使い方

  • 出力できた動画の再生時間が編集時より長くなってしまう

    動画を編集する際に、タイムトラックのとても後ろにエレメントが含まれている場合、

    出力できた動画の再生時間が、プレビュー時より長くなり、動画の後ろに真っ黒な空白が出てしまう現象が起こります。

    この場合、下記作業を行っていただきますようにお願いいたします。

    まず、該動画のプロジェクトファイルを再度開きます。

    タイムラインの右上にある「ズームイン」ボタンをクリックして、タイムラインの表示を最大化にしてください。

    次に、出力できた動画の再生時間に合わせて、タイムラインで不要なエレメントがあるかどうかを一度確認してください。
    不要なエレメント(最後の1秒)が入っている場合は、削除していただきますようにお願いいたします。

    その後、再度動画の出力をお試しいただければと思います。



  • Filmora9で同じ画面で複数の映像を流す方法

    同じ画面で映像を複数流す方法は2つございます。詳しくは下記をご確認ください。

    方法1:

    Filmora9にある【分割表示】エフェクトを利用して分割画面を作成することが出来ます。

    詳しくは下記URLのチュートリアル動画をご参照ください。

    https://www.youtube.com/watch?v=42qrPoVmKzU&list=PLp4n_Fk7suqhBE_JkzX-KWNCDuDxZ1yu-&index=16&t=16s

    方法2:

    まず、対象の画像1枚を1番目のビデオトラックにドラッグしてください。

    次に、1枚画像の再生場所に合わせて2枚目や3枚目の画像をそれぞれビデオトラック2や3にドラッグしてください。

    その後、タイムトラックでまず一番上のトラックの映像をクリックして、右上にあるプレビューウィンドウで画像をクリックすると、画像の周囲にドラッグポイントが表示されます。

    ドラッグポイントを動かして、画像のサイズと位置を調整します。他の画像も同じ方法でサイズと位置をお好みに合わせて調整することにより、分割表示が作成できます。

    複数画像を同時に表示

  • エンドロールが途中で途切れる

    Filmora のテキスト行数には制限はありませんが、最大入力文字数は 1,000 文字です。


    大変お手数ですが、下記の手順のとおりご操作ください。

    まず、テキスト入力枠に文字(複数行)を追加してください。

    それから、テキストの入力枠の左側の「アニメーション」>「Up Roll」を適用すると、行数制限なく追加した文字をアップロールできます。

    Win版

    エンドロール Win版


    Mac版

    エンドロール Mac版

  • 動画の元音声を削除して、他の音声に置き換える方法

    まず、動画をタイムラインに追加してください。

    次に、タイムラインで動画を右クリックして「オーディオを分離する」項目を選択すると、音声が動画から分離されます。オーデイオトラックで分離できた音声を削除してください。

    その後、別途ご用意されている音声ファイルを該動画の下にあるオーデイオトラックにドラッグ&ドロップしていただければと思います。

    詳しくは下記画像をご参照ください。

    オーデイオ分離1

    オーデイオ分離2

  • 作成中のプロジェクトファイルを再度開くと素材がなくなりました

    下記手順に沿い詳しくご確認宜しくお願いいたします。

    1,動画編集を始めた際の素材のインポート元(SDカードや携帯、パソコンのローカルデイスク)をご確認ください。

    2,動画素材をFilmoraにインポートするとは、Filmoraが素材の保存先から素材ファイルを読み込むことです。
    一度保存したプロジェクトファイルを再度開く際に、Filmoraは素材の元保存先へ素材を読み込みに行きます。
    SDカードや携帯などをパソコンから抜いたり、素材をローカルデイスクの元保存先より移動したり削除したりした場合、
    素材のリンクが切れて素材の読み込みが出来なくなります。
    それにより、一度保存できたプロジェクトファイルも正常に開けられません。

