HHH戦略で動画マーケティングは成功する

Apr 16,2020 • カテゴリ: Video Marketing

HHH戦略の概要

動画マーケティングを活用したい、という企業は多くありますが、動画を投稿サイトにアップロードするだけでは効果は期待できません。再生回数を増やし、顧客を獲得するにはどのような戦略を立てていく必要があるのか、YouTubeを運営するGoogleが2014年に提唱したHHH戦略を例にとって紹介しましょう。

HHHは3つの英単語の頭文字を取って命名されました。「Hero(ヒーロー)」、「Hub(ハブ)」、「Hygiene(ハイジーン)」です。この3つを意識して動画制作をしていけば、やみくもにYouTubeチャンネルを運営するよりも、数倍、あるいは数百倍の効果が得られる、と言われています。自社のファン層を生み出し、商品やサービスの売り上げを高める動画制作のため、明確なビジョンと戦略を立てていきましょう。

次の章からHero、Hub、Hygieneに関して詳しく紹介していきます。


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1. HHH戦略で動画マーケティングはどうなるのか

1.Hero動画

Heroはヒーローという言葉で日常的に使われている言葉ですので、分かりやすいと思います。これは、ヒーローのように沢山の人から支持され、認められる動画コンテンツのことを意味します。Hero動画には社運をかけた大規模なキャンペーンや話題にしてほしい動画が適しています。一部の視聴者だけでなく、老若男女あらゆる世代や立場の人々をターゲットにする必要があります。潜在顧客を意識した動画を作れば、思いもしなかったところにまで動画を拡散してくれます。

ただし、Hero動画は量産には向いていません。できるだけ多くの人に知ってもらい、見てもらうことが目的だからです。更新頻度や動画の数は関係ありません。とにかく、クオリティが高く独創的な動画であることが求められます。そのためには、視聴者が「面白い」、「もう一回見たい」、あるいは「誰かに教えたい」と思えるようなコンテンツ作りが重要になります。ある程度の再生回数を獲得し、メディアに取り上げられるようになれば、自動的に拡散していくはずです。Hero動画の例として、次のPR動画を参考にしてください。

「器の大きい」とよく言われる主人公のゆうすけが動画制作を通じて成長する過程で、Filmora9動画編集ソフトを紹介しています。初心者でも動画編集が簡単にできるとアピールしたり、Youtube動画チャンネルを運営するモテクリエイターとして有名なゆうこすさんが出演したりして、視聴者の興味を惹きつけます。Filmoraターゲット層の憧れの対象であるゆうこすさんはHKT48の元アイドルで、モテメイクを中心とする動画を数多くアップして活躍する女性です。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

2.Hub動画

Hub動画はHero動画を見た人が「この企業の他の動画を見てみたい」と思い、チャンネルを訪れた時のための動画です。コンテンツの内容が豊富であることと定期的に更新されていることが成功の秘訣です。視聴者はいくつかの動画を見た時点でチャンネル登録するかを判断します。面白くて、ためになると思ってもらえれば、その視聴者はファンとなってくれる可能性があります。

Hubとは「拠点」という意味です。ハブ空港という言葉を聞いたことがあると思います。利便性の高い場所に多機能かつ多くの路線を就航させることで、トランジット客が利用しやすくした空港です。それと同様にHub動画においても、様々なニーズを想定して沢山の動画をアップしておくべきです。

3.Hygiene動画

Help動画とも呼ばれますが、言うなればお役立ち動画です。特に、何かの使い方を説明するようなハウツー系が向いています。自社商品やサービスが魅力的に感じる動画に仕上げることをおすすめします。クオリティの高さはそこまで要求されませんので、どんどんチャンネルに加えていきましょう。Hygiene動画の視聴者はすでにファンになってくれていますので、多少マニアックでも心配ないです。

Part2. Filmoraビジネスプランで動画マーケティングを始めよう

HHH戦略を意識して動画作成がしたい人に最適なソフトを紹介します。2章でも触れているFilmora9です。このソフトを販売するWondershare社は動画編集からスマホ等のデータ復元、PDF変換ができるソフトまで、幅広く日常生活を豊かにするソフトを手掛けています。Filmora9はシンプルなインターフェースで思いのまま動画編集に取り組めるので、動画マーケティングにもってこいです。

動画編集ソフトの中にはプライベートな利用はできても、商用利用禁止のものがあります。Filmora9のビジネスプランは商用利用可能です。社内使用(プレゼンなど)・社外使用(マーケティングなど)、そして編集した動画自体の販売もOKです。1PC用で利用期間が無制限のライフタイムビジネスプランなら約1万5千円で手に入ります。一部商用利用ができないコンテンツがありますので、注意事項をよく読んでください。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>