Filmora
Filmora - AI動画編集アプリ
強力でシンプルなビデオ編集アプリ
入手
在宅ワークでできる動画編集仕事・副業
動画編集に向いている人の特徴や、動画編集の始め方、案件を受注する方法などご解説

在宅ワークでできる動画編集の仕事・副業とは?始める方法をご紹介

fukuda
fukuda リリース日: Aug 26, 22, 更新日: Dec 29, 23

動画編集は、在宅で仕事をできるため、副業として人気が高いです。また、最低限の準備だけすれば誰でも動画編集の副業を開始できるので、「自分で映像を作ってみたい!」と考えている人におすすめできる副業といえるでしょう。

本記事では、動画編集に向いている人の特徴や、動画編集の始め方、案件を受注する方法などについて解説します。

在宅ワークの副業として動画編集に興味を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

目次

Part1.在宅ワークでできる動画編集の仕事・副業の内容と向いている人

ここでは、在宅ワークの動画編集の仕事内容、動画編集の仕事に向いている人の特徴を紹介します。

1.1.在宅ワークでできる動画編集の仕事・副業内容

在宅ワークでできる動画編集の仕事・副業内容は多岐に渡ります。

  • YouTube動画編集
  • SNS動画編集
  • 広告(IT領域)動画編集
  • ミュージックビデオ

細かいジャンルに分けると、動画編集の仕事内容は多くありますが、動画編集初心者には、YouTube動画・SNS動画の編集をおすすめします。

YouTube動画やSNS動画の編集作業は、難しいスキルを求められるケースはほとんどありません。

なぜなら、テロップやSE(効果音)など、動画編集未経験でも簡単に使えるスキルだけでこなせる案件が多いからです。

そのため、動画編集未経験の人は、YouTubeやSNS動画の編集から始めるとよいでしょう。

おすすめ記事:動画編集の副業バイトで稼ぐガイドライン

おすすめ記事:パソコンでできる副業10選【月5万円を目指せる】

おすすめ記事:【PC&スマホ】YouTubeに動画をアップロード&投稿する方法

【初心者向け】TikTok・Instagramリール・YouTubeショートに最適な縦動画の作り方| Filmora

1.2.在宅でできる動画編集の仕事・副業が向いている人

在宅でできる動画編集の仕事・副業が向いている人は以下の通りです。

1.細かい作業が好きな人

「華やかな作品を作りたい!」と考える人は多いですが、動画のカットや音の編集、テロップの挿入など、動画編集は地味な作業が続きます。

そのため、「華やかな演出だけをしたい!」と考えている人は、動画編集には向いていないといえるでしょう。

逆に、細かな修正を続けられる人は、楽しみながら動画編集の作業を続けられる傾向にあります。

2.作品作りやものづくりが好きな人

作品作りやものづくりが好きな人は、魅力的な動画を作れる可能性が高いです。動画編集は地道な作業の繰り返しですが、仕上がった作品は華やかになります。

動画クリエイターには、絵やイラストなどのアート作品を作る人も多いので、動画編集は作品作りが好きな人には最適の仕事・副業といえるでしょう。

3.向上心が高い人

動画編集の世界は、時代によって求められるスキル・内容が異なります。

また、時代によって求められる演出は変わるため、過去に通用したスキルが使えない、などの事例は多いです。

一方で、向上心が高く時代の流行をキャッチできる人は、人気の動画編集者になれる可能性は高いです。

身につけたスキルに満足せず、勉強を続けられる人には動画編集の仕事・副業をおすすめします。

おすすめ記事:動画編集をバイト・副業におすすめな理由と諸事項

Part2.在宅ワークできる動画編集の仕事・副業をするために必要なもの・スキル

ここでは、在宅ワークでできる仕事・副業をするために必要なものやスキルについて紹介します。

動画編集を始めるためには必要な情報なので、理解しておきましょう。

2.1.在宅ワークで動画編集の仕事・副業をするために必要なもの

在宅ワークで動画編集の仕事・副業をするために必要なものは、大きく分けて以下の3つです。

1.ネット環境

ネット環境は、クライアントから動画データを受け取ったり、動画素材をダウンロードするために必要です。

動画編集は容量の大きいデータを扱うため、ポケットWi-Fiではなく、光回線などの通信速度の速いWi-Fiを使用しましょう。

2.パソコン

動画編集は基本的にパソコンで行います。スマホでの動画編集は可能ですが、細かい編集はできないため、パソコンを用意しましょう。

また、動画編集は大容量のデータを処理するため、スペックの高いパソコンを推奨します。

3.動画編集ソフト

動画編集ソフトには、初心者向けから上級者向けまでと、さまざまな製品が用意されています。

上級者向けの動画編集ソフトには、CG制作やエフェクト作成など、レベルの高い動画を作成できる機能が充実しています。

しかし、操作方法は難しいため、動画編集初心者には使いこなせない可能性が高いです。

なので、これから動画編集を始める人には、初心者でも扱える有名な動画編集ソフトFilmoraや、Premiere Proをおすすめします。

2.2.在宅ワークで動画編集の仕事をするために必要なスキル

動画編集の仕事をするために必要なスキルは、下記の通りです。

 

