Filmoraエフェクトストア期間限定セール!

【旅行Vlog・ビログ】旅行動画をストーリーを立てて撮影する

Wondershare Editor 編集者:

海外動画を撮る人が増えてきていて、スマホなどでも簡単に動画を撮影する事が出来る時代になりました。自撮り棒を使って、1人旅の場合でも自分と周りを合わせた撮影を行うことができます。ただし、この場合は、制限がありまして、限られた撮影しかできないようになっていて、より旅行先の景色と自分たちを撮影するには、事前準備と旅先での撮影方法に工夫をするともっと思い出に残る動画を撮影することができます。そのときは、スケジュールを立てることが大事です。

行き当りバッタリで撮影をすることでも動画は撮れますが、できるだけ高品質な動画を撮影して、自宅で編集ソフトを使ってからきれいに編集するには、現地での動画のも大切にしなければいけません。現地の動画撮影を成功させるための方法として、旅行前の準備を怠らないこと、旅行先でのシチュエーションをどのようにしてから撮影をするかで大きく変わってきます。

旅行動画をストーリーを立てて撮影する方法

旅行動画を撮影する場合、行き当たりバッタリで撮影をしてくことが多々あります。動画を撮影して公開したいような場合は、ストーリーを考えて、海外旅行に合わせた撮影手順を考えてから行くべきです。撮影するカメラ等の性能より先に、いつどこでどのような撮影をするのかということが重要です。できるだけ多くの場所で撮ってから持ち帰り、自宅で動画の編集をするものですが、それでも、ある程度どのような場所でどのような動画を撮るのかを決めてから撮影をしていくことで、より編集後に公開しても視聴者がみたい動画となります。

海外旅行の動画撮影では、現地に行く前に、旅行スケジュールをしっかりと経てておくことが第一で、現地で慌てないようにするためにも自宅での事前スケージュールを経てたところから動画撮影は既に始まっています。あとは何人で行くかというのも重要で、1人旅であれば自撮り棒は欠かせないし、2人以上で行く場合は、自撮り棒とは別に三脚なども用意して、全員で撮影することも考えておく必要があります。

事前計画を立てることは重要な海外旅行での動画撮影を上手におこなう方法です。道具を持っていくのも重要ですが、行く場所によっては、水に濡れても良いようなカメラを持っていくことも考えておく必要があります。旅先が、海など自然を中心にする場所なのか、市街地などの世界遺産などが中心の旅行なのかで、持っていく機材も変わってきます。 歴史的な建造物や街中などを中心とする場合は、高品質のカメラを持っていき、別途、水に濡れても良いようなスマホなどを持って行ってから、急な水辺の撮影でも対応できるように準備しておく必要もあります。

その後、旅行先の宿泊施設で、次の日にどこに行ってからどういった観光をして、食事をするのかを経てたスケジュールを見てから、動画撮影する場所をある程度考えておく必要があります。1人旅や2人旅をするときには、どうしても2人一緒に動画を撮ったり、自分を動画に収めるにはスマホやカメラだけを持って行っても心もとないものです。 そこで役に立つ機材として、ワイドコンバージョンレンズを一緒に持って行くことで、広い視野の撮影をすることができるので、三脚などに設置してから、観光地の景色と一緒に自撮りをしたり、2人同時に景色と一緒に撮影をしたりすることができます。

そうすることで、海外旅行での動画撮影ができて、旅行をより楽しむことができます。 撮影した動画は、帰ってから編集ソフトで編集すればいいので、現地では、いかに多くの動画を撮るかと、自分たちを動画の中に収めることが出来るのかが重要となります。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>