X
filmora logo
Filmora-動画編集アプリ
APP Storeからダウンロード(無料)
Google Playからダウンロード(無料)
入手
ステマとは?インフルエンサーがするべきPR方法
インフルエンサーにおすすめの動画編集ソフトFilmora

【注意】ステマとは?インフルエンサーがするべきPR方法も解説!

fukuda
fukuda リリース日: Dec 20, 22, 更新日: Feb 09, 23

近年では、インフルエンサーがステマをして、社会的問題に発展するケースは多々見られます。また、インフルエンサーだけではなく、発信活動をしている方でステマをしている方も少なくありません。

しかし「ステマ」とは、マーケティング業界で使われる言葉であり、犯罪性を指す言葉ではありません。なので、これから発信活動を行う方や、インフルエンサーとして活動する方は、ステマの意味を理解しておくとよいでしょう。

本記事では、ステマの意味やステマが炎上する、インフルエンサーがステマを防止するポイントなどについて解説します。発信活動でファン作りをしたい方や、SNSで収入を得たい方は、本記事を参考にしてください。

目次

インフルエンサーにおすすめの動画編集ソフトFilmoraを無料ダウンロード

動画素材

1.そもそも「ステマ」とは

「ステマ」とは、ステルスマーケティングの略語であり、マーケティング用語の一つです。視聴者に広告だと気づかせないPR方法がステマであり、従来の広告より視聴率が長い傾向にあります。

基本的には、ステルスマーケティングに違法性はありません。しかし、虚無の情報を伝えたり、景品表示法に引っかかる発言をしたりすると、違法に該当する可能性もあります。

とはいえ、広告に見せないPR方法は認められています。ただし、「ファンを騙している」と考える視聴者は多いです。そのため、ステルスマーケティングは、違法行為ではないが、ユーザーに不快感を与えるリスクが高いマーケティング手法と考えられます。

インフルエンサーマーケティングとステマの違い

「ステマ」と関連して名前が上がるのは、「インフルエンサーマーケティング」です。しかし、「ステマ」と「インフルエンサーマーケティング」は、本質的に異なります。

「インフルエンサーマーケティング」は、SNSでフォロワー数やインプレッション数の多いユーザーに、商品やサービスを紹介してもらうマーケティングです。

商品やサービスを紹介する際に「自分がいいと思った装いで紹介してください」と企業がインフルエンサーに依頼すると、ステルスマーケティングに該当します。

おすすめ記事:インフルエンサーなるには?人気になるコツとタイアップ成功例もご紹介

2.なぜステマは炎上するのか

前述したように、ステマは「ファンを騙して収益を得ている」と考えられるケースがあります。企業から報酬を得ながら正当な評価をしている雰囲気を装うと、「これはいい商品だ!」と考える視聴者は多いでしょう。

紹介方法によっては「やらせ」と思われるケースも少なくありません。「視聴者の期待を裏切る」という意味でも、ステルスマーケティングは、リスクの高いマーケティング手法といえるます。

2.1.ステルスマーケティングで炎上した事例

ここでは、ステマで炎上した事例を紹介します。ステルスマーケティングのリスクを理解するためにも、参考にしてください。

①食べログ事件

食べログ事件は、2012年に発覚した、良い口コミをステマで増やした事例です。飲食店が口コミ代行業者に報酬を支払い、良い口コミを掲載してもらう手法です。

口コミ代行業者からの営業を受けた飲食店が食べログの運営会社に連絡して、ステマをしている飲食店が明るみに出ました。

②アナ雪2漫画事件

2019年12月に「アナと雪の女王2」の感想漫画が、Twitterで一気に拡散されました。投稿を見たユーザーは「ステマではないか?」と話題になり、インターネット上で問題になった事例です。

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、「アナと雪の女王2 感想漫画企画」を立ち上げ、プロモーションの一環で行っていました。しかし、PRの表記漏れにより、視聴者からは「ステマ」と認識されています。

3.なぜステマは炎上するのか

インフルエンサーがステマを防止するポイント

ここでは、インフルエンサーがステマを防止するポイントについて解説します。インフルエンサーとして活動している方や、インフルエンサーをこれから目指す方は、参考にしてください。インフルエンサーがステマを防止するポイントは、以下の通りです。

  • PRである旨を視聴者に伝える
  • ステマを希望する企業案件は受注しない
  • 視聴者が不快になる広告は使用しない

それぞれ順番に解説します。

3.1.PRである旨を視聴者に伝える

企業からのPR案件を受注する際は、PRである旨をコンテンツに記載しましょう。

動画素材

上記の画像は、YouTube動画にPR案件である旨を視聴者に伝える機能です。企業案件である旨を視聴者に伝えることで、ユーザーがステマと認識するリスクはありません。

