動画の効果測定の完全マニュアル-各ステップで必要な指標を紹介

Mar 16,2020 • カテゴリ: Video Marketing

目的の達成と切り離せない関係のKPIとは

ビジネスをする上で達成すべき目的が漠然としてではなく、明確に定められているならKPI、その存在が自然と切り離せない関係に位置してきます。 そもそもKPIとは明確に定められている目的に対して、どの程度まで達成を進められたかを把握する為に必要なもので、日本語へと言い換えるなら重要業績評価指標とするのが妥当です。

ビジネスにて動画編集・動画配信などを行う場合も、KPIに基づいた達成の程度が把握できることから、認知・検討・行動といった目的毎の指標を順番にご紹介いたします。 目的に合わせた動画の効果測定を正しく行えると、同じビジネスの姿勢をこれからも貫くか、それとも別の姿勢をとった方が良いのか判断がしやすくなります。


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1.目的毎に合わせた動画効果の指標について

【認知/Awareness】 を目的とした指標

認知が指標の場合はまず、ユーザーによって動画が視聴された回数、表示された回数が注目するポイントです。 悪い意味で目立つことになってしまい、向かい風を受けるのは当然ながら避けたいところですが、やはりユーザーに知られた上で認められなければ、スタートラインに立てたとは言い難いでしょう。

また、動画が視聴された回数や表示された回数と共に、UU(ユニークユーザー)にも注目しましょう。UUは正式名称のUnique Userが省略されたもので、Webサイトや今回のような動画にあたる対象のデータに対して、設定した期間に何名のユーザーからアクセスされた回数を指します。

【検討/Consideration】 を目的とした指標

検討が指標の場合はユーザーにより、動画が最初から最後まで視聴されたかのパーセンテージや、視聴された時間の長さなどが注目するポイントです。

単純な回数ならともかくとして、ユーザーに動画の時間を過度に意識させないのは意外と難しい為、認知と比べてみても検討がある種の肝と言えるかも知れません。 例えば、動画配信のWebサイトにYouTubeを利用されるなら、YouTuberから派生したバーチャルYouTuberをオリジナルかつ、内容の進行役として登場させるのが良いでしょう。 そうするとユーザーの意識を動画の時間から、バーチャルYouTuberへと誘導しやすくなるだけでなく、ビジネスにおける広告塔の役目も継続して任せることができます。

登場段階まで仕上げるのは大変ですが、ユーザーの意識誘導に広告塔担当と見返りもあるので、バーチャルYouTuberを導入するだけの価値は十分にあります。

【行動/Action】 を目的とした指標

行動が指標の場合はユーザーによって動画の資料を請求されたり、Webサイトへ会員の登録をされたりしたかが注目するポイントです。 これらのポイントにはクリック操作が結びつくことから、ユーザーの内側に抑えられている行動意欲、それを刺激する何らかの要素が動画に必要となります。 例として具体的な数字による値下げや値引きが明記されていれば、内側に抑えられている行動意欲が刺激を受けることは、皆さんも普段の買い物で経験済みかと思います。 具体的な数字以外にも、「限定」や「今だけ」といった表現を動画内にて用いるのも有効なので、ユーザーが行動を起こす引き金にできるでしょう。

Part2.目的毎に合わせた指標を辿れる製品プラン ー Filmora ビジネスプラン

動画作成のターゲットを認知・検討・行動という観点から明確化し、そそれぞれ指標を決定すると、動画のコンテンツの設定が簡単になります。ターゲットが定まったら動画編集が簡単にできるFilmoraビジネスプランを紹介します。

【Filmora ビジネスプラン】

シンプルな操作手順で、動画を思い通りに仕上げられる編集ソフトのフィモーラビジネスは、スタンダード、プレミア、ライフタイムという支払いプランがあり、企業のニーズに合ったオプションを選択いただけます。 ライフタイムのクラスは対象PCの台数を単数にするか、それとも複数にするかによって分岐しますが、その点を除けばどちらもアップデート、サポートが永続的に受けられるという限定特典付きです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

【Filmora動画編集】あなたの「瞬間」をもっと鮮やかに


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>