Filmora
Filmora - AI動画編集アプリ
強力でシンプルなビデオ編集アプリ
入手

YouTube動画を文字起こしできるソフト5選

YouTube動画文字起こしにおすすめの動画編集ソフトFilmora
  • 自動字幕起こし:SRTファイル&27種類の言語をサポート
  • AI 翻訳:23カ国語の翻訳に対応
  • AIサムネイル:数秒で魅力的なサムネイルを作成
  • テキスト読み上げ機能:ボイス10種類&16種類の言語をサポート
  • AI音楽生成:商用利用可能な音楽をワンクリックで生成
無料で試してみる

YouTube動画を文字起こしできるソフトおすすめ5選!注意点も完全解説

fukuda
fukuda リリース日: Mar 29, 24, 更新日: May 30, 24

「YouTube動画を作りたいけど、テロップや字幕を作るのが面倒...YouTube動画を文字起こしする方法が知りたい」
上記の悩みにお答えします。

YouTubeに動画を投稿したいと思っても、テロップや字幕を加える作業には、膨大な手間がかかりますよね。しかし、視聴者に動画を楽しんで見てもらうには、テロップや字幕が必要です。

そのような場合は、動画内の音声を自動で文字起こしできる動画編集ソフトを活用すれば、短時間でフルテロップ動画を作成できます。

本記事では、YouTube動画に最適な文字起こしを使える動画編集ソフトや、ソフトの選び方、文字起こしをする際の注意点について解説します。「文字起こし機能を簡単に使える動画編集ソフトを知りたい!」と考えている方は、本記事を参考にしてください。

目次

1.YouTube動画を文字起こしできるソフト5選おすすめ

それでは、YouTube動画の文字起こしができる動画編集ソフトを紹介します。それぞれの特徴を解説するので、あなたにあったソフトを見つけてください。

YouTube動画文字起こしソフト①|Filmora

YouTube動画を文字起こしソフト
メリット プロ級の動画を簡単に作れる
デメリット 一部有料
対応時間 ・月1時間/月額599円
・月5時間/月額2,480円
・月10時間/月額3,680円
対応言語 16か国
対応OS ・Windows :7/ 8(Windows 8.1を含む)/10/ 11
・MacOS:10.14/10.15/ 11/12

Filmoraとは、直感的に動画を作成できる、世界的人気の動画編集ソフトです。

すべての機能を感覚で使えるので、従来の動画編集ソフトでは難しい機能も、Filmoraなら簡単に使用できます。

Filmoraに用意されているエフェクトやトランジションの質は高く、動画素材を活用するだけでプロ級の動画を作成できるでしょう。

YouTube動画を文字起こしソフト

Filmoraの文字起こし機能

Filmoraには自動字幕起こしという機能が搭載されています。自動字幕起こしとは、動画内の音声や音声ファイルをAIが認識して、自動的にテキストに変化する機能のことです。

YouTube動画を文字起こしソフト
  • 文字起こしたいファイルを右クリック
  • 「自動字幕起こし」を選択し設定をする
  • 高度編集で字幕を調整

上記のように、ワンクリックで音声をテキストに変換できます。そのため、フルテロップ動画も短時間で作成できるでしょう。

Filmoraの音声認識は精度が高く、発音の難しい言葉もしっかり文字起こしできます。YouTube動画の文字起こしに時間を取られている方は、Filmoraの自動字幕起こしを活用して、効率的に動画編集を行いましょう。

また、Filmora新バージョンでは、AI翻訳との連携で、バイリンガル字幕の直接書き起こしをサポートすることができるようになりましたので、ぜひ試してみて、楽な字幕編集を体験しましょう。

YouTube動画文字起こしソフト②|Vrew

YouTube動画を文字起こしソフトVrew
メリット 無料で文字起こしできる
デメリット 動画編集機能が少ない
対応時間 無制限
対応言語数 4言語
対応OS ・Windows 7以上
・macOS X以上

Vrewは、動画の文字起こしに特化した動画編集ソフトです。時間無制限で文字起こしを使えるうえ、文字起こし機能のすべてを無料で使用できます。

音声認識の質も高く、コストをかけず文字起こししたい方におすすめのソフトです。

ただし、Vrewには、Filmoraのような動画編集機能は備わっていません。そのため、Vrewでテキストファイルをダウンロードして、別の動画編集ソフトで編集作業を行う手間が発生します。

