Avidemuxの評価・評判

Wondershare Editor 編集者:

最近のyoutubeやニコニコ動画などを公開するために撮影した動画を編集しなければいけません。動画を編集するには、動画編集ソフトを使ってから編集することになりますが、無料・有料動画編集ソフトがたくさん利用できるようになっています。その中でも、無料動画編集ソフトを使ってから編集するには、どの動画編集ソフトが使われているのでしょうか。実際に、よく利用されている動画編集ソフトとして、Avidemuxは利用者が多くおすすめですが、実際にAvidemuxを使ったときのメリットとデメリットを見てみたいと思います。

Avidemuxのメリットを紹介する

Avidemuxを使ってから動画を編集する場合のメリットとしてはいったいどういうものがあるのでしょうか。

無料で使える

最初に思うのは、無料で使えるということです。すべての機能を無料で使ってから動画を編集することが出来ます。これは何よりも最高のメリットではないでしょうか。

多様な入力形式

もっと具体的に見ていきますと、入力できる動画ファイル形式の種類が多いというのもAvidemuxを使うメリットです。それだけではありません。windows版は利用できるだけではなく、Mac版もあるのでどちらのOSを利用していてもAvidemuxは使えます。これもAvidemuxを利用したいと思う人が多い理由の1つです。

機能豊富

機能面でもいくつも便利な機能があります。映像と音声で分かれていて、映像では「フィルター」という名目でいろいろな編集をすることが出来ます。編集画面上部にあるメニューの「映像」をクリックすると、プルダウンメニューが表示されるので、その中から「フィルター」を選択すると利用できるフィルター機能が別ウィンドウで表示されます。フィルターの中には、8つのエレメントメニューが表示されていて、オーバレイエフェクト・ロゴ・動画の回転や反転などを画像の加工を中心としたエレメントがあります。

Avidemuxのメリットを紹介する

ほかにも、ノイズ対策をすることも出来て、映像と音声の両方のノイズ除去エフェクトがあります。映像のカラー調整をしたり、彩度調整をすることも出来ます。基本的な映像処理や加工処理はそろっています。これだけのエレメントを利用して、たくさんの種類の動画を編集できるのはAvidemuxぐらいではないでしょうか。これれまでの動画の種類と編集エレメントの充実は、無料動画編集ソフトとしては充実しています。

Avidemuxのデメリットを紹介する

Avidemuxのデメリットと言えばどんななものがあるのでしょうか。実際にAvidemuxを使ってみるとその使い勝手に不満を持つ人もいるかもしれませんが、その点は無料で使えるソフトということで操作性に関しては十分なものを持っています。ただし、操作をしていく上で、編集後にファイルを保存したいときに、エラーになって保存できない場合があります。これは、出力ファイル形式が悪いようですが、具体的にどのファイル形式で出力すればいいのかが、初心者には最終的に保存が結局出来なくて強制終了をしてしまうこともあります。

ある程度の動画ファイル形式や音声ファイル形式の知識を持っていなければ、編集後の動画ファイルを保存することが出来ません。この点は初心者には難しくデメリットでもあります。最終的に保存できなければ、今まで行ってきた編集が無駄になります。編集時には、音声補正が出来なかったり、編集の途中で画面が固まったりして強制終了するしか方法がない場合が結構あります。Avidemuxを使っていると一度は直面する問題です。基本的な編集や加工処理をすることが出来ますが、選択途中でエラーになりやすく、せっかく編集している途中に強制終了が待っていると、今までの編集が無駄になるのが大きなデメリットです。

Avidemuxの代替動画編集ソフトおすすめ-filmora

Filmoraの特徴:

・簡単で使いやすい操作画面
・動画結合、トリミング、回転、逆再生などの編集機能
・大量のテンプレートによりインパクトある作品を作成可能
・3000+のエフェクト効果、トランジションを搭載
・YouTubeなどの動画共有サイトへアップロード

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

ハリウッド映画の特殊効果をあなたの動画に!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が簡単に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>