×

iMovieを使って、撮った写真でスライドショーの作成

Wondershare Editor 編集者:

iPhotoで作成したスライドショーを書き出し、そのファイルをiMovie のタイムラインにドラッグすれば可能だと思います。タイムラインで相互のビルドクリップをつなげればいいと思います。iPhotoは、スライドをカスタマイズする範囲が狭いので、自動作成という感じですが、iMovieの場合なら、どちらかというとスライドを作成していく感じで作れます。

この記事では、自分が撮った写真を素材に使って、iMovieでスライドショー ビデオを作成する方法です。ところで、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)というソフトが、美しくて思いのままのものが作成出来ると思います。

Mac版ダウンロード    Windows版ダウンロード

それでは、Mac用の最高のスライドショーソフトウェアを使用する方法をご紹介致しましょう:

ステップ 1:スライドショーメーカーfor Macをダウンロードして実行

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)を実行すると、まず、プログラムにメディアファイルをインポートします。ウインドウの右側にある「メディア」、「オーディオ」、「ムービー」をクリックして、動画で利用したい写真を選択して、プロジェクトにドラッグ&ドロップします。写真を表示する順番も、ドラッグで簡単に入れ替えできます。

imovie,スライドショー,idvd作成

ステップ 2:好きなタイトルを付ける

タイトルもテンプレートの中から最適なものを選んで、オリジナルタイトルを付けることができます。ウインドウの右上で、タイトルのテンプレートが表示されます。そして、好きなタイトルテンプレートを、そのタイトルを表示したい場所にドラッグ&ドロップします。

imovie,スライドショー,idvd作成

注:プレビューに表示されているタイトルテンプレートをクリックすると、そのままタイトルを入力して編集することができます。

ステップ 3:好きな映像効果や音楽を付ける

映像効果とは、写真が次の写真に切り替わる際に、フェードアウトしたりワイプしたりする特殊効果のことです。映像効果も好きな位置に入れることができます。これを、プロジェクトの好きな位置にドラッグ&ドロップして配置します。

imovie,スライドショー,idvd作成

また、スライドショー動画に好きなBGMを、ドラッグ&ドロップで簡単に付けることができます。ウインドウ中央の「音符型のボタン」をクリックして、始めから利用できる効果音をプロジェクトにドラッグ&ドロップします。

imovie,スライドショー,idvd作成

ステップ 4:プレビューと共有する

最初から最後まで、作成したスライドショームービーをプレビューしましょう。スライドショーの作成ができたら、「共有」メニューから共有する方法を選択します。

imovie,スライドショー,idvd作成

ヒント:静止画のスライドショーは、iMovieよりiPhotoで作った方が高品質になるようです。iPhotoでもスライドショーを作成できますが、iMovieでは、iPhotoよりも細かい編集をしながら作成することが可能です。さらに、複数のBGMを利用したり、写真の切り替えとBGMのタイミングを合わせたりすると、プロ顔負けの完成度の高いスライドショーに仕上げることができます。

Mac版ダウンロード    Windows版ダウンロード

簡単!スライドショーの作り方|思い出をきれいに整理


Mac版ダウンロード    Windows版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

スライドショー作成知識まとめ
1.1 スライドショー作り方
1.2 結婚式スライドショー
1.3 スライドショーソフトおすすめ
1.4 フォトムービー作成 無料
1.5 スライドショーDVD
1.6 Mac スライドショー作成
1.7 iMovieスライドショー
1.8 スライドショー音楽
1.9 BGM付きスライドショー
1.10 Mac フォトムービー作成