    素材が切れる症状は下記画像をご確認ください。

    素材リンク切れ1

    素材リンク切れ2


    対策は下記内容をご確認ください。

    1,SDカードや携帯から素材をインポートされた場合、

    大変お手数ですが、プロジェクトファイルを開く前に、SDカードや携帯をパソコンに接続させてください。
    その後、该プロジェクトファイルを改めて開いてください。

    2,パソコンのローカルデイスクより素材をインポートされた場合、

    ①:プロジェクトファイルを保存できた後素材をパソコンの元保存先から削除した場合、
    ごみボックスから「元に戻す」で素材を元保存先に戻し、プロジェクトファイルを再度開いて頂ければと思います。

    ②:素材をパソコンの元保存先から別のところに移動したり、素材の名前を変更したりした場合、該プロジェクトファイルを再度開いてください。

    それにより表示される「見つからないメデイアファイルを探す」という画面で右側にある検索ボタンをクリックして素材を再リンクしてください。
    プロジェクトファイル全ての素材の再リンクを完了しましたら、「OK」をクリックしてプロジェクトファイルを開いて頂ければと思います。

    詳しくは下記画像をご参照ください。

    素材リンク切れ3

    素材リンク切れ4

    素材リンク切れ5

  • 15分を超える動画のアップロード(Youtube)

    動画の長さの上限を引き上げる

    Youtubeまでアップロードできる動画の長さはデフォルトでは 15 分までですが、下記のページに記載されている手順に沿ってアカウントを確認することで、15 分以上の動画もアップロードできるようになります。ライブ ストリーミングを利用すると、15 分以上の動画のアップロードがデフォルトで有効となります。

    下記のURL をクリックして詳細をご確認いただきますようお願いいたします。

    https://support.google.com/youtube/answer/71673?hl=ja

  • Youtube/Facebookへのアップロードの失敗

    インターネット環境が不安定な場合、Youtube/Facebookにて動画を公開できない事があります。


    対策として、編集した動画を mp4 に出力し、手動で You Tube にアップロードしてください。

    まず、編集し終わった動画を MP4 形式で保存していただきますようお願いいたします。

    保存完了後、youtube ページの右上の「アップロード」をクリックして、保存した mp4 ファイルを選択し、公開してください。


    以下ページをご参照いただき、アップロードしていただきますようお願いいたします。

    Youtubeのアップロード手順:

    http://techmemo.biz/web-cheat-sheet/youtube-movie-upload

    Facebookのアップロード手順:

    https://ja-jp.facebook.com/help/166707406722029

  • 作成したDVDが自動的にループ再生される

    「Wondershare Filmora (Japanese)」はプログラム上、「再生完了後は最初から再度再生する」ように設定されており、出力したDVDも自動的に連続再生されます。

    弊社の下記製品はDVDの再生モードを設定することが可能です。どうぞお試しいただきますようお願いいたします。

    Wondershare DVD Memory

    Windows版

    ダウンロードURL:https://ssl-download.wondershare.jp/dvdmemory_full2667.exe

    操作ガイド:https://dvdcreator.wondershare.jp/guide/burn-video-to-dvd.html

    Mac版

    ダウンロードURL:https://ssl-download.wondershare.jp/dvdmemory_full706.zip

    操作ガイド:https://dvdcreator.wondershare.jp/guide/burn-video-to-dvd-mac.html

  • 好きな音楽をインポートしたい

    WIN:好きな音楽をソフトにインポートするには、

    まず音楽ファイルをCDやiTunesなどからパソコンに保存してください。
    その後、パソコンからその音楽ファイルをソフトにインポートして頂ければと思います。

    また、弊社ソフトで対応可能な音楽形式は下記URLにて確認ください。

    https://filmora.wondershare.jp/tech-spec.html


    好きな音楽をインポート

    MAC版:

    まず音楽ファイルをCDやiTunesなどからデスクトップに保存してください。
    その後、デスクトップから音楽のライブラリーではなく、メイン画面の「メディア」(左側の一番目の項目)のライブラリーにインポートしてください。(動画のインポート仕方と同じ)

