ジムでの撮影に持っていきたい自撮りグッズ

Wondershare Editor 編集者:

スポーツジムで動画を撮影するときに、カメラだけではなく、自撮りグッズがあれば撮影が楽になったり、撮影した動画がきれいに写ったりすることができます。ジムで撮影する時にあると便利な自撮りグッズをいくつか紹介します。それも、100円ショップで購入できるおすすめの自撮りグッズです。

ジムでの撮影に持っていきたい自撮りグッズ

自撮り棒と三脚

自撮りグッズと言えば欠かせないのが、自撮り棒です。自撮り棒はいろいろなときに使える便利なものですが、この撮り棒と三脚を使ってからスマホやiphoneで動画を固定してからジムで撮影することができます。100円ショップでどちらも販売されていて300円程度で購入できます。この2つを組み合わせてからスタンドにすることで、スマ穂を固定してからジムでの動画撮影ができます。

自撮り棒の高さも調整できるので、撮影したい高さを変えてから何種類かの動画を撮影することもできます。フィットネスジムのPR用としても高さ調整をして動画を撮影することでよい動画を撮影することができます。自撮り棒と三脚には接続できるようにねじがついているので、この2つをつなぎ合わせてスマホやiphoneの三脚にすることができます。自撮り棒の携帯端末を取り付ける部分では、立てて撮影したり横向きで撮影したりすることができます。

ゴリラポット

ゴリラポットは超おすすめの一品です。ゴリラポットは自由に形を変えてからスマホやiphoneを接続できます。ジムなどで狭い場所のトレーニングルームの筋トレの最中の動画撮影するときには、この威力が発揮されます。筋トレ中のすぐ近い場所にゴリラポットで携帯端末を付けてから便乗間のある動画を撮影することができます。狭い場所でも動画を撮影することができます。ゴリラポットだと、遠隔操作で撮影を開始したり停止したりすることができます。

高品質な動画を撮影する方法

狭い場所に設置してから撮影しにくい場所の場合は、遠隔操作でさるイを調節することができる優れものです。ここまで説明してきた動画を撮影する上で重要なブレが固定することでなくなります。ただし、固定して同じ場所を撮影することになるので、撮影場所はあらかじめ決めてから撮影しないといけません。ブレをなくすためにも自撮り棒と三脚を使った撮影やゴリラポッドを使った撮影は有効的なブレない動画を撮影するのに役に立ちます。自撮りで動画を撮影するときに、携帯端末を使用する場合、画像に関しては固定できれば安定した動画を撮影することができますが、録音するときの音質がまだ携帯端末等では十分な音質で録音することが難しく、せっかく画像を安定した画質で撮影できても、動画としてのできはまだ半分です。

音質をいかに高めてから録音するかというのも重要です。ジムでの迫力をより伝えるには、音声も拾ってからしっかりとした動画を撮影することは重要です。そのために、携帯端末のマイクだけでは心もとないので、別途マイクを付けてから録音の音質を上げることができます。高性能なマイクがありますので、メインマイクにこの高性能マイクを付けてから使うと、高音質で録音することができます。実際にマイクを付けてから録音した場合と、付けないで録音した場合を比べてみると全然違います。自撮りグッズにはこのように、素人でもプロ波の動画が撮影できるようなものがいくつもそろっています。これらをうまく使ってからジムで撮影することで、より高画質・高音質の動画を撮影することができます。

動画を編集するには、その前の撮影でどれだけ高品質な動画を撮影できるかで変わってきます。それも、素人でも購入できるくらいの低価格で販売されているので、誰でも、高品質の動画を撮影することができます。ジムでも高品質な動画を、職員が撮影することができます。

ジムでの撮影する動画を編集するソフトー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

フィットネスコレクション - 楽しく充実したフィットネスライフを演出する


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>