InstagramやTwitte、YouTubeでは、ステルスマーケティングを禁止しています。発信活動をする方は「#PR」と記載したり、「プロモーションを含む」などの表記をして、ステマをしていないコンテンツだと表明しましょう。

3.2.ステマを希望する企業案件は受注しない

SNSマーケティングが主流になっている現代では、ステマを依頼する企業は多いです。しかし、ステマはインフルエンサーのリスクになるので、ステマの企業案件は推奨しません。

ただし、従来のPR案件よりもステマ案件は報酬が高い傾向です。短期的な視点では大きな報酬になりますが、長期的に見ると、大きなリスクになります。

SNSを通じた企業案件は、PR方法に注意しながら、案件を受注してください。

3.3.視聴者が不快になる広告は使用しない

近年の動画コンテンツでは、動画に広告シーンを挟み込むコンテンツが多くみられます。YouTubeなどでは、視聴者が広告動画をスキップできる機能が搭載されています。しかし、動画そのものに広告シーンを挟み込まれると、従来のようにスキップはできません。

上記の例は、ユーザーに広告をみてもらう、有効的なマーケティング手法といえます。しかし、広告の入れ方を間違えると、視聴者に大きな不快感を与えます。

動画に広告を入れる際は、適切なタイミングで、視聴にストレスがない工夫を行いましょう。

4.なぜステマは炎上するのか

動画に適切な広告を入れる方法

ここからは、動画に適切な広告を入れる方法について解説します。大前提として、PRである旨を記載してください。動画に適切な広告を入れる方法は、以下の通りです。

  • 商品やサービスの値段を記載する
  • デメリットもテキストで伝える
  • 商品が魅力的に映る演出をする

それぞれ順番に解説します。

4.1.商品やサービスの値段を記載する

動画に適切な広告を入れる方法:商品やサービスの値段を記載する

商品やサービスの値段を記載しない場合、ステマに勘違いされる可能性があります。普段から愛用している商品を紹介する場合でもステマと勘違いされるリスクがあるので、商品やサービスを紹介する際は、値段の記載を推奨します。

というのも、視聴者はステマに敏感になっている傾向です。少しでもPRと勘違いされると「ステマじゃないの?」と過剰に反応する可能性があります。

企業から商品やサービスの紹介依頼があった場合は、商品やサービスの詳細情報をヒアリングして、値段まで記載するよう意識するとよいでしょう。

4.2.デメリットもテロップで伝える

動画に適切な広告を入れる方法:デメリットもテロップで伝える

動画で商品やサービスをPRする際は、メリットよりデメリットの方が大切、と考えられています。なぜなら、メリットだけを信じて購入したユーザーから反感をもらう可能性があるからです。

また、商品の良さだけを発信していると、視聴者はインフルエンサーを信頼しない傾向にあります。発信側の信頼を維持するためにも、「〇〇な方にはおすすめしない」などのデメリットも記載しましょう。

4.3.商品が魅力的に映る演出をする

商品が魅力的に映る演出をすることも、視聴者に不快感を与えない方法です。PRする商品が素晴らしいものであれば、魅力的な演出は必須といえるでしょう。

たとえば、ファッションアイテムやアクセサリーを紹介する場合、商品が魅力的にみえないと、視聴者はどのように考えるでしょうか。

「あんまりオシャレに感じない...」と思い、ステマだと勘違いされる可能性があります。そのため、紹介する商品やサービスは、魅力的に映る演出を行いましょう。

ただし、実物と異なるように映る演出をすると、「騙された」と勘違いされるリスクもあるので、注意してください。

5.PR動画作成におすすめの動画編集ソフト5選

ここでは、PR動画作成におすすめの動画編集ソフトを紹介します。動画編集に慣れていない方でも使える動画編集ソフトも紹介しているので、自分らしい動画作成に活用してください。

5.1.初心者でも使いやすい動画編集ソフトFilmora

動画素材
製品名 Filmora
対応OS

Windows / 7 (64 bit OS)・10・11

MacOS/10.13-12(M1対応可能)

メリット
  • すべての機能を直感的に使用できる
  • ネット上に情報量が多い
  • 操作性に優れている
デメリット
  • 一部有料

本格的な作品を簡単に作りたい方には、Filmoraがおすすめです。Filmoraとは、世界各国で使用されている人気の動画編集ソフトであり、直感的に使用できることがFilmoraの魅力です。