    最後に、メディアライブラリーからその音楽をタイムトラックに追加して頂ければと思います。

    また、弊社ソフトで対応可能な音楽形式は下記URLにて確認ください。

    https://filmora.wondershare.jp/mac-tech-spec.html


    好きな音楽をインポートしたい MAC

  • 作成できたDVDはクローズド処理をしたものでしょうか。

    弊社ソフトで作成したDVD はクローズドされたものです。

    また、使われているのDVDは再利用できるDVDであれば、クローズドされても、DVDのプロパティーを見ると、空き容量がまだあると表示されます。

    ご確認をよろしくお願いいたします。

     


  • Dellパソコン利用で素材インポートする時にFilmora9がクラッシュしてしまいました。

    Dellパソコンご利用の場合、素材ファイルをFilmora9にインポートする際に、

    ソフトがクラッシュして「Bugsplat」というエラー画面が表示された場合、

    それはDellパソコンの3ds Maxのワークステーションと関係していると推測されます。

    該問題に対して考えられる解決策は下記2つあります。

    1、ご利用のパソコンがWindows10の場合、

    下記URLよりDell Backup and Recovery (DBaR)のバージョンをアップグレードすることにより、

    問題を解決することが出来ます。

    https://www.dell.com/support/article/jp/ja/jpbsd1/sln298526/dell-backup-and-recovery-dbar-%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3-windows-10?lang=ja

     

    2、ご利用のDellパソコンにある3ds Maxをアンインストールすることにより問題を解決することも出来ます。

    しかしながら、3ds Maxをアンインストールしましたら、パソコンのファイルバックアップおよびリカバリーに影響を与えることがございますので、どうぞ事前にご確認ください。

    3ds Maxのアンインストール方法は下記URLより詳しくご確認ください。

    https://knowledge.autodesk.com/ja/support/3ds-max/troubleshooting/caas/sfdcarticles/sfdcarticles/JPN/3ds-Max-Crash-occurs-when-opening-saving-or-browsing-for-a-file-in-3ds-Max-2018.html

     

    もし、上記方法で該問題を解決できない場合、弊社のサポートセンターまでお問い合わせください。


  • PDFファイルをFilmora9へインポートされたい


    弊社ソフトFilmora9は、PDFファイルを対応できかねます。
    弊社ソフトが対応可能のファイルの格式は下記URLにて確認ください。
    https://filmora.wondershare.jp/tech-spec.html
     
    PDFファイルをソフトにインポートするには、
    まず、お持ちのPDFファイルをPNGなどFilmora9が対応できるファイルへ変換してください。
    その後、変換できたファイルをフィモーラにインポートして頂ければと思います。


  • パワーポイント(PPT)ファイルをFilmora9へインポートされたい

    弊社ソフトFilmora9は、PDFファイルを対応できかねます。
    弊社ソフトが対応可能のファイルの格式は下記URLにて確認ください。
    https://filmora.wondershare.jp/tech-spec.html

    PDFファイルをソフトにインポートするには、
    まず、お持ちのPPTファイルをFilmora9が対応できる形式のビデオへ変換してください。
    その後、変換できたビデオをFilmora9にインポートして頂ければと思います。

  • ソフトのアイコンをデスクトップに表示させる方法

    ソフトのアイコンをデスクトップに表示させる方法は下記:

    WIN版:

    「スタート」→「全てのプログラム」で「 Filmora」を探し出し、デスクトップにドラッグして頂くと、ショートカットが作成できます。


    MAC版:

    「移動」→「アプリケージョン」を開き、「 Filmora」を探し出し、デスクトップにドラッグしていただくと、ショートカットが作成できます。

  • 複数のプロジェクトファイルを1つに結合することが出来ますか

    本ソフトFilmoraは同時に複数のプロジェクトファイルを読み込むことができない仕組みになっております。

    そのため、複数のプロジェクトファイルを1つにまとめて結合することが出来ておりません。

    作成している複数の動画を結合するには、

    まず、結合されたい複数のプロジェクトファイルをそれぞれmp4などの形式で出力してください。

    次に、出力できた複数の完成品(MP4など)動画を素材として全部Filmoraにインポートし、

    お気に入りの順番でタイムラインに追加して出力していただくことにより1つにまとめます。

    詳しい手順は下記:

