X
filmora logo
Filmora-動画編集アプリ
APP Storeからダウンロード(無料)
Google Playからダウンロード(無料)
入手
動画編集の仕事内容や案件の獲得方法などを解説!
おすすめの動画編集ソフトならFilmora

動画編集を仕事にしたい?仕事内容や案件の獲得方法などを解説!

fukuda
fukuda リリース日: Aug 30, 22, 更新日: Oct 25, 22

現在、動画編集という仕事が注目されており、やってみたいと考えている方もいるでしょう。しかし、実際のところどうなのでしょうか。
この記事では、動画編集の仕事内容や案件の獲得方法などを紹介しています。気になる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

1.動画編集の仕事内容と収入は? 

仕事内容と収入

動画編集とは、撮影した映像や写真などをPC上でつないだり加工したりして、1つの作品にする仕事のことです。これまでは映画やテレビなどの業界での仕事とされてきましたが、YouTubeやニコニコ動画など動画共有サイトの登場により、現在では副業として注目を集めています。

1-1.動画編集を仕事にするメリット

動画編集を仕事にするメリットはさまざまあります。動画編集は目に見える形の作品となるため、自分のポートフォリオとして多くの人にアピールしやすいことや、自分のペースで仕事しやすいことなどが挙げられます。

また、現在では動画編集者を求める会社が数多くあり、仕事を見つけやすくなっているという点も魅力的なポイントです。もちろん、求められるスキルやジャンルによって向き不向きあるものの、案件が見つからず稼げないといったことはないでしょう。

1-2.動画編集を仕事にするデメリット

デメリットとして、事前準備である程度のお金がかかります。例えばWebライターやプログラマーの場合は最低限のものとしてネット環境とPCさえあれば、仕事できます。

しかし、動画編集の場合はそれとは別にソフトを用意しなくてはなりません。また、用意するPCも動画編集ができるくらいのスペックを持つものが求められるため、どうしても数十万円かかってしまいます。

また、誰でもすぐに安定して稼げるわけではありません。会社員として動画編集をする場合は例外ですが、副業やフリーランスとして活動する場合はスキルや雇用形態などの理由で、最初は思うように稼げない上に、安定しない可能性があります。しかし、その後で少しずつ実績を重ねていくことで、仕事量も給与も安定するでしょう。

1-3.動画編集の収入はどのくらい?

動画編集の年収は、求人ボックス給料ナビが公表しているデータ によると、正社員の平均年収が418万円となっています。日本の平均月収と比べて低い傾向であり、月給換算だと35万円となります。なお、初任給の相場は23万円程度です。

関連記事:日本のYouTuber(ユーチューバー)年収ランキングTOP10!

2.動画編集の仕事に向いている人は?  

仕事に向いている人

動画編集の仕事に向いている人として、以下のような特徴が挙げられます。

  • コツコツと細かい作業をするのが好き
  • 人に喜んでもらうのが好き
  • 音楽や映画などの芸術が好き
  • 完璧主義
  • 自己管理できる

動画編集は地道に作業することが求められるため、大雑把に仕事を済ませてしまう方には向いていません。また、副業やフリーランスとして動画編集を選ぶのであれば、自己管理が求められます。動画編集は必ず納期を守らなければならず、自己管理ができずに納期を守れないとなれば、クライアントから信頼されなくなってしまいます。

3.動画編集を仕事にするには必要なスキルと機材

PC

動画編集を始める上で、スキルと機材は欠かせないものです。しかし、具体的にはどのようなものなのでしょうか。もしこれから動画編集者になりたいのであれば、以下の内容を参考にして準備しましょう。

3-1.動画編集の仕事に求められるスキルとは?

動画編集の仕事に求められるスキルは、レベルによって異なります。簡単にまとめると、以下の通りです。

レベル

                    求められるスキル

レベル1

                      カット編集
                      効果音やBGM挿入
                      テロップ追加
                      色調補正
                      ノイズ除去
                      エフェクト挿入

レベル2

                      営業スキル
                      マーケティングスキル
                      コミュニケーションスキル
                      撮影スキル

レベル3

                      情報収集スキル
                      YouTube運営スキル
                      ディレクションスキル
                      講師スキル

レベル1は動画編集だけのスキルですが、さらに成長するためには営業スキルやマーケティングスキル、コミュニケーションスキルなどの関連スキルも求められます。その後、情報収集スキルやYouTube運営スキルまで習得できれば、求めるクライアントも増えるため、さらに稼げるようになったり、収入が安定したりといったことにつながります。

