Macで使える動画文字入れソフトまとめ5選

Wondershare Editor 編集者:

Mac動画文字入れしたいと思っている人は多くいます。最近ではテロップや文字入れすることができるソフトが各メーカーからリリースされているので、自分に合ったものを選択することが可能です。動画投稿サイトにアップすることができたり、友人と動画を共有する場合に便利です。自分で考えた文字をプラスして、ユーモア溢れる作品にすることができるでしょう。

今回はMac動画文字入れソフトのオススメを5つご紹介します。

Macで動画に文字を入れるソフトまとめ5選

第1位 「filmora mac版」

非常に強力で種類が豊富な編集ツールで、簡単に動画を編集したり作成することができます。直感的な操作画面なので使いやすく、繰り返し使いたくなるでしょう。さまざまなフィルターやグラフィック・オーバーレイを使って、色鮮やかなシーンに仕上げることが可能です。気軽に文字入れすることができ、豊富なアニメーションからシーンに合ったアイテム選択することができます。4Kまでの解像度を利用することができ、編集したりエクスポートすることが可能です。GIFファイルをインポートしたりエクスポートすることができ、ワンクリックでいらないノイズなどをきれいに除去することができるでしょう。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

ハリウッド映画の特殊効果をあなたの動画に!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が簡単に作成できる!

動画に文字を入れる方法・テキスト&クレジット|Filmora 動画編集チュートリアル

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

第2位 「Avidemux」

字幕ファイルを追加したりカットするなどの基本的な編集を行うことができます。対応形式も豊富で、無料で使うことができるのが魅力です。デメリットとして映像に文字入れするのに、幕ファイルを作らなければいけないのでひと手間かかります。

第3位 「BangMe」

撮影機能や編集機能が搭載されていて、テレビ番組のようなシーンを簡単に作ることができます。起動させて映像をリアルタイムに撮影したり、テロップや効果音を入れ動画を作成することができるでしょう。他の撮影機器で撮影したシーンを取り込んで作品を製作することもできますが、編集機能はあまり多くありません。

第4位 「Adobe Premiere Elements」

有名なAdobe社がリリースしている編集ソフトで、エフェクトやトランジションなどの数が充実していて幅広い世代の人が利用しています。操作手順を案内してくれる機能や簡単に作成できるモードなどもあるので、初心者も操作することが可能です。但し、理解するまでに時間が少しかかるかもしれず、まれにパソコンが重くなることもあります。

第5位 「iMovie」

Macに標準で搭載されている純正動画編集ソフトで、分割や音楽・トランジションの追加といった編集機能があり、操作性が良いので初心者も凝った作品を製作することができるでしょう。尚、テロップが指定された位置から移動できないというケースがあります。

各メーカーからいろいろなMac動画文字入れソフトが販売されていますが、中でも「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)はおすすめです。

本格的なテキストやタイトルなどを簡単にスピーディに作成することができ、文字入れすることができます。テロップや吹き出しを追加したり、イントロやクレジットのキャプションを追加することも可能です。テキストを気軽に追加したり削除することができ、テキストエフェクトをお気に入りに追加することができます。複数のテキストトラックをプラスしたり、イントロやクレジットなどを適用することができるでしょう。テキストだけのクリップを追加することができたり、自分でカスタマイズしたフォントなどを追加しアレンジすることが可能です。独自のテキストなどをプリセットとして保存することができ、さまざまな高度な設定を気軽に行うことができるので幅広い世代の人が利用しています。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>