    1、プロジェクトAをFilmora9で開いて頂き、

    「出力」ボタンをクリックして、「ローカル」の出力画面で動画をMP4形式指定して、
    パソコンのデスクトップに出力してください。

    2、プロジェクトBをFilmora9で開いて頂き、
    「出力」ボタンをクリックして、「ローカル」の出力画面で動画をMP4形式指定して、
    パソコンのデスクトップに出力してください。

    3、ソフトを再起動して、「新しいプロジェクト」をクリックします。
    1、2で作成できたMP4形式の動画を素材としてFilmora9にインポートします。

    4、その後、インポートしたMP4形式の動画をタイムラインに横並びで追加していただきます。

    5、最後に、出力ボタンをクリックして出力することにより、動画を1つとしてまとめます。

  • Windows版とMAC版の間でプロジェクトファイルに互換性がありますか

    Ver7,Ver8ではWindows版とMAC版の間でプロジェクトファイル(拡張し:windows版:.wve  MAC版:.wsve)に互換性はございません。

    しかしながら、Filmora9で作成しているプロジェクトファイル(拡張子.wfp)はWindowsとMAC間で互換性がございます。

    Windows版Filmora9を使い作成したプロジェクト(拡張子.wfp)をMAC版Filmora9で開くには、下記手順で操作をしてください。

    1、WindowsPCで作成していたプロジェクトファイル(拡張子.wfp)を再度開いて頂き、

    「ファイル」>「プロジェクトをアーカイブする」をクリックして、プロジェクトをパソコンのデスクトップに改めて保存してください。

    2、上記により再保存できたプロジェクトファイル(拡張子.wfp)をUSBなどに入れてMACに移行してください。

    3、MACでFilmora9を起動して、上記2、より移行できたプロジェクトファイル(拡張子.wfp)をダブルクリックして開いて頂ければMACで継続編集が出来ます。

    同様に、上記手順でMAC版Filmora9で作成していたプロジェクト(拡張子.wfp)をWindows版Filmora9で開くことも出来ます。


  • どのようにパソコンのグラフィックドライバーをアップデートしますか


    グラフィックドライバーは、コンピューターのビデオカード(ビデオアダプターや GPU とも呼ばれることがあります)を制御するシステムソフトウェアです。

    グラフィックドライバーをアップデートすることで、Filmora利用時にドライバーが古いことにより起こる可能性のある下記問題が改善することがあります。

    ※ドライバーが古いことにより起こる可能性のある問題は以下のものがありますが、これらに限られるわけではありません。

    l  GPUドライバ関係の起動クラッシュ

    l  動画編集中で起こるプレビューラグ

    l  動作が重い

    もし、動画編集時に上記問題、若しくは似たような問題が起きた場合、下記手順でグラフィックドライバーをアップデートすることをお試しください。


    グラフィックカードの製造元を識別

    グラフィックドライバーをアップデートする前に、パソコンにどのようなグラフィックカードを搭載されているかを確認する必要がございます。確認方法は下記2つあります。

    1、 DirectX 診断ツールを利用

    (1)   Windows で、[スタート]  を選び、タスクバーの検索ボックスに「dxdiag 」と入力します。 結果から [dxdiag] を選びます。

    (2)   DirectX 診断ツールで、「ディスプレイ」タブ(または「ディスプレイ 1」タブ)を選択して「デバイス」セッションでご利用のグラフィックカードの製造元、