スキル

概要

カット

映像の不要な部分を切り取る

BGM・SE

BGM・効果音の加える

テキスト挿入

タイトル・テロップ・字幕を加える

カラーグレーディング

映像の色を調整する

エフェクト・トランジション

映像に演出を加える

動画編集に必要なスキルはさまざまありますが、未経験の人は上記のスキルを使いこなせると、簡単な動画編集の案件は受注できます。

まずは、基礎から学習して、動画編集に慣れてくると「撮影」や「ディレクション」などの一歩上の業務を目指すとよいでしょう。

Part3.在宅ワークで動画編集の仕事・副業をするにおすすめのソフト

ここからは、在宅ワークで動画編集の仕事・副業におすすめの動画編集ソフトを紹介します。

それぞれの特徴を解説するので、あなたにあった動画編集ソフトを活用してください。

在宅ワークで動画編集の仕事・副業におすすめのソフト①Filmora

動画編集ソフトFilmora

製品名

Filmora

対応OS

Windows :7/ 8(Windows 8.1を含む)/10/ 11

MacOS:10.14/10.15/ 11/12

特徴

初心者でもプロ級の動画を作成できる

おすすめ機能

自動字幕起こし

価格

1年間プラン:6,980円(税込)
買い切り型:9,980円(税込)

Filmoraとは、世界的に有名なクリエイティブ会社「Wondershare」が開発した人気の動画編集ソフトのことです。

シンプルながら使いやすいFilmoraは、YouTuberや本格的な映像作品を手掛ける動画クリエイターに愛用されています。

すべての機能を感覚的に操作できるので、難しい専門知識は必要なく、プロ級の動画を作成できることが、Filmoraの特徴です。

Filmoraの特徴

無料で使用できるエフェクトやトランジションも充実しているため、動画編集にかかる時間を大幅に削減できます。

動画編集にかかる時間を大幅に削減

Filmoraに搭載されている「自動幕起こし」という機能は、動画内の音声をAIが認識して、自動でテキストに変換してくれます。

そのため、自分で音声を聴きながら手打ちでテロップを入力する手間はかかりません。

質の高い動画を簡単に作れるうえ、短時間で動画編集を完了できるので、未経験の人におすすめの動画編集ソフトです。

「初心者向けの動画編集ソフトでも、質の高い動画を作りたい!」と考えている人は、Filmoraをぜひ活用してください。

在宅ワークで動画編集の仕事・副業におすすめのソフト②Premiere Pro

Premiere Pro

製品名

Premiere Pro

対応OS

Windows 10(64 ビット)日本語版バージョン 

macOS v10.15(Catalina)以降

特徴

Adobe製品と連動できる

おすすめ機能

ショートカットキーのカスタマイズ

価格

月々プラン:3,828円(税込)
年間プラン(月々払い):2,728円(税込)
年間プラン(一括払い):28,776円(税込)

 

Premiere Proは、Adobe社が提供している人気の動画編集ソフトです。搭載されているエフェクトやトランジションも充実しているため、使いこなせると質の高い動画を作成できるでしょう。

また、After EffectsやPhotoshopなどのAdobe製品と連動して使えるため、よりクリエイティブな動画を作成することが可能です。

Premiere Proは、ショートカットキーを好きにカスタマイズできます。ショートカットキーとは、特定のキーを入力すると機能を使用できる、動画編集の作業を効率化する機能のことです。

ショートカットキーをオリジナルカスタマイズすることにより、作業時間を大幅に削減できるでしょう。

在宅ワークで動画編集の仕事・副業におすすめのソフト③Democreator

Democreator

製品名

Democreater

対応OS

Windows :7/ 8(Windows 8.1を含む)/10/ 11

MacOS:10.14/10.15/ 11/12

特徴

ハイクオリティな画面録画ソフト

おすすめ機能

画面録画・アバター機能

価格

年間スタンダードプラン:2,980円/年(税込)
年間プレミアプラン:3,980円/年(税込)
永続ライセンス:5,480円(税込)

 

DemoCreatorは、Wondershare社が開発した、動画編集機能を備えている画面録画ソフトです。

従来の動画編集ソフトに画面録画機能は備わっていません。

しかし、DemoCreatorであれば画面録画機能が搭載されているため、従来の動画編集ソフトではできない編集が可能です。

具体的には、ゲームプレイ画面を録画できたり、ウェビナーなどで使用するオンラインミーティングに録画をしたりする、などが挙げられます。

カットやテロップ、エフェクトやトランジションなどの動画編集に必要な機能はすべて搭載されているので、録画したデータを動画編集ソフトにインポートする手間はかかりません。

