【weddingキャンペーン】キャンペーン期間中にFilmoraをご購入の方へ抽選で豪華景品をプレゼント!

ムービーメーカーより使える! フリーで使える動画編集ソフト

Wondershare Editor 編集者: Apr 22,2017 16:16 pm

Windowsのムービーメーカーは最初から付属しています。使いやすいと言われています。しかし、ちょっと低機能だと思います。Windowsのムービーメーカーよりも更に使えるフリーの動画編集ソフトがないか探してみました。

1:「AviUtl」

高機能な動画編集ソフトウェア「AviUtl」の使い勝手がかなりいいそうです。 非常にフリーとしては、高い完成度を誇る動画編集ソフトで、使いやすさもぴかいちなものを感じました。 動画のリサイズやクロッピングなどもありますし、場面のカット、動画と動画の連結、音声入れ替えや、音ズレを解消しているすることも可能となっています。 拡張性も高く、機能などを追加していくことも出来る万能動画編集ソフトです。 いろいろな形式に対応させたいなら、このソフトウェアはオススメできます。

AviUtl

2:「Avidemux」

様々な形式に対応した動画編集ソフト「Avidemux」はフォーマット変換やリサイズはもちろんのお事、画質、色調補正などの機能もあり、ロゴ除去や字幕合成などを処理を行うことが出来るようになっています。 不要な場面のカット、動画連結、フォーマット変換、リサイズ、クロップ、黒ベタ追加、画質補正、色調補正、などが行えます。 何よりもAVIやMPGを始め、WMVやMP4などなど、非常に多様なフォーマットの入出力に対応している点が魅力です。 動画を劣化させずに、カット編集などを行いたいならこのソフトがお勧めです。

Avidemux

3: 「Free Video Dub」

無劣化で動画編集できる「Free Video Dub」はプレビュー画面を見ながら、場面場面を切り捨てることが出来るようになっています。 対応しているフォートっとの種類も多く、場面場面いくつでも切り捨てを指定することが出来るようになっています。 フォーマットの多様性を求めているのならこのソフトはいかがです? 「VirtualDubMod」はかなり多くのフォーマットに対応している動画編集ソフトです。 動画編集後に、AVIやMKV、OGMファイルなどに出力します。 場面場面での、ぼかしやスムース色調補正、明るさ補正、回転、音声すり替え、リサイズ、インターレース解除などといった機能も備わっています。 MP4ファイルを劣化させずに統合したいなら、こちらのソフトウェアはまさに最適です。 

Free Video Dub

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。