    「ドライバー」セッションでドライバーのバージョンや更新日付などを確認することが出来ます。

    グラフィックカード情報確認

    2、 Wondershare Filmoraを利用

    (1)   Filmoraを起動して、「新しいプロジェクト」で編集画面に入ります。

    (2)   編集画面の左上に「ファイル」>設定>「パフォーマンス」をクリックします。

    (3)   GPU項目でプルダウンボタンを押すとご利用のグラフィックカード情報が表示されます。

    プログラム内でグラフィックカード情報を確認

    グラフィックドライバーの最新版をダウンロード

    ご利用のグラフィックカードに合わせて、下記URLからご利用のグラフィックドライバーをアップデートします。

    1、通常のドライバー

    (1)   Nvidiaユーザーは下記URLより最新バージョンのドライバーをごダウンロード:https://www.geforce.com/drivers

    (2)   AMD/ATiユーザーは下記URLより最新バージョンのドライバーをダウンロード:https://www.amd.com/ja/support/kb/faq/gpu-driver-autodetect

    (3)   Intel ユーザーは下記URLより最新バージョンのドライバーをダウンロード:https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/detect.html

    2、カスタマイズのドライバー
    パソコンのメーカーによっては、上記(Nvidia、AMD/ATi、Intel)ではなく、カスタマイズグラフィックカードを使用しています。その場合、各パソコンの製造メーカーのホームページで最新バージョンのドライバーを問い合わせ&ダウンロードして頂きます。
    下記URLは各パソコンの製造元のサポートウェブリンクがありますのでどうぞご確認ください。https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/topics/oems.html

    3、MACの場合:
    MACのOSのアップデートに伴い、グラフィックドライバーも同時にアップデートされます。
    そのため、MACのOSを最新までアップデートして頂ければ、グラフィックドライバーも最新になります。
    https://support.apple.com/ja-jp/HT201541




  • ソフトを使用中にプログラムがクラッシュした

    ソフトご利用中にソフトがクラッシュした場合は、お手数ですが、プログラムを再インストールしていただきますようお願いいたします。 現在ご使用のプログラムをアンインストールいただいた後、下記のURLから新たなプログラムをダウンロード&インストールいただきますようお願いいたします。


    Win版

    https://ssl-download.wondershare.jp/ve_full1103.exe

    Mac版

    https://ssl-download.wondershare.jp/video-editor_full1617.zip


    ご使用のソフトをアンインストールする前にまずは作業中のプロジェクトをプロジェクトファイルとして保存してください。左上の「ファイル」→「プロジェクト素材をまとめて保存」をクリックして、保存してください。

    新しくインストールしてから、保存したプロジェクトファイルを開いてください。製品画面の「ファイル」「最近使用したファイルを開く」をクリックすると、保存したプロジェクトファイルを開くことができますので、引き続き編集を行ってください。

  • バージョン情報の確認方法

    Win版

    製品のバージョンなどの情報確認をご希望の場合、製品画面左上のツールバーの「ヘルプ」>「製品情報」をクリックしてください。

    バージョンの確認 Win版

    バージョン Win版


    Mac版

    製品のバージョンなどの情報確認をご希望の場合、製品を開いて、ツールバーの「Wondershare Filmora」>「Wondershare Filmoraについて」をクリックするとご確認いただけます。

    バージョンの確認 Mac版

  • Filmoraの表示言語を英語から日本語に変更する方法

    ソフトの表示言語を英語から日本語に変更する方法は下記をご確認ください。

    Win版

    まず、Filmora9を起動して編集画面に入ります。

    次に、編集画面のトップメニューから【File】>【PreFerences】>【User Interface】>【Language】 を日本語に変更できます。


    Mac版

    MAC版ソフトウェアの表示言語はPCのシステム最優先言語と一致しています。ソフトウェアの表示言語を変更したい場合、下記の手順とおり、PCのシステム言語を変更してから、PCを再起動してください。

    「システム環境設定」>「言語と地域」>「優先する言語」の枠に言語の位置を調整してください。「日本語」を最優先に設定し、「言語と地域」の設定画面を閉じて、PCをリスタートすると、PCの表示言語とソフトの表示言語が日本語に変更されます。

