アクションカメラを使ってタイムラプスを撮る方法

Wondershare Editor 編集者:

動画撮影を行うときに、普通に撮影をするのであれば、通常のカメラで十分に可能です。ただ、スポーツや自然の動の部分をカメラで撮影したい場合には、アクションカメラを使ってから撮影をしたほうがリアルなスポートのよさや自然のダイナミックさなどを撮影することが出来ます。

ただしアクションカメラには欠点もあり、通常のカメラであれば、撮影する景色などを液晶画面で確認をしながら撮影を開始することが出来ますが、アクションカメラで撮影する場合は、どの位置を撮影するのかを決めるときに液晶画面がないものがほとんどです。あったとしても、液晶画面の大きさが小さくて、通常のカメラのようには確認できません。 それでもアクションカメラを使ったほうがいいのが、タイムラプスという機能がアクションカメラには備わっている場合があります。

タイムラプスとは、長時間の動画を短縮して撮影することが出来ます。要するに、10秒間隔で撮影をしたりすることが出来て、数時間かけて撮影するところをアクションカメラのタイムラプスを使えば、数分で撮影することが出来ます。時間を短縮して撮影することで、ダイナミックな空の動きやスポーツのド動画を撮影することが出来ます。そんなアクションカメラを使ったタイムラプスを撮るための方法を紹介します。

アクションカメラを使ったタイムラプスを撮るための方法を紹介

1日の山の景色の流れを撮影したい場合に、通常のカメラで流していると、途中で充電切れになったりするのと、その場で待機しておかなければいけなくなります。その店、アクションカメラのタイムラプス機能を使うことで、より効果的な撮影をすることが出来ます。

撮影感覚を指定すれば、24時間の映像を数十分の一で撮影することが出来ます。指定した時間間隔で写真を撮っていき、それを動画ファイルとして保存してくれます。その撮影したタイムラプスを再生すると、普段の動きの数十倍の速度で映像として流すようなものが出来上がります。1日の映像を短時間で撮影するということは、それだけ動きのある映像を撮影することが出来ます。

動きのある映像を撮影する方法

まずは、撮影したい場所に設置しなければいけません。アクションカメラの場合は、最初撮影場所やカメラの設置位置を合わせるのに苦労します。ここで撮影しようというところで、設置してから試し撮りをしてみると、設置位置が間違っていないかを確認できます。

最初に静止画モードで10秒で1回というモードで撮影した場合に、すぐに再生できるようなな液晶画面がついていれば、その場で再生できますが、想でない場合は、ほぼ感で撮影位置を決めなければいけません。一度設置して、夜の景色を撮影する場合は、8時間程度の時間撮影しなければいけません、通常カメラであれば、途中で充電切れというのは免れません。その店は、通常撮影よりも少ない電力で撮影できるので。設置してから、そのまま朝まで放置していても、充電きれということはありえませんし、設置後すぐに放置してから帰宅して、翌朝取りに来ることも出来ます。

このように、撮影場所と位置を決めてしまえば、アクションカメラの設置して間違っていなければ、そのまま撮影を開始しても問題はありません。そうやって楽して夜の景色をタイムラプス動画に撮影することが出来ます。バッテリー1本でタイムラプス撮影ができるのは6時間程度になります。通常のカメラであれば、そんなことはありえません。撮影途中で時間切れで、撮影が終わってしまいますが、アクションカメラであれば、撮影の終了まで十分な時間を使って撮影することが出来ます。

アクションカメラコレクション-雪山での冒険をFilmoraとダイナミックに編集!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>