×

料理系Youtuber必見!撮影時に焦点を変えてもっと美味しく見せる方法

Wondershare Editor 編集者:

動画のジャンルの中には料理の動画も多数公開されています。おいしそうに見える料理動画は、自分で思ってみて食べてみたくなるものです。料理動画にも、おいしそうに見えるものからそうではないものまであり、参考になる料理動画に共通する点があります。

料理動画をおいしく見せるためのテクニックを知ってさえいれば、料理を撮影してからおいしく見せるための動画編集方法を学びませんか。いたって簡単な方法で料理をおいしく見せることが出来ます。料理をおいしく見せるテクニックをいくつか紹介します。動画の撮影方法から編集方法まで、いろいろな料理をおいしく見せる方法となります。

撮影時に焦点を変えて料理をもっと美味しく見せる方法

では、料理をおいしく見せる方法を紹介していきます。

方法1:料理の家庭を全部動画で紹介しないこと

まずは撮影時に料理の家庭を全部動画で紹介しないことは重要な要素になります。料理を見てからおいしそうと感じるのは、料理のどの武運なのかをしっかりと考えう必要があります。その要因が、料理全体を撮影するのではなく、料理のおいしそうに思える部分がありますので、そのおいしそうに思える部分だけを撮影することで、よりおいしく感じます。料理の皿全部が見えるようにするよりは、皿の一部をカットしても良いので、料理本体をアップで撮影することで、おいしさがアップします。

方法2:フラッシュを使わないこと

フラッシュを使わないことも料理をおいしく見せるコツです。フラッシュを使ってしまうと、どうしても料理自体が白く光ってしまってから、せっかくの料理の色が変わってしまいます。料理は、味だけではなく、視覚でもおいしさを感じることが出来ます。本当の料理の見た目を出すには、フラッシュを使わないで、そのままの色を動画で撮影することが出来ます。

料理は室内で撮影するものなので、フラッシュを使わないで撮影をした場合は、暗くなって本来の料理の見た目を撮影できない場合があります。この場合は、露出補正を使ったり、動画の編集時に明るさの調整をしたりすることでおいしそうな料理に見えるように調整することが出来ます。撮影をしてから見てみると、色が変な色になっている場合もありえます。この場合は、色の調整が必要になります。思っている色とは違う場合は、ホワイトバランスを調整することで、実際の料理の色に変えることが出来ます。

料理の撮影をするときにはフラッシュなどを使わないことは必要ですが、室内でそのままの料理を撮影してもおいしそうに見えにくいのが料理の特徴でもあります。この料理を、おいしそうに見せる光の使い方があります。それは、正面からでもなく逆光でもなくサイドからライトアップすることです。サイドからのライトアップをすることで、一番光のあたりが料理にバランスよくあたり、おいしそうに見えます。そして撮影時に、回りに料理以外の背景がありますが、普通に撮影をしてしまうと、料理がぼけてしまいます。料理だけをスポットを集めてから周りをぼかすことで、料理自体をきれいに撮影することが出来ます。周りをぼかしてから撮影できれば、料理だけに商店を合わせることが出来て、料理を浮いた状態でスポットを当てることが出来ます。

方法3:斜め上45度から撮影をする

一番大事な撮影方法に気をつけなければいけないことがあります。それが、斜め上45度から撮影をするということです。斜め上45度というのは、実際に料理を食べるときの角度となります。料理を食べるときの角度にあわせてから撮影するということは、より食事をするときのめ見る角度を再現しています。いろいろなテクニックで上から撮影したり、もっと下のほうから撮影したりする場合もありますが、素人がりょうりを撮影するときは、上斜め45度というのが理想的な撮影場所になります。

料理コレクションーあなたの動画をもっと楽しく、もっと美味しく


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>