動画編集機能を備えている画面録画

DemoCreatorに搭載されているアバター機能を活用すれば、顔出しをせずに画面録画をすることが可能です。

FilmoraやPremiere Proのようなプロ級の動画作成には物足りないかもしれませんが、ゲーム動画やプレゼン動画などの作成には最適の動画編集ソフトです。

Filmoraの無料ダウンロードルートはこちら

Part4.動画編集を仕事・副業にするために、スキルの勉強方法

動画編集を仕事・副業にするために必要なスキルを学ぶ方法は、大きく分けて以下の2つです。

  • 動画編集スクール・セミナー講座を受講する
  • 動画編集のスキルを独学する方法

動画編集のスキルを短期間で身につけるなら、スクールやセミナーの受講をおすすめします。予算に余裕のある人は、独学で勉強するとよいでしょう。

スクールでは、現役の動画クリエイターから直接指導をもらえるので、スキルを習得するまでの期間は短くなります。

独学は自分で調べながら勉強を進めるので、疑問点の解消などに時間を要します。

しかし、ネットやYouTubeなどには、有益な動画編集スキルを無料で学べるコンテンツが充実しているので、出費を抑えてスキルを習得できます。

Part5.在宅ワークでできる動画編集の仕事・副業の見つけ方

動画編集のスキルの学習方法は理解できたものの、案件を獲得する方法も理解しておかないと、収益をあげられません。

在宅ワークでできる動画編集の仕事・副業の見つけ方は、以下の通りです。

  • クラウドワークスを活用する
  • ランサーズを活用する
  • ココナラ を活用する
  • 求人広告を利用する

クラウドワークスやランサーズとは、案件を発注した企業や個人と、案件を受注したい人をマッチングさせる、クラウドソーシングのことです。

動画編集を始めたばかりの人でも受注できる案件がたくさん用意されているので、副業に最適のサービスといえます。

ココナラは、案件を受注したい人がサービスを発信して、依頼を受けられるサービスです。

案件の受注単価を自分で設定できるので、実績を作りたい人からガッツリ稼ぎたい人までと、ココナラは幅広く利用されています。

また、動画クリエイターとして正社員で働きたい場合は、求人広告を掲載しているサービスを活用しましょう。

動画編集の求人が多く見られる求人サイトには、「indeed」や「転職サイトGreen」などが挙げられます。

企業の公式ホームページにも動画編集の求人を出している可能性はあるので、定期的にチェックすると良いでしょう。

Part6.在宅ワークでできる動画編集の仕事の雇用形態と仕事をする際の注意点

在宅ワークで動画編集を始めたら、下記の2点に注意しましょう。

    6.1.在宅ワークでできる動画編集の仕事の雇用形態

    在宅ワークでできる動画編集の仕事の雇用形態は、大きく分け以下の4つです。

     

    雇用形態

    特徴

    業務委託

    案件単価で仕事をする/最も多い

    正社員

    固定給で仕事をする/求人は少ない

    契約社員・派遣社員

    固定給で仕事をする/時期によって変動

    アルバイト・パート

    時間給で仕事をする/求人は少ない

    動画編集の仕事・副業で最も多い雇用形態は、業務委託です。案件によって単価は異なりますが、自分のライフスタイルに合わせて仕事をすることができます。

    正社員や契約社員、アルバイトなどの、企業に直接雇用される働き方では、高いスキルを求められるケースが多くみられます。

    直接雇用の求人を出すのは映像制作会社が多く、未経験では入社できない可能性が高いです。

    在宅ワークで動画編集を始めるなら、業務委託から始めることを推奨します。

    6.2.税金・法律注意

    副業で動画編集の仕事を始めた場合、収益に対する税金を納める必要があります。そのため、確定申告を毎年行う義務が発生します。

    副業で得た収益を申告しないと「延滞税」や「無申告課税」が発生するので、注意してください。

    また、意図的に申告をしなかった場合は、法律に則り厳しい罰則を受ける可能性もあるので、確定申告は必ず行いましょう。

    Part7.まとめ

    本記事では、動画編集の仕事・副業の始め方について解説しました。動画編集は自宅でもできる仕事なので、副業として最適の職種といえるでしょう。

    本記事で紹介したおすすめの動画編集ソフトを最後にまとめます。

    1. Filmora
    2. Premiere Pro
    3. DemoCreator

    どの動画編集ソフトを選べばよいか迷っている人には、Filmoraをおすすめします。すべての機能を直感的に使えるうえ、無料で使えるエフェクトやトランジションも、ふんだんに用意されています。

    開発会社であるWondershare社のサポートも手厚いため、使い方がわからない人でも安心して利用することが可能です。

    基本的な機能はすべて無料で試せるので、これから動画編集を始める方は、Filmoraで楽しく作品を作成してください。

    Filmoraの無料ダウンロードルートはこちら

    役に立ちましたか?コメントしましょう!

    登録 / ログイン してからコメントを書いてください
    user
    {{item.name || userName}}
    {{item.time}}
    {{item.message}}
    {{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
    登録 / ログイン してからコメントを書いてください
    user
    {{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
    {{item1.time}}
    @{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
    {{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
    登録 / ログイン してからコメントを書いてください
    fukuda
    fukuda Dec 29, 23
    記事をシェアする: