クロマキー合成(グリーンスクリーン)ができるソフトおすすめ4選

Wondershare Editor 編集者:

クロマキー合成(グリーンスクリーン)とは

毎回視聴しているインターネット配信は、普段テレビで観ているニュース番組の様なセットで配信しています。スタジオでは出演者が座席について、背景はグリーンスクリーンになっています。
その番組では、クロマキー合成(グリーンスクリーン)を用いて配信しています。
また、私達が一番視聴しているクロマキー合成の映像は、ニュースのお天気コーナーです。アナウンサーや気象予報士が、グリーンスクリーンの前で天気を伝えています。そこに、日本列島の地図や天気図等をクロマキー合成しています。

クロマキー合成とは映像技術の一つです。具体的には、ブルーやグリーン等特定の色の成分から映像の一部を透明にして、そこに別の映像を合成します。
説明を聞くととても難しい技術だなと感じますが、クロマキー合成を用いると個性的な動画を作成する事が出来ます。今回は皆さんに、クロマキー合成の機能を搭載したおすすめソフトを4つ紹介します。

クロマキー合成ができるソフトおすすめ5選

ソフト1 Filmora  無料体験版

Filmoraではグリーンスクリーンの動画クリップの利用や、実際の動画撮影時にグリーンスクリーンを使用して簡単にクロマキー合成を実現します。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の特徴は影、ボーダー、フリップを設定する事です。これにより、動画クリップとグリーンスクリーンを自然な形でクロマキー合成する事が出来ます。明度の調整は、スライダーを左右にドラッグします。操作が簡単な事から、動画編集に不慣れな方もFilmoraでクロマキー合成を気軽に作成することが出来ます。

画像を第1弾のタイムラインに、背景になる動画を第2弾のタイムラインにそれぞれ配置します。動画を右クリックして、グリーンスクリーンを選択→透明化したい色「緑」を選択してOKをクリックします。

クロマキー合成の作成後は、プレビューにて確認した後に保存します。プレビューの結果調整が必要な時は、すぐに対応できるので安心です。
Filmoraのサイトから「無料体験版」をダウンロードして、高度編集モードにてクロマキー合成を実行して下さい。

ハリウッド映画の特殊効果をあなたの動画に!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が簡単に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

「Filmora (旧名:動画編集プロ)」の操作ガイド

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

ソフト2 Video Pad 無料体験版あり

合成する映像や画像をメインシーケンスに挿入します。続いて、前景用の素材を上のトラックに、背景の素材を下のトラックに挿入します。
背景部分は一色にして、同じ色を前景部分で使用しない様に注意します。
透明にする色をクリップのプレビュー画面で選択します。この時、カラーピッカーを用いて特定の色を選択する事が出来ます。
Video Padは短時間で簡単にクロマキー合成が行えるソフトなので、無料体験版をダウンロードして試用する事をお薦めします。

ソフト3 AviUtl 無料

レイヤー1に背景画像を、レイヤー2にグリーンシートで撮影した動画を配置します。
クロマキー合成の透け方に満足出来ない場合は、「色相範囲」、「彩度範囲」、「境界補正」を調整するとより自然な透過具合に仕上げられます。
各項目の調整はスライダーを左右にドラッグや、数値を入力するだけで簡単に実行出来ます。
無料ソフトでありながら、プラグインが豊富で拡張性が高い事が特徴です。

ソフト4 AfterEffects 有料

ソフトを起動して、エフェクト→Keying→Keylightの順番に選択します。After Effectsでは「ScreenColour」の色として、グリーンやブルーを指定するだけで簡単にクロマキー合成を行う事が出来ます。
ScreenColourのスポイトを使って動画をクリックしてから、後ろのレイヤーに背景画像を配置することできれいなクロマキー合成の処理が施されます。

今回は、クロマキー合成の動画が作成出来るおすすめグリーンスクリーンソフトを5つ紹介しました。中でもWondershare社の「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は、簡単な操作できれいなクロマキー合成を行う事が出来ます。
皆さんの個性を活かしたクロマキー合成の動画を作成してください。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>