動画マーケティングが避けられない時代、いまだに日本企業が動画を始められない理由

Mar 18,2020 • カテゴリ: Video Marketing

企業の動画作成が進まない3つの原因

動画マーケティングが主流になって久しい中で、3つの課題が原因となって動画作成を始められない企業が日本には多々存在します。

課題1 予算がない

動画作成に取り組む企業を対象にしたアンケートによると、半数以上が「社内」で動画作成をしている、という調査結果があります。さらに動画の用途別にみると、顧客とのカジュアルなコミュニケーションを重視した動画は社員が作成することが多いようです。また、品質に重きを置くインターネット広告やデジタルサイネージは、外注の割合が増えていきます。 動画制作を外注した場合、クオリティーは高くなりますが、1件につき数十万円かかることが多く、打ち合わせや修正なども含め、納期までの時間も長い傾向にあります。そのため、多くの中小企業が、動画を外注し、SNSや自社サイトへ頻繁に投稿することは予算と時間的に難しいと言えるでしょう。内製する場合も、編集知識のないスタッフが市販のソフトを使って作成しようとすることは難しく、時間が掛かるため、通常業務に支障をきたす場合があります。

これらの課題を解決するのは、Wondershare社の動画編集ソフトFilmora9です。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Filmoraビジネスプラン は法人向け動画編集ソフト、簡単な操作画面とリーズナブルな価格設定で日本でも人気が急上昇しています。 Filmoraビジネスプランには、基本ビジネス、プレミアムビジネス、ライフタイムビジネス、ビジネス複数利用の4プランがあります。プレミアムビジネスを選択すると、マルチメディアの素材サイトFilmstocksのオリジナルエフェクトやBGM、効果音などが(利用期間中)使い放題に。

課題2 動画編集出来るスタッフとスキルの不足

令和になっても、人手不足に悩む企業が多くあります。この時代に、動画編集の知識がある人材の確保はかなり難しいでしょう。市場で多く出回っているアドビプレミアやファイナルカットといった動画編集ソフトは、ハイクオリティな機能が充実していますが、操作方法が難しいため、知識のないスタッフにとってシンプルな動画を制作することはかなりハードルが高いタスクです。また多くの無料動画編集ソフトは、編集機能に限界があり、クオリティーの高い仕上がりを望むことはできません。

それに対して、Fimora9なら直感的な操作画面なので、動画編集の知識のないスタッフでも簡単に始めることができ、搭載された多くのエフェクトを使って簡単に本格的動画を作成できます。更に、マルチメディア素材サイトFilmstocksを併用すれば、季節やイベントに合わせた魅力的なエフェクト素材が使い放題です。FilmStocksは(一部のエフェクトを除いて)ロイヤリティフリーなので安心して使うことが出来ます。

filmora9 操作画面

課題3 動画編集に掛かる時間が足りない

PDCAが回らない 動画制作を外部発注すると、事前や途中の打ち合わせ、見積書の作成と折衝に完成品の披露と納品など膨大な時間が掛かります。先方へ訪問する事や、メールや電話で打ち合わせする事もあるでしょう。Filmora9ビジネスプランなら、社内の人材がすぐに動画作成を始めることが出来ます。どんな方にも、簡単に使える操作性と明快な画面構成が初心者の間で評判のソフトです。

完成した動画は、アカウントにログインすればFilmora9からYou Tubeへ直接アップロードすることが出来ます。 しかも、各SNSのプラットフォームに合わせて動画のサイズを決められるので一つの動画を多方面で活用できます。 ビジネスにおいて、PDCAサイクルを円滑に回すには綿密な計画と確実な実行に、途中経過を随時確認することが求められます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

今回紹介した3つの課題をひとつずつ解決し、動画をビジネスで活用していきましょう。

あなたの「面白い」を始めよう!Filmora9動画編集


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>