×

動画プレゼンテーションとは?クリエイティブな実用法と作成方まとめ

Wondershare Editor 編集者:

動画プレゼンテーションとは

動画プレゼンテーションという言葉を最近聞く機会が増えてきています。昔のプレゼント言えば、静止画像やアニメーションを使ったプレゼンというものが主流でしたが、最近は、動画を使ったプレゼンテーションが主流になってきています。動画であれば、動きを入れてから説明をすることができるので、プレゼンをする人が何も発しなくても十分に動画だけで伝わるようになってきています。そのため、企業CMを作ったり、動画の中にすべてを詰め込むことができる時代になっています。

動画作成を行ってから、編集するときには、効果的なシチュエーションとして、BGMを入れたり、重点的な部分では、文字を入れたり、動画を流しながら、自分の経験でどうなったのかを話すことで、動画と話で相乗効果を得ることもできます。プレゼンテーションを行うにあたって、よりいっそう相手に伝える幅が増えてきたのが動画プレゼンテーションです。静止画や絵などで紹介していたものを動画で説明できるので、商品やサービスをよりわかりやすく紹介することができます。プレゼンテーションを行ううえで、動画プレゼンテーションは進化していて、幅が広い分野でも利用できるようになってきています。

動画プレゼンテーションの実用法と作成方

実際に動画をプレゼントして利用するときに、どんな作り方をしてどのような編集をすればいいのかがわからないで、動画プレゼンテーションができないでいる人のために、実際にプレゼンテーション動画の作成方などを見ていきます。動画プレゼンテーションを行う時にプレゼンテーション用の組み込む動画を撮影してから、その動画をプレゼン資料内に入れ込むことでより効果的な説明をすることができます。そのためには、動画を撮影してから、編集をしなければいけません。

不動産などの紹介をするときに、プレゼンをするときに、物件の動画を撮影して、実際の不動産の外部と内部の状況をプレゼンするときに、動画内に、おすすめポイントの説明や、場所の立地条件などを入れていけば、動画だけで、その物件の価値が人目でわかるようになります。その場合、家の中を明るくするためにエフェクトを利用したり、要所には文字を入れたり、地図などもいれ足りすることで、ナレーションつきで動画を編集すると、見る人が実際の物件を見なくても、価値を理解することができます。

物件ごとに動画を撮影して、家自体のしょうかいと、周りの学校やv病院などを家からの距離を同時に表示させることで生の物件を見てから納得できるようなプレゼンになります。 不動産物件の場合は、大きく分けて、内部の動画・概観の動画・最寄の病院や教育機関の動画などを部分的に分けて撮影したものを跡で編集で一緒に組み合わせることができます。 そうすrことで、物件ごとに1つのプレゼン動画が完成して、その紹介用の資料として視聴してもらうことができます。この動画変種時にいろいろなエフェクトやエレメントを組み込むことで、よりほしくなるプレゼン動画を作ることができます。

動画プレゼンテーションを作成するソフトー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

このようにプレゼン用動画を作る場合に、簡単にエレメントやエフェクトを組み込むことができなければ、使いこなすことができませんし、プレゼンをすることができません。宝の持ち腐れになってしまうような難しい操作が必要な動画編集ソフトはあっても意味がありません。そこで操作性が簡単で、素人でも使いこなせる「Filmora(旧名:動画編集プロ)」はおすすめの動画編集ソフトです。

使用できるビジネスエフェクトやエレメントも別途サイトを持っていて、常時更新しているので、最新のエフェクトやエレメントを利用することができます。エフェクトサイトで選んだエレメントなども、ダウンロードして実行するだけで、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の中に取り込んでくれます。 あとは編集したい動画のタイムラインへエレメントなどを挿入するだけですぐに編集できます。ビジネスコレクションを利用するにはこちらへ

filmoraのダウンロードはこちらへ:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

ビジネスコレクション - ビジネスアイデアを洗練されたデザインで演出

filmoraのダウンロードはこちらへ:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>