フィットネス系YouTuberが知っておきたい3つのカメラアングル

Wondershare Editor 編集者:

動画撮影は、今では誰でもできるような時代になりました。カメラもiPhoneやスマホでも高画質の動画を撮影することができます。そのためにyoutubebに撮影した動画を公開してから、広告収入を上げているようなyoutuberがたくさん出てきています。ただし、動画を撮影するときには注意点があります。人物を主体で撮影するフィットネス系の動画の場合でもカメラアングルを気にしてから撮影しないと、同じトレーニング風景を撮影しても、まったくイメージが違う動画に出来上がります。

できれば、人が見て明るく楽しめる動画のほうが、フィットネス系の動画では視聴者がたくさん増えますし、動画で行われているフィットネストレーニングやダンスなどをやってみようかという気持ちになりやすくなります。そう考えると、フィットネス系の動画を撮影して公開している人は、ただ単に撮影しているのではなく、いろいろな点に注意を払ってから撮影をしています。そこで、今回はフィットネス動画を撮影するときの、カメラアングルについて、知っておきたい3つのカメラアングルを紹介します。

フィットネス系YouTuber向けのカメラアングルご紹介

フィットネス系の動画を自分で撮影して、公開してYoutuber二なりチャンネル登録をしてもらいたいのであれば、最低限3つのカメラアングルを知っておいたほうがチャンネル登録されやすくなります。

カメラの高さ

まずは1つ目は、カメラの高さです。フィットネスの場合は、誰かが運動をしている姿を撮影します。この場合は、カメラの高さを変えるだけで、視聴者の印象が180度変わってきます。まず、カメラの高さは、人物の腰の辺りに来るようにして、そこから人物前回を撮影できるようにします。そうすることで、自然な目線で見て言うような動画を撮影することができます。

位置

これ、基本中の基本ですが、意外にも大事なカメラの高さであり、位置となります。 たとえば顔の高さで撮影をした場合は、顔や頭の部分が大きくなり、体が小さく感じます。 それに反して腰の位置で撮影した場合は、顔は小さく写り、バランスの取れたからだのラインが撮影できます。体のバランスをきれいに撮影することは大事なことです。ひざの位置から撮影した場合は、顔が移ってから足が長く撮影できます。これが、スタイルを移すことができるカメラアングルです。貸しから下の位置からカメラで撮影をすることをおすすめします。

人物を撮影するときの3つオカメラアングルとしては、このように、人物の目線と同じ高さから撮影する、次に人物の腰の高さから撮影する、3つ目に人物のひざの高さから撮影するという、3つおカメラアングルが基本です。フィットネスを始める前と、トレーニング中ではカメラアングルを変えて撮影することで、トレーニングでの体型の変化を強調することもできます。トレーニングを行う前には、人物オ目線で撮影して、同を長く見せてから足を短く見せておいて、トレーニング中は、人物の膝の位置から撮影をすると、同じ人物でも、足が長く見えて、小顔に見えます。

このテクニックをうまく使うことで、より効果的なフィットネス動画を撮影することができます。これを使うとシェイプアップされたからだのラインが、よりきれいに写すことができて、視聴者が「わっ」と思えるような動画を撮影することができます。トレーニングをしている人物尾動きをはっきりと見せるには、できるだけ被写体の人物をくっきりと見せて、背景を退かすように撮影すると、フィットネストレーニングの動きが鮮明に撮影できます。

フィットネスコレクション - 楽しく充実したフィットネスライフを演出する


動画編集ソフトfilmoraのダウンロードはこちらへ:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>