iMovieの紹介について

Wondershare Editor 編集者: Jul 07,2017 9:36 am

iMovie(アイムービー)とは、アップル社の「iLife」に含まれるビデオ編集ソフトである。2005年1月、バージョン5となるiMovie HDにて、コンシューマ向けソフトとしては初めてHDVフォーマットに対応しました。画像ファイル、映像ファイル、オーディオファイルを用い作った映像を、様々なファイル形式で出力する事が出来る。

FireWireやUSB経由で接続されたデジタルビデオカメラから映像を取り込む事も出来る。iMovie 8.0の動作環境はMac OS X v10.5.6以降です。ここで、Wondershare「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)というMac用iMovieのような素敵な ビデオ編集ソフトがお勧めです。

先進の3Dテンプレートを使えば、センスあるオリジナルスライドショーやビデオを作成しましょう!

Mac版ダウンロード    Windows版ダウンロード

iMovie '11の特徴は?

iMovie 1.0 - 1999年10月7日

Mac OS 9、iMac DVと同時に、アップル社製デジタルビデオ編集ソフト「iMovie」発表します。ドラッグ&ドロップで動画シーンの入れ替えやカットを容易に行なうことが可能編集したビデオはQuickTime形式で保存することが出来ます。

iMovie '11(v9.0) - 2010年10月21日

Mac OS X 10.7 Lionの新機能一部公開やMacBook Pro、FaceTime for Macの発表を行ったイベント「Back to the Mac」にて、「iMovie '11」が同時に発表された。あらゆる新機能を含んでいるほか、オーディオ編集なども新しくなます。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)の特徴は?

・予告編の作成

映画などにある予告編を自分のムービーにも作成することができる機能。予告編のテンプレートは15種類ある。ジャンルはアドベンチャー、ドラマ、ロマンティックコメディなどがあります。

・オーディオ編集の刷新

サウンドエフェクトの編集がさらに簡単なものになる。iMovie for iPad 2でも、同様の機能が搭載されます。

・ワンステップエフェクト

音楽とぴったり合うジャンプカットやフリップエフェクト、ビデオクリップのカラーが白黒、セピアなどに移り変わっていく効果も選ぶことが可能なほか、エフェクトをかけたいビデオクリップから、1000種類以上そろったエフェクトの中から好きなものをクリックして選ぶことが可能です。

・シーン検出機能

ビデオに映し出されている人物を特定し、それぞれのシーンに何人うつっているのかを判定することが可能になり、広角のショットも自動で判別するので、欲しいビデオクリップを抜き出すのも簡単となる。iPhotoなどに搭載されている機能の動画版です。

・スポーツやニュースのテーマ

スポーツやニュースのようなテーマに編集することができます。

・ビデオをアップデート

編集したビデオをパソコンにアップロードしたり、Facebookで共有したり、YouTubeといった動画投稿サイトにムービーを投稿することが可能です。

iMovie

Mac版ダウンロード    Windows版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Mac版ダウンロード    Windows版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。