マトリックス風に自作ムービーを見せるテクニック

Wondershare Editor 編集者:

波打つ銃弾と緑色の謎の記号といえば懐かしいSF映画のマトリックスです。当時ハイテクな演出に見入ってしまった記憶がよみがえります。あの不思議な空間に自分を出演させてマトリックス風のムービーができたら楽しいこと間違いなしです。動画編集ソフト「Filmora(旧名:動画編集プロ)」とそのサイト内のストアで販売しているSFコレクションのエフェクトを使えば自作で簡単に動画の作成が可能です。クオリティの高さと使いやすい操作性で夢中になって動画を作ってしまいます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part 1: どうやってマトリックス風の動画を作るの?

どうやって動画を作るの?:動画編集ソフトである「Filmora(旧名:動画編集プロ)」にはエフェクトという機能があり動画や画像や音声を加工したり動画自体を特殊加工する機能です。このエフェクトはテーマによって色々な種類があり例えばニュースコレクションというエフェクトは海外のニュース番組風の素材に自分が出演しているかのように合成することができます。マトリックス風にする場合はSFコレクションのエフェクトで簡単に動画を作成することができます。特に難しいテクニックは不要で撮った動画にエフェクトを選択するだけです。自作ムービーとは思えないクオリティで仕上がるので完成した瞬間は驚きます。

まずはサンプルを見てみよう!:「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の公式サイトに行きページ上部に「エフェクトストア」の文字をクリックします。少し下に「エフェクトストア」の文字が二つ出るので下の方をクリックすれば様々なエフェクトが販売されています。見たいエフェクトをクリックすればサンプル動画を見ることができます。試しに使ってみたい場合はサンプル動画一覧の下に無料で使えるエフェクトがあるので試してみるのがいいです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

ハリウッド映画の特殊効果をあなたの動画に!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が簡単に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part 2: filmoraとSFコレクションを詳しく紹介!

上記では「Filmora(旧名:動画編集プロ)」についてさらりとご紹介しましたが、一体どんなソフトなのかを詳しく紹介したいと思います。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」には無料体験版と有料版がありますが、機能としてはあまり大きな差はありません。ただ、無料版では作成した動画に「Filmora(旧名:動画編集プロ)」のロゴの透かしが入ってしまうので、人に見てもらうには適していません。そのため、まずは無料版で操作性や機能を確認した上で気に入れば有料版を購入されるのが良いと思います。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」はマウスのクリックやドラッグ&ドロップで全ての操作を行うことができるため、動画編集の初心者でも簡単に使用することができます。これまで動画を編集したことがない人でも、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」に元々入っている「トランジション」を使えば、シーンの切替時にオシャレな演出を付けることができます。また、動画全体に付ける「フィルター」を加えれば、動画を幻想的な雰囲気にしたり、昔風の映像にしたりということが簡単に出来ます。そして「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の醍醐味が「エレメント」機能なのですが、これを使えば普通の動画がまるでPVやSF映画のように一気に高クオリティなものにすることができます。

自作ムービーを見せるテクニック

このエレメントは別売りで様々な種類が販売されており、自分の気になったものだけ選んでインストールすることができ、ここで登場するのがSFコレクションです。
このSFコレクションにはマトリックス風の動画を作るのに欠かせない銃弾が飛んでくるシーンも含まれているため、興味がある方はぜひ使用してみてください。他にも爆発シーンや隕石が落ちてくるシーン、地面が突然崩れてしまうシーンやレーザーが飛んでくるシーンなど、SF風の効果が多数あります。このエレメントですが、動画へ挿入するのもとても簡単です。挿入したい効果にマウスを乗せ、表示される「+」マークを押すだけ。後はドラッグで表示される時間(位置)を変更することもできますし、右上のプレビュー画面で効果のサイズを変更することもできます。もちろん、マウス一つで。

これであなたもマトリックス風のSFチックな自作ムービーを簡単に作成できるはずです。作り始めたらその簡単さに熱中してしまい、もっとカッコイイ動画を作りたい!と思うことでしょう。そこでテクニックを一つ。元となる動画を撮影する前に、エレメントを一通り確認し、エレメント角度や大きさを色々と変えてみてください。そこに当てはめるイメージで人物の動きを撮影すると編集もスムーズにいきます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

SFコレクション - 未来社会を想像させる大胆なエフェクト


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>