3-2.動画編集の仕事に必要な機材

動画編集を仕事とする以上、機材にもこだわる必要があります。それぞれこだわる上でのポイントとしては、以下のとおりです。

機材

こだわるポイント

PC

・編集したい動画の画質や編集する頻度に応じてPCを選ぶ
・基本的にはノートPCよりもデスクトップPCがおすすめ

おすすめ記事:動画編集向けのノートパソコンの選び方&おすすめのノートパソコン

カメラ

・スマホではなくビデオカメラや一眼レフカメラなどで撮影する
・状況に応じて三脚や証明を用意しておく

おすすめ記事:YouTube動画撮影用のカメラレンズおすすめ5選

マイク

  音質を高めるために外付けマイクを用意する

おすすめ記事:YouTube用マイク:YouTube動画用のマイクトップ5

動画編集ソフト

・機能性や操作性などを確かめて選ぶ
・仕事目的の場合はPremiere Proやプロ並みの動画編集ソフトFilmoraなどがおすすめ

4.動画編集の仕事をする際に欠かせないおすすめソフト4選

おすすめソフト

動画編集の仕事では、ソフトが欠かせません。ソフト自体はさまざまありますが、ここではおすすめの4つをピックアップして紹介します。

4-1Filmora

Filmora

Filmoraは、株式会社ワンダーシェアーソフトウェアが開発・販売している動画編集ソフトです。初心者から中級者向けのソフトで、これから動画編集を始めようと考えている方におすすめです。

Filmoraはプライベート目的からビジネス目的まで幅広く利用でき、バラエティ系の動画や動画マニュアル、プレゼン用の動画などが作れます。操作が簡単だからこそ、サクッと動画を作りたいときにも活用できます。

4-2.Premiere Pro

Premiere Pro

Premiere Proは多くの動画編集者が利用しているソフトであり、仕事として動画編集を始める方におすすめです。Premiere Proは高機能で幅広いジャンルの動画を作ることが可能であり、多くの人が利用しているからこそネット上に数多くの情報がそろっています。
また、Premiere Proは他のAdobeソフトとの互換性があります。Illustratorで作った素材をPremiere Proで取り込んで動画に組み込むといったことができるため、作れる動画の幅が広がるでしょう。

4-3.Final Cut Pro

Final Cut Pro

もしMacユーザーであるならば、Final Cut Proがおすすめです。Final Cut ProはMac専用の動画編集ソフトであり、直感的な操作性が魅力です。買い切り型ということもあり、サブスクリプション型のPremiere Proとは違って1度の支払いだけで済みます。

また、Final Cut Proの場合はiPhone13のシネマティックモードに対応しています。そのため、シネマティックモードで撮影した映像を最大限活かした作品を作りたい場合におすすめです。

4-4.DemoCreator

DemoCreator

DemoCreatorはFilmoraと同じ会社が開発・販売しているソフトであり、画面録画も動画編集もこだわりたい方に向いているソフトです。そのため、ゲーム実況動画を作りたい場合におすすめです。

また、DemoCreatorの場合はライブ配信にも対応しています。バーチャルヒューマン機能を使えばアバターを使ってプレゼンできるため、社内外向けで自社の商品やサービスなどをプレゼンしたいときにもおすすめです。

5.動画編集の案件の獲得方法や仕事の探し方

案件の獲得方法や仕事の探し方

動画編集の案件は、さまざまなところで見つけられます。主なところとしては以下のとおりです。

  • クラウドソーシングサイト
  • 求人サイト
  • SNS
  • 企業サイトからの問い合わせ

これら仕事として始める場合、クラウドソーシングサイトで案件を探してみるのがおすすめです。単価の安い案件が多いものの、案件そのものの数が多く、実績がない状態でも受注しやすいというメリットがあります。

おすすめ記事:動画編集で案件を受注するのは難しい?!仕事を受注する方法とコツを解説

おすすめ記事:クラウドワークスで動画編集の仕事は受注できる?クラウドソーシングのコツも解説

おすすめ記事:ココナラで動画編集の案件を受注する方法とは?コツや注意点も解説!

6.動画編集は今熱い仕事!

動画編集は今熱い仕事

動画編集は誰でもすぐにできる仕事ではありませんが、YouTubeの普及や動画広告市場の拡大などを背景に、注目を集めている仕事です。機材自体もお金さえあれば用意できるため、この機会に動画編集者を目指してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事:動画編集の副業で稼ぐガイドライン

Filmoraの無料ダウンロードルートはこちら

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
fukuda
fukuda Oct 25, 22
記事をシェアする: