AVS Video EditorでM4V動画を編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1.AVS Video EditorでM4V動画を編集する方法・手順

動画の種類にも国際規格に準拠した動画フォーマットから企業のオリジナルの動画フォーマットなど、さまざまな動画フォーマットが存在します。国際規格に準拠したフォーマットで有名なのがMP4ですが、同じようなものでM4Vという動画フォーマットがあります。MP4とは似たようなものですが、アップルが独自に開発したものがM4Vとなります。基本はアップルOSでの再生を目的として開発されたものです。MP4もM4Vのどちらも高解像度の映像をより圧縮してからファイルサイズを小さく出来るものです。

M4Vファイルの場合はDRMコピープロテクトがされていて、コピー防止機能が優れています。そのため、簡単にはコピーできないようになっています。M4Vファイルには、映像だけではなく、音声や字幕なども一緒に格納することが出来ます。では、M4V動画を編集するためにAVS Video Editorを使ってから簡単な編集をしてみます。

1:AVS Video Editorを起動して編集画面を表示します。

表示すると、編集するM4V動画を読み込むために「メディアライブラリ」をクリックして「インポート」を選択して、フォルダウィンドウを表示します。そこでM4V動画を探し出してから「開く」をクリックして読み込みます。

M4V動画をインポート

2:読み込みが完了すると、タイムラインへの挿入まで自動で行ってくれます。

動画の中に別の説明動画を入れることも出来ます。説明用の動画を用意しておいてから、AVS Video Editorで読み込みます。

M4V動画を編集する

通常の動画と同じように、メディアライブラリをクリックして表示されているメニューの「インポート」をクリックするとフォルダウィンドウが表示されるので、そこで用意した解説用動画を選択して「開く」で読み込みます。メディア一覧に追加されるので、マウスのドラッグ&ドロップでタイムラインへ挿入します。

3:挿入した動画のタイムラインをダブルクリックすると編集画面が表示されます。

解説用動画が点線枠で囲われているので、サイズ調整と表示する位置をマウスで決めることが出来ます。

Part2.AVS Video Editorの代替ソフトおすすめー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

万が一AVS Video EditorでM4V動画を読み込めなかった場合、別のソフトとして「Filmora(旧名:動画編集プロ)」がおすすめです。操作性に関してはAVS Video Editorとよく似ていて、メディアの読み込みとタイムラインへの挿入などは同じような操作で出来ます。AVS Video Editorで編集できるテキスト・トランジション・ビデオ効果などと同じ機能は備えているのでやりたい編集は完全に再現できます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

それだけではなく、エフェクトの数はAVS Video Editorよりも「Filmora(旧名:動画編集プロ)」のほうが多いので、より効果的な編集をすることが出来ます。

1:解説動画を挿入するには、元の本動画を読み込んでタイムライン上へ挿入した後に、解説用の動画を読み込みます。

2:読み込んだ解説用の動画をマウスのドラッグ&ドロップでタイムラインへ挿入します。

3:挿入すると画面右上のビューエリアに+のマークが表示されてからサイズ変更と位置の移動が出来るようになっています。

4:あとはマウスで大きさの調整と、表示位置を指定することが出来ます。

AVS Video Editorとほぼ操作的には同じように出来るので違和感なく使えます。解説動画は複数挿入することが出来るので、2つ挿入したい場合は、この操作を2回行うだけで挿入できます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

動画編集を始めよう!Filmora操作ガイド


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>