担当者必見!結果につながる採用動画の作り方

Apr 16,2020 • カテゴリ: Small Business

採用動画は人事採用の大きな味方

今は史上空前の人手不足で求職者や就活生が集まらず、頭を悩ませている人事担当者は多いでしょう。今年はさらにコロナウィルス対策による企業イベントの自粛が相次ぎ、就活生との交流がさらに難しくなっています。こんな時「企業動画」を使って新しい求人を行ってみませんか? 今回は、採用動画の制作方法と、活用事例を併せて紹介します。


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1. 新な人事採用のカタチ!採用動画の実態とは?

とある企業が行った「就活生を対象にした採用動画のアンケート調査」によると、7割以上の就活生が「採用動画を見た事がある」と回答しています。また、6割の就活生が「動画を見て志望度が上がった」と回答しています。 イベントの自粛モードが続く中で、「採用動画」は非常に効果的な方法の一つと言えるでしょう。 実際に「採用動画」を活用している企業の事例を紹介します。

・パソナキャリア

人材派遣などを行うパソナキャリアは、社長が「自社の採用面接に挑む」というユニークなPR動画を公開しています。 動画では、入社2年、7年、9年目の3人の面接官が社長に質問していきます。 各場面に面接時のアドバイスが挿入されており、非常に見応えのある動画となっています。

・クックパッド

クックパッドでは、インタビュー形式の動画を採用しています。 動画では、自社の先輩社員達が「仕事でのやりがい」などを答えていて、働いている人の生の声を聴く事ができます。 業務風景やミーティングの様子などのシーンも入っていて、社内の雰囲気が伝わってきます。

・Cygames

モバイルゲーム等の開発を行う「Cygames」では、テキストやインタビューをほとんど使わない採用動画を公開しています。 動画は、社員間のやり取りや業務中の作業風景のみという非常にシンプルな内容です。 しかし、巧みなカットワークとテンポの良い映像構成で、逆に見入ってしまいます。

このように、多くの企業では様々な「採用動画」を制作・活用しています。

Part2.ステップごとに解説!採用動画を制作する方法

早速、採用動画を制作する方法・手順をステップごとに見ていきましょう。

ステップその1 求職者のペルソナを作成する

まず、どんな人を採用したいのかを明確にするため、採用する人材の架空像(ペルソナ)を作成していきます。 氏名・年齢・家族構成・生活スタイルなど、できるだけリアルな人物像を設定します。

ステップその2 求職者が求める情報を調べる

次に、ペルソナが求めている情報は何かを考え、実際に調査します。 調査方法は、既存の顧客へのインタビューやアンケート、Webサイトなどがあります。

ステップその3 動画内容を企画する

これらのペルソナ像を元に、動画の内容を企画します。 企画する際は、ユーザーが求める情報や伝えたいテーマを踏まえて、自社で可能な事を考えていきます。

ステップその4 採用動画を撮影する

ここから実際の撮影に移ります。 最後の編集で、3分~5分程の短い動画になる事を想定し撮影します。 特に、重要となるシーンは何度か撮り直して、複数のプランを用意しておきましょう。

ステップその5 動画を編集する

撮影が完了したら、動画編集ソフトを使って動画を編集します。 中でもオススメなのが、Wondershare社が販売する「Filmora9」ビジネスプランです。 プロ編集と優れた処理性能を兼ね備えたソフトで、誰でも簡単に動画比率の変更や映像合成など、様々な加工が可能です。 また、ビジネスプランでは、無料技術サポートが付いており、商用利用も可能です。 是非この機会にFilmoraビジネスプランを購入しましょう。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part3.どこで公開する?採用動画の紹介方法

採用動画が完成したら、最後にその動画をどこで紹介するかを決めます。 紹介方法として、自社のWebサイト、YouTube、SNSの3つがあります。

・自社のWebサイト

一番手頃なのが、自社のWebサイトで紹介する方法です。 会社紹介などと一緒に掲載できるので、費用が掛からない上に動画の更新時も簡単です。 紹介する際は、利便性等を考えた見やすいページレイアウトを心がける必要があります。

・YouTube

求職者のみならず、様々な人に視聴して欲しいという場合は、YouTubeがオススメです。 YouTubeなら、あらゆるユーザーにアピールできる上、繰り返し見てもらえるというメリットがあります。 制作費用は高くなってしまいますが、他社との差別化を図る場合にはもってこいです。

・SNS

就活生や若い人材を求めている場合、TwitterなどのSNSを活用するのがオススメです。 SNSは基本無料なため、コストが抑えられるのはもちろん、企業の情報を随時発信したり、アカウントからどんな人材なのを確認したりする事ができます。 SNSの場合、常にアプリを確認しなければなりませんが、市場に流れない優秀な人材を見つける事が可能です。

いかがでしたでしょうか? このように、採用動画は今の時代にピッタリな新しい採用活動・方法のカタチです。 人事担当者の皆さんも、ぜひ今回の記事を参考に、採用動画の制作にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

初心者でも簡単に動画編集できるFilmora 9で、あなたの「面白い」を始めよう!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>