しかし、完全無料で利用できるので、動画編集に慣れていない方は、Vrewからはじめるとよいでしょう。

YouTube動画文字起こしソフト③|Adobe Premiere Pro

YouTube動画を文字起こしソフトAdobe Premiere Pro
メリット 本格的な動画編集ができる
デメリット 月額制
対応時間 無制限
対応言語数 12か国以上
対応OS ・Windows 10(64 ビット)日本語版バージョン 1909 以降
・macOS v10.15(Catalina)以降

Adobe Premiere Proは、Adobe社が提供している動画編集ソフトです。本格的な動画を作成できることから、Premiere Proは多くの動画クリエイターに利用されています。

ただし、Filmoraに比べると操作は難しいです。そのため、中級者向けの動画編集ソフトといえるでしょう。

しかし、PhotoshopやAfter EffectsなどのAdobe製品と連動して使えるので、Adobe製品を普段から使っている方には、Premiere Proをおすすめします。

YouTube動画文字起こしソフト④|Subtitle Edit

YouTube動画を文字起こしソフトSubtitle Edit
メリット 無料
デメリット 動画編集機能は少ない
対応時間 無制限
対応言語数 12か国以上
対応OS Windows 10(64 ビット)

Subtitle Editは、字幕作成に特化したオープンソースの字幕ソフトです。フォントの編集や文字の色を編集までできるので、テキストにこだわった編集をしたい方におすすめです。

ただし、動画編集機能には物足りない印象があります。しかし、文字起こしの性能は高いので、テキストにこだわりたい方にはSubtitle Editを推奨します。

YouTube動画文字起こしソフト⑤|VideoProc Vlogger

YouTube動画を文字起こしソフトVideoProc Vlogger
メリット 無料
デメリット 動画素材は少ない
対応時間 無制限
対応言語数 12か国以上
対応OS ・Windows7/8/8.1/ 10(64 ビット)
・macOS X 10.11以降

VideoProc Vloggerは、動画編集初心者におすすめの動画編集ソフトです。専門知識不要で使用できるので、動画編集を体験したい方におすすめの動画編集ソフトといえるでしょう。

本格的な動画編集には物足りないですが、動画編集の世界に触れてみたい方は、VideoProc Vloggerを利用するとよいでしょう。

2.YouTube動画の文字起こしできるソフトの選び方

ここでは、YouTube動画の文字起こしをできるソフトの選び方について解説します。選び方を間違えると無駄なコストになる可能性があるので、しっかりと理解しておきましょう。

YouTube動画の文字起こしをできるソフトの選び方は、以下の通りです。

  • 料金
  • 対応時間
  • 動画編集機能

それぞれ順番に解説します。

料金

文字起こしに対応している動画編集ソフトの料金は、製品によって異なります。そのため、使用用途によって導入する動画編集ソフトを考えましょう。

たとえば、動画編集ではなく、音声を文字起こしするだけなら高額な動画編集ソフトは必要ありません。しかし、YouTube動画の編集まで希望する方には、動画編集機能が搭載されているソフトをおすすめします。

ソフトによっては高額な製品もあるので、経済的に無理のない範囲で利用できるソフトを利用してください。

対応時間

文字起こしに対応している時間は、ソフトによって異なります。高額な月額費用を払うと無制限で利用できるソフトや、少額で長時間の文字起こしに対応しているソフトなど、性能は製品によって異なります。

毎月膨大な時間の文字起こしをする場合は無制限のソフトを選ぶなど、1ヶ月の使用時間をもとにソフトを選びましょう。

動画編集機能

文字起こし機能だけでは、魅力的な字幕やテロップは作成できません。そのため、優れた動画編集機能を搭載している動画編集ソフトがおすすめです。

動画編集機能が乏しい動画編集ソフトはデータを移行して編集する手間が発生するので、効率的に動画編集を行いたい方には、FilmoraやAdobe Premiere Proを推奨します。

関連記事:【簡単!】動画の文字起こし方法を紹介【動画編集ソフト利用】

3.YouTube動画の文字起こしをするならFilmoraがイチオシ

動画編集ソフトFilmora文字起こし

YouTube動画の文字起こしをするなら、Filmoraを推奨します。Filmoraでは、すべての機能を直感的に使用できるうえ、無料で使用できる動画素材も充実しています。

Filmoraを使用している有名YouTuberも多く、Filmoraを使用するだけで人気が集まる動画を作成できるでしょう。

動画編集ソフトFilmora動画

Filmoraでは、AIでYouTube動画のサムネイル画像まで自動に作ることが可能です。さらに、画像作成にはFilmoraの有料素材を無料で使用できます。

そのため、画像編集ソフトを使う必要なく質の高いサムネイルを作成できるでしょう。

Filmoraを開発したWondershare社が運営しているYouTubeチャンネルでは、Filmoraの基本的な使い方はもちろん、プロの動画クリエイターが使用する応用テクニックまで、すべて無料公開しています。

