AVS Video Editorの使い方

Wondershare Editor 編集者:

昔と違って今は、動画を編集するためのソフトが多数公開されていて、無料の動画編集ソフトと有料の動画編集ソフトとなり、利用する人が選択できるようになっています。まったくの素人が使うと使いやすい動画編集ソフトから玄人向けの動画編集ソフトまでさまざまなソフトがあります。その中でも、素人でも、本格的な動画編集が出来るソフトというものが脚光を浴び始めていて、それには理由がありまして、YouTubeやニコニコ動画のように素人でも簡単に自分の動画を公開することが出来る環境があります。

この環境は重要で、再生回数に合わせてから収入を得ることが出来るようになっています。このような環境も一般人が動画を編集するためにいろいろな動画編集ソフトを使う要因となっています。そこで今回は、AVS Video Editorについて考えてみたいと思います。


「Filmora(旧名:動画編集プロ)」のダウンロードはこちらへ:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1.AVS Video Editorについて詳しく紹介する

AVS Video Editorのメリット

AVS Video Editorのメリットを見ていくといくつも出てきます。動画編集ソフトで一番重要なのが、編集できる動画フォーマットの種類です。いくら編集ソフトがあったからといって、編集したい動画を読み込めなかったら意味がありません。その点AVS Video Editorでは複数種類の動画ファイルを読み込むことが出来ます。H.264・MPEG4・H.263などを筆頭に多種類ん動画フォーマットを編集することが出来ます。

入力と同じように、出力できるファイルフォーマットの種類も重要です。AVS Video Editorでは出力フォーマットとして、AVI・VOB・MP4・3GP・MOV・MKVなど規格kあされた動画フォーマットだけではなく、MACやウインドウズ向けの動画フォーマットにも対応していて、その種類の多さは他のソフト以上の機能となっています。それでは主な機能としては、トリム・カット・分割。結合・回転など動画全体の編集機能は豊富で、動画の装飾をする面で見ても、たくさんのエフェクトを利用することが出来て、さまざまな編集に対応できるようになっています。

テキストや音楽の挿入に字幕の挿入など、文字と音の両面で、今できることはほとんど編集が可能となっています。通常の動画ファイルの読み込みだけではなく、拡張機能として、動画のキャプチャー動画や、ビデオカメラなどの動画をそのままパソコン上で編集することも出来ます。編集した動画を直接PSPなどのゲーム機や携帯端末へ出力することが出来ます。この出力機能は、一般人が専門の知識を知らなくても簡単に出力できるようになっていて、利用者層の幅が広がっています。玄人向けの動画編集だけではなく素人でも使える動画編集ソフトなのがAVS Video Editorです。あとはなんといっても対応している言語の数が他の動画編集ソフト以上で、日本語・英語を初めとして10カ国の言語に対応している優れものです。

AVS Video Editorのデメリット

AVS Video Editorのデメリットは機能面や入出力ファイルの多さで言えば何の問題もありません。AVS Video Editorの機能があれば十分に利用できる動画編集ソフトです。デメリットをあげるとすると、対応しているOSがウィンドウズだけでMACOSに対応していない点です。

他には、今のところエフェクトが300以上対応していますが、追加のプラグインエフェクトなどがまだ用意されていないことも今後の課題ではないでしょうか。
最大のデメリットと言えば、無料ではなく、有料での販売ということでしょうか。
ただし、これだけの機能があれば、有料でも仕方がないし、費用対効果はあるのではないでしょうか。

Part1.AVS Video Editor代わりの最適なソフト―「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」主な特徴

  • *多種形式の動画?写真の入力?編集に対応
  • *トリム、クロップ、BGM追加など多様な編集機能
  • *豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • *イントロ、クレジットやエフェクトで個性的な動画作成
  • *PCへの保存、YouTubeへの共有やDVDへの出力

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>