  • 最初からFilmora9に内蔵している【搭載素材】をダウンロードできません

    御利用のパソコンがプロキシサーバーを経由してインターネットに接続されている場合、Filmora9内蔵のエフェクトをダウンロードできない問題が起こります。この場合、下記手順に沿い【搭載素材】を一括でダウンロードしていただければと思います。

    まず、ソフトを起動して編集画面に入ります。

     次に、「オーディオ」にある任意な音楽ファイルを右クリックして「すべてをダウンロードする」を選択します。それによりFilmora9内蔵素材【搭載素材】の一括インストーラファイルのダウンロード画面に入ります。

    表示されたダウンロード画面で「Filmora9 V9.0Built-In Effect Pack」という一括インストーラファイルをダウンロードしてください。

     その後、一度ソフトを閉じてください。ダウンロードできたインストーラファイルを実行させることによりFilmora9にある搭載素材を一括でインストールできます。

     最後、ソフトを再起動すれば、搭載素材が全部ダウンロード済みの状態になり、そのまま御利用いただけると思われます。

  • 前のクリップを削除すると、後ろのクリップは自動的に前に詰まってしまう

    Filmora9には、【自動リップル】という機能を搭載しております。

    自動リップルをオンにすれば、前のクリップを削除すると、後ろのクリップが自動的に前に詰まります。

    自動リップルをオフにしましたら、タイムトラックに追加したクリップの位置が自動的に動くことがございません。この場合、前のクリップを削除しても、後ろにあるクリップは自動的に前に詰まりません。

    詳しくは下記画像をご参照ください。

    ①自動リップルをオンにする:

    自動リップルをオンにする

    ②自動リップルをオフにする:

    自動リップルをオフにする

  • 動画のあるシーンを静止画にしたい

    Win版


    まず、タイムトラックで、スライダーを静止画にしたいシーンのところまでドラッグしてください。

    次に、動画を右クリックして、「フリーズフレーム」をクリックして、対象のシーンが静止画に出来ます。

    或は、動画をクリックして、タイムトラック上側のツールバーに「フリーズフレーム」のマークをクリックしてシーンを静止画に出来ます。

    最後に、トラックでその静止画をダブルクリックして、再生時間を調整出来ます。



    フリーズフレーム WIN


    Mac版

    下記のページに記載している操作ガイドの「動画のスクリーンショット」部分をご参考ください。

    https://filmora.wondershare.jp/guide-mac/video-snapshot.html

  • ビデオをタイムラインの任意の場所に入れたい

    Filmoraのビデオラン(一番目のタイムライン)にはビデオを任意の場所に置くことができませんが、下記の通りサンプル色をタイムラインに追加して対応することが可能です。

    まず、タイムラインの先頭にサンプル色のテンプレートを追加します。

    その後、「メディア」>「サンプル色」>「Black」を選択して、タイムラインに入れます。

    それから、サンプル色の画像をダブルクリックして、再生時間を調整します。

    最後に、ビデオを入れたい場所に追加します。


    Win版

    任意の場所 Win版

    再生時間 Win版


    Mac版

    任意の場所 Mac版

  • 追加したテキストが映像の上に表示されません

    字幕などを映像に入れる際に、映像が追加されてあるトラックの上のトラックに追加していただきますようにお願いいたします。

    例えば:ビデオトラック1:映像
        ビデオトラック2:テキスト

    テキストの詳しい作成方法は下記URLのチュートリアル動画をご参照いただきますようにお願いいたします。

    【テキスト&タイトル】:https://www.youtube.com/watch?v=uP_4oV-khJU&list=PLp4n_Fk7suqhBE_JkzX-KWNCDuDxZ1yu-&index=15&t=3s
    【テキスト編集・上級編】:https://www.youtube.com/watch?v=3UqBLNp4oYw&t=43s