Avidemuxのような簡単なMac用動画編集ソフト

Wondershare Editor 編集者:

動画を撮影してから編集をしたいときに、Macで動画編集をしたい場合に利用できる動画編集ソフトは少なくなっています。Windows版であれば無料動画編集ソフトはたくさんありますが、Mac版と言えば動画編集ソフトを探してみると、無料動画編集ソフトで素人でも使えるソフトと言えばAvidemuxをおすすめします。Avidemuxの最大のメリットは無料で使えるということです。さらに、Macで動画編集が出来るということです。Macで動画編集をするのであればAvidemuxがおすすめです。

Part 1: Avidemuxについて簡単に紹介

無料動画編集ソフトを利用する場合は、Avidemuxを使ってからMacで編集をすることができます。Windows版もありますが、Macで編集できるソフトとのAvidemuxでする場合、実際にどんな機能があるのでしょうか。

まずはAvidemuxをインストールしてから表示された画面を見てみると、その機能がわかります。画面構成はいたってシンプルで、上部に使える機能のメニューが表示されています。画面左側には、編集後の出力形式の選択メニューが表示されていて、下部に編集する動画のスライドバーが表示されています。基本的にこの3つの構成となっていて、編集したい動画ファイルは、読み込みたい動画ファイルを表示して、マウスのドラッグ&ドロップで編集画面へ読み込み出来ます。読み込みが終わると、後は編集ですが、動画のカット機能があるのでそれで不必要な動画をカットすることが出来ます。

Avidemuxについて簡単に紹介

動画を編集するためのトリミングの範囲を指定してから編集をするには、ビューエリアの下部にあるスライダーや再生ボタンなどを操作してからトリミング範囲を指定することが出来ます。右向きの「▽」をマウスで操作してからトリミングを開始点まで移動させます。 移動さたら次に「A]ボタンを押して開始点を確定させます。

次に終了点を右向きの「▽」をマウスで操作して指定します。移動させたら「B」ボタンをマウスでクリックすると終了点を確定させます。これでrトリミングの範囲をして出来ました。あとは出力ファイルの出力形式をマウスで選択して、上部にあるファイルよりプルダウンメニューの「保存」を選択して保存します。このように簡単な編集を行うことが出来て、いろいろなファイル形式の編集と出力をすることが出来るのがAvidemuxです。無料動画編集ソフトでここまでのファイルの種類の編集ができるのは少ないので使う価値はあります。

Part 2: Avidemuxのような簡単なMac用動画編集ソフト

Avidemuxは、無料動画編集ソフトとしては使い勝手が良くて、windows版とMac版のどちらでも利用することが出来るので利用者も結構います。ただし、編集していると、物足りなさを感じてくるのではないでしょうか。初めて動画編集をする人には良いかもしれませんが、慣れてきたらAvidemuxの編集機能では物足りなさを感じる人も大勢いると思います。そこでおすすめはMacでも利用できる、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)はおすすめです。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」であれば、入力できる動画ファイル形式の種類も多く、編集機能もAvidemuxにないようなエフェクトを利用したり、画面分割処理なども行うことが出来ます。Avidemuxではないような素材を持っていてから、ほかにもエフェクトセンターで表示されるエフェクトがあります。

Mac版ダウンロード    Windows版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Mac版ダウンロード    Windows版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>