有料級の動画素材を使用できるので、動画編集の知識がない方でも、高品質な動画を作成できます。かわいい動画素材を活用すれば、商品やサービスの魅力を、楽しく伝えることが可能です。

テンプレート素材を活用すれば、動画素材を挿入するだけで、プロと同等の作品を、短時間で作成できるでしょう。

動画クリエイターではないインフルエンサーでもプロ級の動画を作成できるので、演出にこだわったPR動画を作成したい方は、Filmoraがおすすめです。

5.2.画面録画・バーチャルヒューマンライブ配信ソフトDemoCreator

画面録画・バーチャルヒューマンライブ配信ソフトDemoCreator
製品名 DemoCreator
対応OS

Windows / 7・10・11 (64ビットOSのみ)

MacOS/v12・11(Big Sur)・ v10.15(Catalina), ・v10.14(Mojave)・v10.13 (High Sierra)

メリット
  • 画面録画・ライブ配信から動画編集まで対応
  • 質の高い動画編集機能を搭載している
デメリット
  • 一部有料
  • 本格的な動画編集には不向き

DemoCreatorは、画面録画から動画編集までに対応している、オールインワンソフトです。画面録画やWebカメラを使用した録画に特化しているので、画面上でPR動画を作成したい方に最適のソフトです。

画面録画・バーチャルヒューマンライブ配信ソフトDemoCreator

DemoCreatorに搭載されている「アバター機能」を活用すれば、VTuberとして活動することも可能です。顔出しをしていないインフルエンサーには、魅力的な機能といえるでしょう。

ただし、Filmoraにくらべると、本格的な動画編集には物足りない印象です。しかし、従来の動画編集ソフトでは使用できない機能を活用できるのは、DemoCreatorの魅力といえます。

5.3.高度な編集が実現できる動画編集ソフトAdobe Premiere Pro

高度な編集が実現できる動画編集ソフトAdobe Premiere Pro
製品名 Adobe Premiere Pro
対応OS

Windows / 7 (64 bit OS)・10・11

MacOS/10.13-12(M1対応可能)

メリット
  • 本格的な動画編集に対応している
  • Adobe製品と連動して使用できる
デメリット
  • 完全有料
  • 中級者~上級者向け

Adobe Premiere Proは、国内での利用が多い動画編集ソフトです。本格的な動画編集ができる多機能
ソフトなので、プロ級の動画を作りたい方におすすめです。

PhotoshopやIllustratorなどのAdobe製品と連動してつかえるので、Adobeソフトを普段から使っている方には、使い勝手のよい動画編集ソフトといえます。

完全有料というデメリットはありますが、使いこなせると、動画クリエイターとして収益をえることも可能です。

勉強期間を設けて動画編集を学びたい方には、Adobe Premiere Proをおすすめします。

5.4.Mac専用の完全無料動画編集ソフトiMovie

高度な編集が実現できる動画編集ソフトAdobe Premiere Pro
製品名 iMovie
対応OS

MacOS/10.14・10.15・11・12

メリット
  • すべての機能を無料で使用可能
  • わかりやすいインターフェース
デメリット
  • 本格的な動画編集には不向き
  • Mac専用

iMovieは、無料で使用できる動画編集ソフトです。直感的に使用できるので、難しい専門知識は必要ありません。テンプレート素材も充実しているので、おしゃれなPR動画動画も簡単に作成できるでしょう。

ただし、iMovieは本格的な動画編集には不向きな印象です。Filmoraに比べると、動画編集素材も少ないです。しかし、手軽に動画編集を体験できるので、気軽に動画を作成したい方には、iMovieをおすすめします。

5.5.Windowsで無料の動画編集ソフトFree Video Editor

Windowsで無料の動画編集ソフトFree Video Editor
製品名 Free Video Editor
対応OS

Windows 7.8.10.vista.XP.SP3

メリット
  • 無料で使用できる
  • 基本的な動画編集機能は搭載されている
デメリット
  • Windows専用
  • 情報量が少ない
  • 本格的な編集には機能が物足りない

Windowsで無料の動画編集ソフトを探している方は、Free Video Editorがおすすめです。カットやエフェクトなどの基本的な動画編集機能は搭載しているので、簡単なPR動画は作成できるでしょう。

シンプルでわかりやすい編集画面なので、動画編集の知識がない方でも簡単に使用できることは、Free Video Editorの魅力です。

本格的な動画編集には不向きですが、SNSに投稿する簡単な動画であれば、Free Video Editorでも問題ありません。

5.6.インフルエンサーのPR動画作成にはFilmoraがおすすめ!

SNSでPR動画を作成するなら、Filmoraがおすすめです。Filmoraで用意されている動画素材を活用すれば、PRする商品やサービスの魅力を、楽しく伝えられるでしょう。

ここでは、Filmoraの優れた機能を紹介します。すべて簡単に使用できる機能なので、ぜひ活用してください。

①あらゆるSNSに対応

Filmoraは、YouTubeやInstagramなど、さまざまなSNSのサイズにあわせた動画を、簡単に作成できます。

さまざまなSNSのサイズにあわせた動画を、簡単に作成

縦動画を作成するさいは、「9:16(縦画面)」を選択するだけで設定できます。

YouTubeやViemoに直接投稿できるので、完成した作品を保存して、別々に投稿する手間を省くことが可能です。

②オートリフレーム

オートリフレームは、動画のサイズを自由にトリミングできる機能です。横動画から縦動画への編集に役立つので、多くのインフルエンサーが活用しています。

また、Filmoraのオートリフレームには、被写体を追従する機能が搭載されています。そのため、被写体が映像から抜ける心配はありません。

YouTube用に作成した横動画を縦動画に変更する際は、ぜひ活用してください。

③デザイン文字

Filmoraでは、装飾が施されたテキスト素材を、好きに活用することが可能です。テキストの編集は細かい作業が多く、時間がかかります。

しかし、Filmoraのデザイン文字を活用すれば、短時間で魅力的なテキストをつくれます。用意されているデザイン文字は簡単に編集できるので、オリジナル文字の作成も可能です。

関連記事:デザイン文字活用法・二重縁取り・グラデーション

Filmoraのデザイン文字

6.インフルエンサーがPR案件を受注する際の注意点

ここでは、インフルエンサーがPR案件を受注する際の注意点について解説します。信頼されるインフルエンサーになるためにも、必ず理解しておきましょう。インフルエンサーがPR案件を受注する際の注意点は、以下の通りです。

  • PR案件は必ず伝える
  • 虚無の情報を伝えない
  • 誇張した表現は使わない

それぞれ順番に解説します。

6.1.PR案件は必ず伝える

前述したように、SNSで企業案件を受注する際は、PR案件である旨を記載しましょう。どのような発信媒体でも、 PR案件である旨を視聴者に伝えておくと、ステマと認識される事態にはなりません。

ステマの案件は将来的に信用を失う可能性が高いので、SNSで受注する案件は、PR表記可能の案件を受注すると良いでしょう。

6.2.虚無の情報を伝えない

企業のPRに貢献したいと考えても、虚無の情報を伝えるのはNGです。具体的には、健康食品から得られる効果に嘘をついたり、実際の値段と異なる価格を伝えたり、などが挙げられます。

嘘の情報を伝えて商品を販売した場合は、法律違反に該当する恐れがあるので、視聴者には真実の情報を提供してください。

6.3.誇張した表現は使わない

PRにおける誇張した表現とは、商品やサービスの魅力を大袈裟に伝えることです。前述した、虚無の情報と近い意味合いですが、「嘘はついていない」ため、法に触れるなどの問題はありません。

しかし、誇張表現は視聴者に勘違いさせる表現です。また、取り扱う商品によっては、景品表示法違反に該当する恐れがあります。

商品を自分で使った感想を発信するのは問題ありませんが、商品の情報や効果を盛って説明するのは、信用を失うリスクが高いです。

関連記事:インスタグラマーの年収は?稼げるコツまで解説

7.まとめ:ステマにならないPRをするインフルエンサーになろう!

本記事では、ステマの意味やステマが炎上する、インフルエンサーがステマを防止するポイントなどについて解説しました。ステマは犯罪行為ではありませんが、信頼を失うリスクがあります。そのため、企業からのPR案件は、「PRである旨を記載できるかどうか」を判断基準にするとよいでしょう。

なお、動画のPR動画を作成するなら、Filmoraがおすすめです。すべての機能を感覚的に使用できるうえ、質の高いプロ級の動画を簡単に作成することが可能です。

テンプレート素材も充実しているので、魅力的に商品を紹介できるでしょう。基本的な機能はすべて無料で体験できるので、質の高い発信活動をしたい方は、Filmoraの素晴らしさを、ぜひ体験してください。

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
fukuda
fukuda Feb 09, 23
記事をシェアする: