皆さん動画共有サイトはご覧になりますか?様々な動画が投稿されていますが、その中でも編集技術が高い動画もたくさんありますよね。例えばシーン毎にエフェクトを掛け、まるで映画と見紛う派手な編集の動画や、グリーンバック素材を利用した合成によって、様々な素材を組み合わせ一堂に利用する動画など、よく練りこまれています。

では、どうすれば良いのでしょうか?それは「クロマキー合成」を使うことで可能になります。クロマキー合成とは、切り抜き合成の一種でグリーンバック素材などの背景を透明にし、それ以外の部分を綺麗に切り抜くことが出来るのです。 画像の一部を切り抜いた事が有る方ならわかると思いますが、必要な部分のみを綺麗に切り抜くのはとても手間がかかります。その手間が省けるというのは大きいですよね。では早速「クロマキー合成」を行う手順を見ていきましょう。今回は「AviUtl」と「「Filmora(旧名:動画編集プロ)」」の二つのソフトでの解説になります。

filmora

クロマキー合成ソフトと方法

  • 多種形式の動画・写真の入力・編集に対応
  • トリミング、クロップ、BGM追加など多様な動画編集機能
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • クロマキー(グリーンスクリーン)、高度色調補正などの機能
  • PCへの保存、YouTubeへの共有やDVDへの出力

Part 1.AviUtlでクロマキー合成する方法

上記で説明したエフェクトについては、アフターエフェクト(AE)を使用しているものが多く、動画編集に不慣れだと少々敷居が高いものになっています。しかし、グリーンバック素材を利用した合成については、案外簡単に行うことが出来るのです。動画編集ソフトはたくさんありますが、大体のソフトで標準的に搭載されている機能で行うことが出来ます。

AviUtlでクロマキー合成を行うには「拡張編集」を使用します。デフォルトの環境では用意されていませんので、必ず「拡張編集プラグイン」を導入しておきましょう。導入方法については割愛しますが、今回は拡張編集が使用可能な前提での解説になります。

・背景となる画像や動画を読み込む レイヤーの考え方

まずは、AviUtlの拡張編集タイムラインに背景となる動画・画像を読み込みましょう。この時注意しなければならないのは「layer1」に読み込むという点です。AviUtlでのレイヤーの考え方は1が最下層で、2がその上といういわゆる「重箱」の様になります。
例えば、layer1に背景を読み込みlayer2にグリーンバック素材を読み込んで、設定をすれば背景と素材が一体となった画面が出来上がります。しかし、読み込むレイヤーを順序逆にしてしまうと上層に背景画像が来てしまいグリーンバック素材を透過できません。ですので、必ず背景となるものはlayer1に読み込むようにしましょう。

・グリーンバック素材を読みクロマキー合成を行う

背景の準備が出来たら、続いてグリーンバック素材を読み込みましょう。Layer1の下に読み込む点に注意してください。読み込めたらいよいよクロマキー合成を行います。メインウィンドウに背景と素材それぞれ表示されていることを確認したら、タイムライン上の素材をクリックしましょう。
すると表示位置など設定ウィンドウが表示されますので、右上の小さな「+」マークをクリックしましょう。様々なメニューが表示されますので、その中から「クロマキー」を選択します。

・色の取得

そうしたら設定ウィンドウに新たなパラメータが追加されたと思いますので、下部の「キーの取得」を選択してください。ボタン右部の表示が「マウスをクリックして色を取得してください」に変わったのを確認して、今度はメインウィンドウに表示された透明にした部分をクリックしましょう。今回はグリーンバックなので緑色の部分をクリックすることになります。
すると選択した色が含まれる部分がすべて透明になり、切り抜かれたことが確認できます。これを繰り返していくことで様々な素材を利用した動画が出来るわけですね。

Part 2.Filmoraでクロマキー合成動画を作る方法

続いては「Filmora(旧名:動画編集プロ)」でのクロマキー合成手順になります。「高度編集モード」を使用しますので起動の際にはそちらを選択してください。

Download Win Version     Download Mac Version

・PIPトラックにグリーンバック素材を読み込む

起動出来たら、背景となる画像や動画をタイムライン一段目に読み込み、グリーンバック素材をタイムラインの二段目にある「PIPトラック」に読み込みましょう。
そうしたら今度は読み込んだ素材をクリックして、タイムライン上部のメニューから「グリーンスクリーン」をクリックします。

・PIP編集の設定

すると「PIP編集ウィンドウ」が表示されますので、現在のタブが「エフェクト」であることを確認します。確認出来たら「クリップの一部を透明にする」にチェックをして、色の選択をしましょう、右のプレビュー画面から、透明にしたい色をクリックして選択します。プレビュー画面で透明になっていることが確認出来たら「OK」をクリックして終了です。
もしここでうまく透明になっていない場合は、明度のスライダーを操作し、調整してみると良いでしょう。

クロマキー合成

以上で解説は終了になります。これでクロマキー合成の手順がお分かりいただけたと思います。この記事を参考にして頂き、皆さんも動画制作、ひいてはクロマキー合成を行ってみてはいかがでしょうか?

Download Win Version     Download Mac Version

かっこういい動画★クロマキー合成!

ハリウッド映画の特殊効果をあなたの動画に!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が簡単に作成できる!

Download Win Version     Download Mac Version