WondershareのYouTubeチャンネルで動画編集を学習すれば、独学でも動画編集のスキルを身につけることが可能です。

すべての機能を感覚で操作できるFilmoraを活用して、視聴者に楽しんでもらえる作品をYouTubeに投稿しましょう。

YouTube動画の文字起こしとあわせて使えるFilmoraの機能

ここでは、YouTube動画の文字起こしとあわせて使える、Filmoraの優れた機能を紹介します。直感的に操作できる機能ばかりなので、ぜひ活用してください。

Filmoraをお持ちでない方は、まずソフトをダウンロード&インストールしてください。

SRTサポート

SRTサポート

SRTサポートは、テキストクリップをテキストファイルとして書き出せる機能です。SRTサポートで書き出したテキストファイルは、YouTubeの字幕として活用できます。

そのため、認識ミスの多いYouTubeの字幕機能でも、誤字脱字のないテロップを提供できるでしょう。

また、書き出したテキストファイルは、別のソフトでの再編集も可能です。

デザイン文字

デザイン文字

Filmoraには、テキストに装飾を施した「デザイン文字」が用意されています。フォントの種類は70種類以上あり、デザイン文字を活用すれば、他の動画クリエイターと差別化できるでしょう。

また、前述した「自動字幕起こし」で作成したテキストクリップとデザイン文字を活用すれば、おしゃれな字幕やテロップを作ることが可能です。

デザイン文字を少し編集すれば、あなただけのオリジナルテキストを簡単に作れます。文字起こしで作成したテキストをおしゃれにしたい方は、ぜひ活用してください。

無音検出

無音検出は、音声のない部分をAIが分析して、無音部分を自動でカットする機能です。無音時間の長いYouTube動画は、視聴者にストレスを与えます。しかし、無音部分のカットには膨大な時間がかかります。カットミスをして、削除してはいけない音声をカットした事例も多いです。

Filmoraの無音検出を利用すれば、無音部分を自動で判断できるので、作業ミスのリスクを軽減できます。YouTube動画の無音部分を簡単に削除したい方は、Filmoraの無音検出をするとよいでしょう。

マルチクリップ編集

この高機能ツールを使えば、プロジェクト内のテキストレイヤーを個別に選択できるだけでなく、複数のクリップを選択し、パラメータやモーションをまとめて一括で編集ができるため、簡単かつ効率的に動画の編集を行うことが出来ます。

Filmoraの様々なテンプレートからテキストを選択して編集することができます。マルチクリップ編集機能を使えば、作成と編集がより簡単により良く、よりプロフェッショナルになります。

4.YouTube動画を文字起こしする際の注意点は?

ここでは、YouTube動画を文字起こしする際の注意点を解説します。動画の質を高くするためにも、理解しておきましょう。

YouTube動画を文字起こしする際の注意点は、以下の通りです。

  • 誤字脱字の確認する
  • 適度に文章の修正をする

順番に解説します。

誤字脱字の確認する

精度の高い文字起こしソフトを利用しても、すべての音声を正確に文字起こしするのはできません。誤字脱字は必ず発生するので、文字起こしをしたら、文章の確認を行いましょう。

適度に文章の修正をする

文字起こしした文章は「話し言葉」なので、文章にすると読みにくい可能性が高いです。そのため、字幕やテロップでは、読みやすい文章に修正するとよいでしょう。

まとめ:FilmoraでYouTube動画の文字起こしをしよう!

本記事では、YouTube動画に最適な文字起こしを使える動画編集ソフト

  • Filmora
  • Vrew
  • Adobe Premiere Pro
  • Subtitle Edit
  • VideoProc Vlogger

五つや、ソフトの選び方、文字起こしをする際の注意点について解説しました。文字起こし機能が搭載されている動画編集ソフトを選ぶ際は、動画編集の機能が十分に備わっている製品を利用するとよいでしょう。

なお、YouTube動画の文字起こしをするなら、Filmoraを推奨します。すべての機能を直感的に使用できるうえ、無料で使える動画素材も充実しています。

自動字幕起こしを活用すれば、数秒で音声をテキスト化できるのは、Filmoraの魅力といえるでしょう。基本的な機能はすべて無料で体験できるので、質の高いYouTube動画を作成したい方は、Filmoraをぜひ活用してください。

YouTube動画に字幕/テロップを効果的に入れる方法・3選|Wondershare Filmora

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
fukuda
fukuda May 30, 24
記事をシェアする: