使い方

  • 出力したビデオの最後の1秒が何度削除しても再生される

    タイムライン上に肉眼で確認できないエレメントが含まれており、出力されたビデオの最後に黒い画面が表示されている可能性があります。

    下記の操作をお試しください。

    まずはタイムラインを最大化してください。

    タイムラインの右上のタブ(MAC版では、右下のスライダー )を右にスライドし、タイムライン上に不要なエレメントがないかどうかを確認してください。

    不要なエレメント(最後の1秒)が含まれている場合は、削除してください。

    動画を出力し、不要なエレメント消えていることを確認してください。

    Win版

    末尾を削除する Win版


    Mac版

    末尾を削除する Mac版

  • Filmora9で画面分割する方法

    Filmoraを使って下記の手順で画面分割してください。

    まず、対象の画像1枚を1番目の映像トラックにドラッグしてください。

    次に、1枚画像の再生場所に合わせて2枚目や3枚目の画像をそれぞれ2番目や3番目の映像トラックにドラッグしてください。

    その後、タイムトラックでまず一番上のトラックの映像をクリックして再生ウィンドウで画像をクリックすると、画像の周囲にドラッグポイントが表示されます。

    ドラッグポイントを動かして、画像のサイズと位置を調整します。他の画像も同じ方法でサイズと位置をお好みに合わせて調整することにより、分割表示が作成できます。
  • エンドロールが途中で途切れる

    Filmora のテキスト行数には制限はありませんが、最大入力文字数は 1,000 文字です。


    大変お手数ですが、下記の手順のとおりご操作ください。

    まず、テキスト入力枠に文字(複数行)を追加してください。

    それから、テキストの入力枠の左側の「アニメーション」>「Up Roll」を適用すると、行数制限なく追加した文字をアップロールできます。

    Win版

    エンドロール Win版


    Mac版

    エンドロール Mac版

  • 元の音楽を削除して、新しいBGMを追加したい

    Win版

    まず、一番目のタイムラインに追加されたビデオを右クリックしてください。

    それから、「オーディオ分離」をクリックすると、オーディオは分離されます。

    次に、分離されたオーディオを右クリックして削除します。

    最後に、新しいBGMをタイムラインにドラッグ&ドロップしてください。

    オーディオ分離 Win版

    新しいBGM Win版


    Mac版

    まず、一番目のタイムラインに追加されたビデオを右クリックしてください。

    それから、「オーディオを切り離す」をクリックすると、オーディオは分離されます。

    次に、分離されたオーディオを右クリックして、削除します。

    最後に、新しいBGMをタイムラインにドラッグ&ドロップしてください。

    新しいBGM Mac版

  • 保存されたプロジェクトファイルが開かなくなりました

    下記の方法はWin版、Mac版両方にお使いいただけます。

    プロジェクトファイルを保存した後、使用した素材を移動、または削除などの編集をすると、素材リンクが切れてプロジェクトファイルが開けなくなる場合があります。

    (例えば、素材をパソコンのAフォルダーからソフトにインポートされました。プロジェクトファイルを保存した後、パソコンで素材をAフォルダーからBフォルダーに移動、或は削除、或いはAフォルダーをパソコンの別場所に移動したりすること;または、素材をパソコンからではなく、直接SDカードや携帯などからソフトにインポートされ、プロジェクトファイルを作成できましたら、SDカードや携帯などをパソコンから抜き出したなど)

    その場合、素材を元保存先まで戻して、或はSDカード又は携帯などをパソコンと接続させて、利用された素材を再度ソフトにインポートしてください。

    その後、プロジェクトファイルを再度開いて頂ければと思います。

    素材を元に戻しても、正常にプロジェクトファイルを復元できない場合は、動画を編集しなおしていただく必要があります

    提案として、動画を編集する前に、編集に使う素材を全部ご利用のパソコンのあるフォルダーに保存してください。

    それから直接該フォルダーから素材をソフトにインポートしてください。
    動画が出力されるまで、素材をそのフォルダーから移動や削除、或は、当該フォルダを移動や削除などしないようにしてください。

     また、プロジェクトファイルの保存方法につき、ソフトを開いて、左上の「ファイル」→「プロジェクト素材をまとめて保存」をクリックし、保存していただくようお願いいたします。


  • 15分を超える動画のアップロード(Youtube)

    動画の長さの上限を引き上げる

    Youtubeまでアップロードできる動画の長さはデフォルトでは 15 分までですが、下記のページに記載されている手順に沿ってアカウントを確認することで、15 分以上の動画もアップロードできるようになります。ライブ ストリーミングを利用すると、15 分以上の動画のアップロードがデフォルトで有効となります。

    下記のURL をクリックして詳細をご確認いただきますようお願いいたします。

    https://support.google.com/youtube/answer/71673?hl=ja

  • Youtube/Facebookへのアップロードの失敗

    インターネット環境が不安定な場合、Youtube/Facebookにて動画を公開できない事があります。


    対策として、編集した動画を mp4 に出力し、手動で You Tube にアップロードしてください。

    まず、編集し終わった動画を MP4 形式で保存していただきますようお願いいたします。

    保存完了後、youtube ページの右上の「アップロード」をクリックして、保存した mp4 ファイルを選択し、公開してください。


    以下ページをご参照いただき、アップロードしていただきますようお願いいたします。

    Youtubeのアップロード手順:

    http://techmemo.biz/web-cheat-sheet/youtube-movie-upload

    Facebookのアップロード手順:

    https://ja-jp.facebook.com/help/166707406722029

  • 作成したDVDが自動的にループ再生される

    「Wondershare Filmora (Japanese)」はプログラム上、「再生完了後は最初から再度再生する」ように設定されており、出力したDVDも自動的に連続再生されます。

    弊社下記の製品はDVDの再生モードが設定可能ですので、お試しいただきますようお願いいたします。


    Win版

    Wondershare Video to DVD 2(Windows 版)

    ダウンロードURL:https://ssl-download.wondershare.jp/win/v2d2w_full848.exe

    操作ガイド:https://www.wondershare.jp/guide_win/video_to_dvd_2.html


    Mac版

    Wondershare DVD Creator(Mac版)

    ダウンロードURL:https://ssl-download.wondershare.jp/dvdcreator_full706.dmg

    操作ガイド:https://www.wondershare.jp/guide_mac/dvd_creator.html

  • 好きな音楽をインポートしたい

    WIN:好きな音楽をソフトにインポートするには、

    まず音楽ファイルをCDやiTunesなどからパソコンに保存してください。
    その後、パソコンからその音楽ファイルをソフトにインポートして頂ければと思います。

    また、弊社ソフトで対応可能な音楽形式は下記URLにて確認ください。

    https://filmora.wondershare.jp/tech-spec.html


    好きな音楽をインポート

    MAC版:

    まず音楽ファイルをCDやiTunesなどからデスクトップに保存してください。
    その後、デスクトップから音楽のライブラリーではなく、メイン画面の「メディア」(左側の一番目の項目)のライブラリーにインポートしてください。(動画のインポート仕方と同じ)

    最後に、メディアライブラリーからその音楽をタイムトラックに追加して頂ければと思います。

    また、弊社ソフトで対応可能な音楽形式は下記URLにて確認ください。

    https://filmora.wondershare.jp/mac-tech-spec.html


    好きな音楽をインポートしたい MAC

  • 作成できたDVDはクローズド処理をしたものでしょうか。

    弊社ソフトで作成したDVD はクローズドされたものです。

    また、使われているのDVDは再利用できるDVDであれば、クローズドされても、DVDのプロパティーを見ると、空き容量がまだあると表示されます。

    ご確認をよろしくお願いいたします。

     


  • Dellパソコン利用で素材インポートする時にFilmora9がクラッシュしてしまいました。

    Dellパソコンご利用の場合、素材ファイルをFilmora9にインポートする際に、

    ソフトがクラッシュして「Bugsplat」というエラー画面が表示された場合、

    それはDellパソコンの3ds Maxのワークステーションと関係していると推測されます。

    該問題に対して考えられる解決策は下記2つあります。

    1、ご利用のパソコンがWindows10の場合、

    下記URLよりDell Backup and Recovery (DBaR)のバージョンをアップグレードすることにより、

    問題を解決することが出来ます。

    https://www.dell.com/support/article/jp/ja/jpbsd1/sln298526/dell-backup-and-recovery-dbar-%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3-windows-10?lang=ja

     

    2、ご利用のDellパソコンにある3ds Maxをアンインストールすることにより問題を解決することも出来ます。

    しかしながら、3ds Maxをアンインストールしましたら、パソコンのファイルバックアップおよびリカバリーに影響を与えることがございますので、どうぞ事前にご確認ください。

    3ds Maxのアンインストール方法は下記URLより詳しくご確認ください。

    https://knowledge.autodesk.com/ja/support/3ds-max/troubleshooting/caas/sfdcarticles/sfdcarticles/JPN/3ds-Max-Crash-occurs-when-opening-saving-or-browsing-for-a-file-in-3ds-Max-2018.html

     

    もし、上記方法で該問題を解決できない場合、弊社のサポートセンターまでお問い合わせください。


  • ソフトのアイコンをデスクトップに表示させる方法

    ソフトのアイコンをデスクトップに表示させる方法は下記:

    WIN版:

    「スタート」→「全てのプログラム」で「 Filmora」を探し出し、デスクトップにドラッグして頂くと、ショートカットが作成できます。


    MAC版:

    「移動」→「アプリケージョン」を開き、「 Filmora」を探し出し、デスクトップにドラッグしていただくと、ショートカットが作成できます。

  • 複数のプロジェクトファイルを1つにまとめることが出来ますか

    Filmoraは複数のプロジェクトファイルをタイムトラックに追加できません。

    続いて追加すると、前回追加されたものは新追加されるプロジェクトファイルに上書きされます。

    そのため、複数のプロジェクトファイルを1つのプロジェクトファイルとしてまとめることが出来ません。

    ご了承のほどよろしくお願いいたします。


    提案として、分けて制作したプロジェクトファイルを1個ずつmp4などの形式で出力してください。

    出力できた複数動画をメディアとしてタイムラインに追加することにより1つの動画にまとめて頂けます。

  • WIN版で作成したプロジェクトフィアルをMACへ移行したい


    WIN版製品とMAC製品はプラットフォームが違うため、

    WIN版製品で作成したプロジェクトファイル(wve)はMACで開けられなく、

    同様にMACで作成したプロジェクトファイル(wsve)もWIN版PCで開けられません。

    そのため、プロジェクトファイルはお互いに移行出来ません。


    その場合、MACでまたはWIN版PCで動画を改めて編集しなおしていただければと思います。



  • どのようにパソコンのグラフィックドライバーをアップデートしますか


    グラフィックドライバーは、コンピューターのビデオカード(ビデオアダプターや GPU とも呼ばれることがあります)を制御するシステムソフトウェアです。

    グラフィックドライバーをアップデートすることで、Filmora利用時にドライバーが古いことにより起こる可能性のある下記問題が改善することがあります。

    ※ドライバーが古いことにより起こる可能性のある問題は以下のものがありますが、これらに限られるわけではありません。

    l  GPUドライバ関係の起動クラッシュ

    l  動画編集中で起こるプレビューラグ

    l  動作が重い

    もし、動画編集時に上記問題、若しくは似たような問題が起きた場合、

    下記手順でグラフィックドライバーをアップデートすることをお試しください。


    グラフィックカードの製造元を識別

    グラフィックドライバーをアップデートする前に、パソコンにどのようなグラフィックカードを搭載されているかを確認する必要がございます。確認方法は下記2つあります。

    1、 DirectX 診断ツールを利用

    (1)   Windows で、[スタート]  を選び、タスクバーの検索ボックスに「dxdiag 」と入力します。 結果から [dxdiag] を選びます。

    (2)   DirectX 診断ツールで、「ディスプレイ」タブ(または「ディスプレイ 1」タブ)を選択して「デバイス」セッションでご利用のグラフィックカードの製造元、

    「ドライバー」セッションでドライバーのバージョンや更新日付などを確認することが出来ます。

    グラフィックカード情報確認

    2、 Wondershare Filmoraを利用

    (1)   Filmoraを起動して、「新しいプロジェクト」で編集画面に入ります。

    (2)   編集画面の左上に「ファイル」>設定>「パフォーマンス」をクリックします。

    (3)   GPU項目でプルダウンボタンを押すとご利用のグラフィックカード情報が表示されます。

    プログラム内でグラフィックカード情報を確認

    グラフィックドライバーの最新版をダウンロード

    ご利用のグラフィックカードに合わせて、下記URLからご利用のグラフィックドライバーをアップデートします。

    1、通常のドライバー

    (1)   Nvidiaユーザーは下記URLより最新バージョンのドライバーをごダウンロード:https://www.geforce.com/drivers

    (2)   AMD/ATiユーザーは下記URLより最新バージョンのドライバーをダウンロード:https://www.amd.com/ja/support/kb/faq/gpu-driver-autodetect

    (3)   Intel ユーザーは下記URLより最新バージョンのドライバーをダウンロード:https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/detect.html

    2、カスタマイズのドライバー
    パソコンのメーカーによっては、上記(Nvidia、AMD/ATi、Intel)ではなく、カスタマイズグラフィックカードを使用しています。その場合、各パソコンの製造メーカーのホームページで最新バージョンのドライバーを問い合わせ&ダウンロードして頂きます。
    下記URLは各パソコンの製造元のサポートウェブリンクがありますのでどうぞご確認ください。https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/topics/oems.html

    3、MACの場合:
    MACのOSのアップデートに伴い、グラフィックドライバーも同時にアップデートされます。
    そのため、MACのOSを最新までアップデートして頂ければ、グラフィックドライバーも最新になります。
    https://support.apple.com/ja-jp/HT201541




  • ソフトを使用中にプログラムがクラッシュした

    ソフトご利用中にソフトがクラッシュした場合は、お手数ですが、プログラムを再インストールしていただきますようお願いいたします。 現在ご使用のプログラムをアンインストールいただいた後、下記のURLから新たなプログラムをダウンロード&インストールいただきますようお願いいたします。


    Win版

    https://ssl-download.wondershare.jp/ve_full1103.exe

    Mac版

    https://ssl-download.wondershare.jp/video-editor_full1617.zip


    ご使用のソフトをアンインストールする前にまずは作業中のプロジェクトをプロジェクトファイルとして保存してください。左上の「ファイル」→「プロジェクト素材をまとめて保存」をクリックして、保存してください。

    新しくインストールしてから、保存したプロジェクトファイルを開いてください。製品画面の「ファイル」「最近使用したファイルを開く」をクリックすると、保存したプロジェクトファイルを開くことができますので、引き続き編集を行ってください。

  • バージョン情報の確認方法

    Win版

    製品のバージョンなどの情報確認をご希望の場合、製品画面左上のツールバーの「ヘルプ」>「製品情報」をクリックしてください。

    バージョンの確認 Win版

    バージョン Win版


    Mac版

    製品のバージョンなどの情報確認をご希望の場合、製品を開いて、ツールバーの「Wondershare Filmora」>「Wondershare Filmoraについて」をクリックするとご確認いただけます。

    バージョンの確認 Mac版

  • ソフトの表示言語を変更したい

    Win版

    ソフトを開いて、左上の「ファイル」>「設定」>「言語」で「日本語」を選択すると、日本語表示となります。

    表示言語の変更 Win版

    表示言語 Win版


    Mac版

    MAC版ソフトウェアの表示言語はPCのシステム言語と一致しています。ソフトウェアの表示言語を変更したい場合、下記の手順とおり、PCのシステム言語を変更してから、PCをリスタートしてください。

