結婚式用エンドロールを作るコツ

Wondershare Editor 編集者:

今回は、結婚式(披露宴)のメインイベント終了後、あるいは最後に流すエンドロールムービー制作のコツをお伝えしたいと思います。非常に多くのソフトがリリースされていますが、Filmora(旧名:動画編集プロ)(Windows版)なら今まで紹介してきたエンドロール作成のコツをしっかり盛り込むことができますし、初心者にも使いやすいのでイチオシです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

エンドロールはムービーの最後に流れるので、凝った演出や奇抜な装飾は必要ありません。シンプルで見やすく、楽しかった式の余韻に浸れるのが理想です。参加者に対する感謝のメッセージをエンドロールに入れるのはやめた方が良いと思います。一言、二言であれば問題ないと思いますが、本人が直接来場者に向かって話すべきでしょう。

コツ1:ウエディング専用のエフェクトを搭載しているソフトの利用

ありきたりなものじゃつまらない、エンドロールにも何かサプライズが欲しいという人は趣向を変えてみると良いでしょう。Filmora(旧名:動画編集プロ)は「Filmora(旧名:動画編集プロ)」にウエディング専用プレートやテーマ別スタイル・テンプレート・コンテンツを搭載しています。写真や動画を自由自在に編集できるばかりか文字の編集や配置を工夫することができます。

エフェクト追加

コツ2:あらかじめ用意した写真ではなくて、結婚式当日の写真を使って作成するのです。

これなら何気なくエンドロールを流すだけではないので、新郎・新婦、その家族以外の参加者にも楽しんでもらうことができます。また、写真は写真のままではさほどではありませんが、演出パターンや音楽や字幕・メッセージ・ナレーションなどをタイミング良く編集すると途端に上質な映画のように生まれ変わります。

オープニング&エンディング追加

ウェディングという名前がついているように結婚式用のフォトムービー作成を力強くサポートしてくれます。 細かい設定や調整を抜きにすれば、小一時間で形になってしまいます。

STEP1:最初に、使用する素材(写真、音楽など)をアプリケーションにアップロードします。

STEP2:次に、沢山用意されているテンプレートの中から気に入った演出パターンを適用します。

STEP3:あとは、写真を並べ替えたり、BGMを追加したりして完成です。なんとこれだけでスクリーンで上映できるほどのフォトムービーになっています。

この使いやすさを是非ご自分で体感してください。まずは無料体験版をダウンロード!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの結婚式スライドショーが楽に作成できる!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>