゲットに合わせた理想的な動画を作れるでしょう。

Filmoraは有料ソフトで利用する際にはお金がかかりますが、無料で試せるバージョンもあります。そのため、一度試した上で自分に合うかどうか把握した上でFilmoraを購入できます。

Part7.動画マーケティングを活用して成果を出そう!

今回は、動画マーケティングの基本情報やメリット・デメリット、成功させるためのポイントなどを解説しました。動画マーケティングは動画を活用して集客やPR活動などを行う戦略のことであり、さまざまなメリットがあります。

また、実際に成功した事例も複数あるため、この機会に動画マーケティングを始めてみてはいかがでしょうか。

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
fukuda
fukuda Apr 29, 24
記事をシェアする: