Filmoraエフェクトストア期間限定セール!

Final Cut Proのプラグイン&便利なツールをお勧め

Wondershare Editor 編集者:

現在いろいろな無料動画編集奏太や有料動画編集ソフトがありますが、編集ソフトをより効果的に利用するために、プラグインというものがあります。プラグインを利用すると、使用している動画編集ソフとをより有効的に使うことができます。

現在、利用している動画編集ソフトの、拡張機能的な使い方ができるのがプラグインです。プラグインをどれだけ利用できるかで、動画編集ソフトの利用価値と評価が変わってきます。現在、無料で提供されている動画編集ソフトの場合は、このプラグイン機能がほとんどありません。その点、Final Cut Proではいろいろなプラグインを利用することができます。利用できるプラグインをいくつか今回は紹介します。

Final Cut Proのプラグイン&便利なツールをお勧め

お勧めのプラグイン1:mlooks

まずはmlooksですが、カラーバリエーションが豊富で45種類のカラーエフェクトを利用することができます。動画編集をしている時、このカラーを使いたいというような場合に、マウスのクリック1つで簡単に動画に挿入することができます。 しかも無料で提供されています。

お勧めのプラグイン2:Edition Tool V2

こちらもカラーバリエーションツールで30種類のカラーエフェクトを利用することができます。Edition Tool V2の場合は、カラーエフェクトだけではなく、トランザクション・リフレクション・モーションブラー効果が一緒に入っている便利なプラグインです。1チャンネル16ビットの色深度レタリングにも対応していて、パラメーターのメーターを調整できるマルチスライダーも付いています。単なるカラーエフェクトではありません。

お勧めのプラグイン3:Aged Film

Aged Filmは一押しのプラグインです。 なんといっても昔の時代を思い出させてくれるような映像を作り出してくれる、古い映像が作りたい人にはお勧めのプラグインです。古い昭和の時代を演出することができるAged Filmでは、傷ついたフィルム・古い昭和初期に作ったようなホームビデオの雰囲気を作り出すためのプラグインが提供されています。特に恐怖映像等を編集すると気には、効果抜群のプラグインではないでしょうか。

お勧めのプラグイン4:mFLARE

mFLAREは、画像にメリハリをつけてくれて、先頭映画やアクション撮影をした時に、レンズフレアのエフェクトを掛けることができるプラグインです。ただ撮影しただけのアクション系の動画を、よりクリアにしてくれて、リアル感が前面に出てくるので、ハラハラ感が期待できる効果的なアクションプラグインではないでしょうか。

お勧めのプラグイン5:SYGERfx LightPack

こちらは光に焦点を当てたエフェクトプラグインで、100種類以上ものライトエフェクトが詰め込まれています。動画編集の時に、夜の動画などでは、場面ごとに違うライトエフェクトを使うことで、温かみのある動画にも変身できますし、恐怖を煽るような映像にも変身させることができます。

お勧めのプラグイン6:XEffects Big Tet Drop

XEffects Big Tet Dropは名前についているようにテキストを3列同時に表示させることができて、編集画面のタイムラインにドロップするだけで、あとは調整して表示するだけという簡単なプラグインです。オープニングなどで利用すると、利用価値がありそうなプラグインです。

お勧めのプラグイン7:Alex4D Blurrede Coloured Glass

Alex4D Blurrede Coloured Glassは、モザイク画像を作ったりするのに役に立つプラグインです。見せてはいけないようなプライバシーの侵害になりそうな人物や建物に、モザイクを掛けてから、映像を特定できないように編集するときに利用すると便利なプラグインです。これ1つあれば、動画で配信できないような場面に、モザイクを入れることができてテレビの犯罪映像を作っているような感覚です。

ここまでにいろいろなプラグインを紹介してきましたが、これはごく一部のプラグインで、他にもたくさんのプラグインが揃っているので、動画編集を行うときには欠かせない素材です。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>