    「システム環境設定」>「言語と地域」>「優先する言語」の枠に言語の位置を調整してください。「日本語」を最優先に設定し、「言語と地域」の設定画面を閉じて、PCをリスタートすると、PCの表示言語とソフトの表示言語が日本語に変更されます。

  • コンテンツのダウンロード

    Filmoraにあらかじめインストールされているコンテンツはすべて無料ですが、右上に矢印があるものは、ダウンロードする必要があります。

    矢印がないコンテンツは、ダウンロードいただく必要はありません。


    Win版

    内蔵リソースのダウンロード Win版


    Mac版

    内蔵リソースのダウンロード Mac版


    コンテンツがソフト内でうまくダウンロードできない場合、下記のURLをクリックして、パッケージをダウンロード&インストール後、ソフトを再起動していただくと、ソフト内のすべてのコンテンツをダウンロードなしでご利用いただけます。

    リソースパッケージ

    Win版

    https://ssl-download.wondershare.jp/filmora_default_effect_pack_win.exe

    Mac版

    https://ssl-download.wondershare.jp/filmora_default_effect_pack_mac.zip


    *ご注意: 上記のリソースパッケージはFilmoraV8.1.0以降のプログラムに適用いたします。V8.1.0以下のプログラムをご使用の場合は、最新版にアップデートしてから、上記のパッケージをダウンロードいただきますようお願いいたします。


    アップデートURL:

    Win版

    https://ssl-download.wondershare.jp/ve_full1103.exe

    Mac版

    https://ssl-download.wondershare.jp/video-editor_full1617.zip

  • 動画のみを削除して追加したテキストを残したい

    まず、タイムトラックの左上に「自動リップルをオフする」ようにしてください。

    それにより、動画とテキストの紐付けが解除できます。

    最後に、対象動画を右クリックして「切り取り」で削除してください。

    WIN:

    自動リップルをオンにする


    MAC:

    自動リップルをオンにする MAC


  • 動画のあるシーンを静止画にしたい

    Win版


    まず、タイムトラックで、スライダーを静止画にしたいシーンのところまでドラッグしてください。

    次に、動画を右クリックして、「フリーズフレーム」をクリックして、対象のシーンが静止画に出来ます。

    或は、動画をクリックして、タイムトラック上側のツールバーに「フリーズフレーム」のマークをクリックしてシーンを静止画に出来ます。

    最後に、トラックでその静止画をダブルクリックして、再生時間を調整出来ます。



    フリーズフレーム WIN


    Mac版

    下記のページに記載している操作ガイドの「動画のスクリーンショット」部分をご参考ください。

    https://filmora.wondershare.jp/guide-mac/video-snapshot.html

  • ビデオをタイムラインの任意の場所に入れたい

    Filmoraのビデオラン(一番目のタイムライン)にはビデオを任意の場所に置くことができませんが、下記の通りサンプル色をタイムラインに追加して対応することが可能です。

    まず、タイムラインの先頭にサンプル色のテンプレートを追加します。

    その後、「メディア」>「サンプル色」>「Black」を選択して、タイムラインに入れます。

    それから、サンプル色の画像をダブルクリックして、再生時間を調整します。

    最後に、ビデオを入れたい場所に追加します。


    Win版

    任意の場所 Win版

    再生時間 Win版


    Mac版

    任意の場所 Mac版

  • テキストのシンプル入力

    Win版

    シンプルにテキスト入力をする場合は、下記の手順で操作します。

    「テキスト/クレジット」からあるテンプレートを選択し、タイムラインに入れ、テキストをダブルクリックし、「編集」画面で「アニメーション」「ノーアニメーション」→「OK」を押すと、ノーアニメーションの文字編集ができます。

    シンプルなテキスト Win版


    Mac版

    シンプルにテキスト入力をする場合は、下記の手順で操作します。

    「テキスト/クレジット」からあるテンプレートを選択し、タイムラインに入れてください。

    それから、テキストをダブルクリックして、「タイトルインスペクタ」→「アニメーション」「ノーアニメーション」→「OK」を押すと、ノーアニメーションの文字編集ができます。

    シンプルなテキスト Mac版